どんな基準で捨てるべき?断捨離ライフ

ごみを捨てる
要らない物を処分して身も心もすっきりできるとして断捨離が人気です。

物が溢れた暮らしから解放されることによって人生まで豊かになると言われており、ただの部屋の整理とは違った効果に期待ができます。

ただ、物を捨てるにしてもどのような基準で行えば良いのかいまいち分からなかったりするのはないでしょうか。

スポンサーリンク

物を捨てる基準って?

そもそも物が溢れてしまっている人の場合は、捨てることに対してあまり得意ではなかったりしますから余計に迷うものです。

断捨離をする際の基準がいくつか挙げられます。

不要なもの

まず「明らかに不要」と判断できる物は処分してしまいましょう。

例えばレシートや用のない書類、お菓子の空き缶、何に使うかよく分からないAV機器のコード類など、こういった物は処分してしまっても失敗は少ないです。

もしかしたら後で必要になるかもしれないなどの心理で残しておかれるケースもありますが、大抵出番がなく、そのままになることが多いはずです。

断捨離を行う上で、要らない物に対しては「要らないと判断できる気持ち」が大事ですから、そこは思い切って処分するようにしましょう。

使ってない実用品

出番のない実用品に関しても処分を決断すること大切です。

例えば、沢山あるボールペンや食器類、爪切り、クリップなどなど、こういった物はあると使う可能性がある一方、多すぎると邪魔なだけの存在になります。

また、使わない存在にも関わらずスペースだけ占領してしまいますし、それらを収納するための容器なんかも増えたりするものです。

ただ、実用品を捨てる時にはもったいない精神が働くことがあります。

そういった時には「1年間出番がなかったなら問答無用で捨てる」という基準を持つと良いでしょう。

物を捨てる行為は、簡単そうで難しいところもありますから、事務的にこなす姿勢で行うことが大切です。

深く考えると捨てられなくなりますので、シンプルな考えで実践すると良いでしょう。

衣服は状態や現在の好みも

実用品の中でも特に断捨離で困ってしまうのは衣服ではないでしょうか。

日々使う物であり、沢山あった方がコーディネートの幅も広がるなど、捨てることは難しいと感じている人は多いはずです。

しかしながら、衣服もどんどん捨てていかないとクローゼットやタンスもごちゃごちゃしてしまいます。

捨てにくい衣服を処分する基準として、基本的に「状態の悪い物」に関しては捨ててしまって良いと言えます。

毛玉が多い、シミがある、ほつれが目立っているなど、着ようと思えば着られますが、見栄えは良くないはずです。

そういった衣服を平気で身に着けていると気持ちも雑になるものですし、人からもだらしのない性格のように見られてしまいます。

ですから、ダメージをひとつの基準と考えてシンプルに断捨離をするのがおすすめです。

「相性が良くない衣服」もターゲットになり得ます。

体型に合わずに着ることが難しい、そこまで好みのデザインではないなど、そもそもの出番がなかった物は相性も良くなく不要と言えます。

特にシーズンを何度も超えてきたような衣服はこれから活躍する可能性は低く、好みも変化するものですから捨ててしまっても後悔は少ないでしょう。

なお迷ってしまったら実際に着用してみるのがおすすめです。

そこで違うと感じたのなら自分にとって必要な存在ではないと考えられます。

思い出の品は?

断捨離をしにくい存在としては思い出の品も挙げられますが、そういった品物についても処分を考えてみましょう。

思い出の品というだけで特別扱いをされており、出番がないにも関わらず何となくで残されていることがありますし、それこそが邪魔になっていたりもするのです。

思い出の品を捨てるための基準としては、「アクセスしにくい場所」にあるかどうかについて考えてみましょう。

すぐ手に取れる場所にある物は自分にとっても大事な存在の可能性が高いですが、ダンボールなどに入れられてクローゼットの奥などにしまわれている物は本当はそれほど必要でなかったりします。

存在を忘れていて、たまたま発見すると懐かしくて嬉しかったりするものですが、「忘れていた存在」ということは重要度としては高くないと言えます。

もし処分が難しい場合は写真に撮って残すのも良いかもしれません。

物によってはそれでも十分だったりしますし、むしろその方がアクセスもしやすくなります。

もし写真すらも見なくなるようなら結局その程度の存在だったということです。

最後に

基準を以て断捨離を行うのが成功のコツです。

実践する際には、まず単純に「要る物と要らない物に二分する」やり方ですとスムーズです。
例えばダンボールを2つ用意し、事務的に判断して中に入れていきます。
その際にはあまり深く悩まない方が良いでしょう。

もしかしたら後で使うかもと考えてしまうと捨てにくくなりますから、できるだけ捨てる気持ちを持ち直感で行うことが大切です。

そして要らない方のダンボールはそのまま捨ててしまうのも良いのですが、最後に確認して「捨てても大丈夫」と判断できたら、後は迷わずに処分してしまいましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|厚生年金の加入年齢と受給年齢

厚生年金は、正社員として働いていると給料から、自動的に徴収されています。 しかし、いつから払えばいいのか、いつまで払えばいいのか、いつからもらえるかは把握していない人が多いのではないでしょうか。 とい …

赤帽に引っ越しを依頼して得するケースとは?

引っ越しには、単身赴任や新築、賃貸など様々な理由があります。 また、引っ越しにかかる費用も業者によって様々です。 何も調べずに目についた業者に頼むと、莫大な費用が発生するケースもあります。 引っ越し費 …

猫ちゃんをブリーダーから迎えるために

猫ちゃんを迎える方法はいくつもありますが、ブリーダーから迎えるのは、好みの種類の可愛い猫ちゃんを選べる賢い選択の1つです。 これから長い年月を共にするペットになりますから、最後まで責任を持ってお世話を …

お悔やみの言葉をメールで送っても大丈夫?

今は何でもメールで済ます時代になりました。 プロポーズもメールと言うケースもあるようだし、結婚することになったとか赤ちゃんが生まれましたの報告もメールで届く時代です。 では、メールで「お悔やみの言葉」 …

いつから始める?胎教ってどんなのもの?|話しかける

「胎教」と聞くと、頭の良い子に育つための赤ちゃんへの教育という、英才教育のようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際には勉強としての意味合いではなく、辞書によると、妊婦が精神安定に努めて、胎児 …

楽天モーションウィジェット