DEAR MINEのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、DEAR MINEのドールについて紹介します。

スポンサーリンク

可愛いネコ型ドールや猫耳ドールも

DEAR MINEとはどのようなドールメーカーか

DEAR MINEは「ディア・マイン」と読む韓国のドールメーカーです。

ネコを擬人化したネコ型のドールを中心としたラインナップですが、少数ながらウーパールーパーやキリンを擬人化したネコ型以外のドールも作っています。

動物を擬人化したドールの愛好者は世界中に数多くいますが、ネコ型のドールではDEAR MINEがトップクラスの知名度と人気を誇っています。

サイズは、小さめの15センチほどのサイズのドールから60センチサイズの大型ドールまで幅広く取り揃えられています。

小さめのドールは三頭身ほどのスタイルでとても可愛らしいですが、60センチドールはすらりとした均整の取れたスタイルで、とても格好いいです。

また、大手のドールメーカーのため、ドール本体以外にもアウトフィットや手や足のパーツの品揃えが豊富なのも嬉しいところです。

DEAR MINEのドールは、手と足に可愛らしい肉球がついており、大きな魅力の一つとなっていますが、身体に比べて足が小さく作られているため(本物のネコも手は小さいですよね)自立させるのがとても難しいです。

なので、足のパーツだけを人間のような足のパーツに付け替えて靴を履かせて自立し易くカスタムする方もいらっしゃいます。

他にも、悪魔をイメージして可愛らしい羽のパーツや人間と同じ形をした五本指の手のパーツなど、色々なものが揃っているので、手足も人間にして更に人間に近づけた擬人化ネコドールにしたりするなど、ドールオーナー様独自のカスタムを楽しんで、オーナー様だけのドールにすることが可能です。

DEAR MINEの特徴と魅力

特徴は、やはり擬人化されたネコのドールを多く取り扱っているところです。

ネコの可愛らしさや美しさ、しなやかさを残したまま違和感なく擬人化させている造形美は特筆すべき特徴です。

特に大きなサイズの女の子ドールのボディは、ネコのしなやかさや美しさが際立ちますし、小さなサイズのドールはぽってりして何とも子ネコらしい可愛さのあるボディです。

また、こういったカスタムドールはアイを交換する際にヘッドを開ける必要があり、通常のドールメーカーのヘッドはウィッグを被せないと開口部の切れめが見えてしまうのですが、DEAR MINEのヘッドはウィッグなしでもヘッドの蓋部分が見えない仕様になっています。

これにより、ウィッグなしで、よりネコに近いドールに仕上げることが可能になっているのです。

他のドールメーカーとのアウトフィットやウィッグの互換性は、ドールそれぞれのサイズによって随分変わります。

特に20センチサイズのドールは、子ネコの愛らしさを出すため、かなりぽってりした独特の造形になっているので、他メーカーとのアウトフィットの互換性は低いと言えるでしょう。

60センチドールなら、物によってはMSDサイズの衣装を着せることが可能なようですが、お手持ちのドールと着せたい他メーカーのアウトフィットとのサイズを重々確認する必要があります。

耳と尻尾はマグネットで着脱させることができるので、耳や尻尾の角度を変えることで微妙な感情を表現することができます。

真ん丸な眼の可愛らしい雰囲気の猫型ドールもいれば、切れ長の妖艶な眼が美しいネコ型ドールもいます。

肌の色や身体の模様など目移りしてしまうくらい多種多様な子がいます。

更に期間限定モデルやイベント限定ドールなども定期的に登場するので、目が離せません。

DEAR MINEのドールをお迎えするには

DEAR MINEのドールをお迎えするには、公式サイトにアクセスして独自に注文する、代理店を通して購入する、ドールイベントで購入する、などの方法があります。

まず、公式サイトから注文することの利点は、メーカー直販のため、安く買えることです。

支払いは、クレジットカードもしくはペイパル決済となります。

しかし、海外企業(韓国のドールメーカー)なので、公式サイトは韓国語と英語表記のみで、日本語表記はありません。

そのため、郵便事故でドールがいつまで経っても届かないとか、何らかの事情で注文内容がドールメーカー側に届いていないとか、お迎えして箱を開けてみたら注文と違うドールが入っていた、付属物が欠けている、ドールが破損していた等々、万が一トラブルが起きた場合のメーカー側とのやり取りも全て英語(もしくは韓国語)で自力で行なわねばなりません。

そういった万が一のトラブルが起きた時に安心なのが、二つ目のお迎え方法である、代理店を通して購入する方法です。

現在、DolkStation(ドルクステーション)様やSORAIRO(そらいろ)様がDEAR MINEのドールを取り扱っていらっしゃいます。

どちらも実店舗のあるドールとその総合商品を取り扱っているお店です。

在庫があれば、実店舗で実物のドールを見ることもできます。

こちらのデメリットは、やはり割高であることと、お店によってメイクのカスタムなど、できることに違いがあることです。

最後のドールイベントは、年に数回、各地でドールイベントが開催されます。

DEAR MINEが参加するイベントがあれば、現物を見てその場で購入することも可能です。

公式サイトや代理店のSNSなどをこまめにチェックして、あなただけのドールをお迎えしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

もけいや松原の鉄道模型の魅力と特色

「もけいや松原」と聞いて、その商品を思い出すことが出来るならば、その人はレベルの高い鉄道模型の趣味人です。 鉄道模型楽しみ方は人それぞれと思います。 車両を楽しむ人、動きを楽しむ人、楽しみ方は様々でし …

デジタルTCG「シャドウバース」の魅力とは?

最近、シャドウバースというゲームアプリがかなり話題となっています。 このゲームはいわゆるトレーディングカードゲームというジャンルにあたるものです。 トレーディングカードゲームは数多くリリースされていま …

コレクター魂に火が着くカプセルトイ!コップのフチ子

奇譚クラブのカプセルトイ、コップのフチ子が大人気です。

デジタルTCG「ハースストーン」の魅力とは?

ハースストーンはスマホやPCでプレイ可能な基本無料のデジタルトレーディングカードゲームで、ブリザード社が開発運営を行っています。 デジタルトレーディングカードゲームを広めた先駆けとも言える作品の一つで …

プラモデルとは違う!少数生産のガレージキットとは?

模型屋に行くと、ガンダムやクルマなどのプラモデルが所狭しと並んでいる中で、隅っこのほうにひっそりと並んでいるガレージキットと呼ばれる模型があります。

楽天モーションウィジェット