人気のデニム、今年はスカートもおすすめ!

デニムが好きな人は、世界中にいます。日本でも、デニムファッションは人気が高いです。

今年は、カジュアルなデニムスカートも、ファッションアイテムとして注目を集めており、雑誌やテレビなど様々なメディアで紹介されています。

スポンサーリンク

昔から根強い人気があるデニムとは

デニムは、綾織りの厚地綿布です。経糸にインディゴに染めた紺色の糸を使い、緯糸には染めていない白い色を使って織っています。経糸3本に対して、緯糸が1本の割合で織られています。

デニム生地は、インディゴに染めた経糸が糸の中心まで染まり切っていないため、洗濯したり擦れたりすると、色落ちします。

糸の中心部分が白く、その周辺が紺色に染まっているため、洗濯すると周辺の紺色の部分がなくなり、中心の白い部分が浮き出てきます。この色落ちは、デニムの大きな特徴となっています。

カジュアルの基本といえば、デニムです。標準体型でも、痩せていても、太っていても難なく着ることができるので、愛用している人は少なくありません。

太っている人の場合、着るものに様々な制限がありますが、パンツであってもスカートであっても、デニムならば無難に着こなせます。

数あるカジュアルファッションの中でも、基盤となるアイテムで、履き続けるほど魅力的な風合いが出ます。

様々なブランドがデニム製品を販売していますが、少々高くても質の良い製品を購入すると、長持ちします。素材や色合いがしっかりしていれば、10年経ってもお洒落なアイテムとして利用できます。

高品質の生地は、長年使うとその良さがわかります。

デニムを選ぶ場合は、サイズ感がとても重要です。太めのものだと、着やすいもののカジュアルすぎてバランスが取れないことがあります。服を選ぶ場合は、全体のバランスを考えて選ぶことが大切です。

カジュアルに自由に着こなす

デニムは、フランス南部で誕生した生地で、イタリアのジェノバに渡り、さらにアメリカに渡って現在のよく知られた生地になったのです。

その歴史は、ジーンズの歴史と重なっており、ジーンズには欠かせない生地となっています。とても厚いデニム生地は、ヘビーオンスと呼ばれており頑丈です。ライトオンスの薄めの生地は、シャツにも使われています。

パンツ、スカート、ジャケット、シャツなど、デニム生地を使ったカジュアルウェアは、数多く存在します。

通常の生地は、色落ちしたり傷があると価値が大幅に下がってしまいますが、デニムの場合は、逆にダメージが価値になるのです。

長年着たような雰囲気を出すために、意図的にダメージ加工を行う人も少なくありません。

洗濯する場合は、白系の服と一緒に洗うのは禁物で、色落ちを防ぐために裏返しにして洗います。干す時も、裏返しのまま陰干しして乾かします。

人によっては、色落ちが嫌で洗わない人もいますが、汚れが付着すると生地が劣化するので注意が必要です。

丁寧に手入れをすれば、かなり長持ちする生地なので、カジュアルな着こなしを楽しみながら、長年愛用している人が多いです。

ヴィンテージ加工されたジーンズでなく、自分で履き慣らしたジーンズに憧れる人もいます。市場に流通しているジーンズは、防縮加工や水洗い加工など、何らかの加工が施されているケースが多いです。

購入時に加工されていない生地を選ぶと、色落ちを楽しむことができます。

多くの女性に好まれるデニム

デニム生地で作られた服は、多くの女性が愛用しています。定番といえるデニムスカートは、ナチュラルブルーの評判が高いです。

今年は、タイトスカートが人気を集めています。丈があり、女性らしい美しいラインが出るため、ネットショップでも売れています。

シンプルなスカートがあれば、どのような色柄にも合わせやすく、トップスによって様々な着こなしができます。

スリットの入った丈の長いスカートは、お洒落で動きやすく外出するのにも便利なので、子供がいる女性に愛用者が多いです。

インターネットの普及により、ネットショップで国内外の様々なメーカーの服を購入できるようになっています。

スカートひとつラブにも、デザインや着丈、カラーが豊富で、どの商品を選べばよいか迷う人も少なくありません。

デニムは、合わせ方によって普段着としても、ちょっとした外出着としても利用できるので、とても便利です。

若い女性は、ミニスカートを好む人が多いですが、ロングチェックシャツと合わせるコーデも、評判となっています。

シックなプルオーバーと、前にスリットが入った丈の長いスカートを合わせると、大人っぽい雰囲気になります。お洒落なパンプスを履けば、外出着としても魅力的です。

最近は、日本でも様々な帽子を購入することができますが、帽子を上手に使うことで、いつもと違った雰囲気を出せます。

バッグなどの小物を組み合わせることで、さらにお洒落を楽しむことができます。

最後に

デニムは、自由に気軽に着ることができるので、カジュアルな服装には欠かせないものです。

合わせ方によって雰囲気が変わり、お洒落に着こなすことができるので、男女を問わず多くの人々に愛されています。

長く着るためには、品質の良い生地を選び、丁寧に手入れをすることが大事です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

赤ワンピにサッシュベルトを付けて今時スタイル

1970年から1980年にサッシュベルトが流行りましたが、また最近流行っているようです。 体系が変わったきた大人の方に、是非試してみてほしいサッシュベルトスタイルです。ウエストの位置よりも、少し上の位 …

トレンドカラー!モスグリーンのアウターを使ったコーディネート

モスグリーンは、秋から冬のファッションにはかかせないトレンドカラーです。 あわせにくいと思われがちですが、上手に取り入れることで、オシャレ上級者に見せてくれます。 特に、モスグリーンのアウターは、それ …

トレンドカラー!ピンクのアウターを使ったコーディネート

ピンクは、今年のトレンドカラーの中でも、一番の主役的存在で、トップスやボトムスなけでなく、アウターで取り入れるのもおしゃれです。 なかなかおしゃれ上級者というイメージがありますが、意外と合わせやすくお …

忙しい朝のお助けワザ!時短・簡単ヘアアレンジ

会社や学校に行く前に、優雅に準備が出来るという人は少ないと思います。 いろいろと準備をしないといけないですし、毎日ヘアメイクはするものの、あまり時間をかけれないこともあるでしょう。 もしくは、全く時間 …

今年1本は持ってたいハイウエストデニム!「ワイドパンツ」

2016年から引き続きトレンドが続いているワイドボトムですが、中でも足長に見えるハイウエストのワイドパンツはとても人気があります。 スポンサーリンク ハイウエストとは ハイウエストとは、通常よりも高い …

楽天モーションウィジェット