【生姜】は脂肪燃焼を促進する力がある!

一般的な認識によるダイエットの成功とは、体内に蓄積した脂肪が基準値になることによって、腹部のふくらみを意味するウエストが細くなることです。

その蓄積した脂肪を燃やすためには、体内に存在する脂肪を燃焼させる力を促進することです。

その燃焼させる力を促進させる目的で、その効果に再注目されるようになったのが生姜です。

スポンサーリンク

なぜ脂肪は蓄積するのか

ダイエットの成功とは、体内に蓄積した脂肪が基準値になることですが、そのダイエットの成功には、脂肪の蓄積のメカニズムを知っておかなければならないです。

脂肪とは、食べ物に含まれている脂質や糖分が、肝臓に運ばれることによって、肝臓の酵素によって吸収しやすい形に変化したものが脂肪です。

肝臓で作られた脂肪は、肝臓の血管を通して全身に運ばれることによって、全身の細胞の栄養源となって活動を助けます。本来脂肪は、体にとって良いものなのですが、問題は肝臓で作られた脂肪の量があまりにも多いことです。

脂肪の量が多いと、細胞が燃やしてエネルギーに出来る量は限られているので、その余った脂肪は再び肝臓に戻されます。

そして肝臓に戻された脂肪は、再び分解されると、今度は飢餓状態に備えるために、皮膚の下や内臓に引っ付けることで蓄積します。これが、肥満の原因なのです。

根本的な問題は、消費出来る量が決まっているのに、超える量を取ってしまう事に加えて、内臓が弱ることで、体に備わっている皮膚の下にある脂肪や内臓に蓄積した脂肪を、燃やす力が落ちてしまう事です。

脂肪を燃やす力を呼び戻す生姜の力

ダイエットを成功させるためには、溜まった脂肪を消費するための運動が欠かせないですが、ただ運動を重ねても体に備わっている脂肪をエネルギーに変える力が落ちていては、脂肪燃焼効率が悪くなります。

そこで、エネルギーに変える力を呼び戻してくれる効果を持つのが、生姜なのです。

生姜の中には、ショウガオールと呼ばれる特有成分が含まれています。ショウガオールには、血管拡張効果があります。

脂肪が蓄積が起きるのは、余分にたまった脂肪が血管を塞いでしまうために、細胞に十分な酸素が送られないので、活動しにくくなることで起きます。

そのメカニズムを解消するためには、この脂肪によってふさがってしまった血管を、広くしてあげることが大事です。

そこで生姜に含まれているショウガオールを摂取すると、肝臓で分解されたショウガオールは血管を通して全身に回ります。

ショウガオールは、血管に作用して血管を拡張させる効果を持つので、拡張した血管によって酸素が十分に細胞に送られると、活動を促進し脂肪燃焼効果につながるということです。

そのため、1日に大匙一杯分のショウガを摂取することによって、十分な効果を発揮することができます。

生姜をとるうえで注意しておきたいこと

生姜をとることで、脂肪燃焼効果があるのは、先に言ったとおりに血管拡張効果があることです。しかし、ダイエット成功のために生姜の効果を期待して食べるときに、注意しなければならないことがあります。

それは、生姜の効果によって強い殺菌抗菌作用があること、そして体温を下げてしまう事があるからです。

生姜には殺菌抗菌作用があることで、漢方薬やスパイスとして用いられてきたのですが、その殺菌抗菌作用は大量に摂取してしまうと、胃腸の良い菌を殺してしまうため動きを悪くしてしまいます。

そして先に言ったとおりに、ショウガの特有成分であるショウガオールには、血管拡張効果があります。しかし血管拡張効果には一つだけ弱点があり、それは体中の水分の排出量も増やしてしまう事です。

体中の水分の排出量を増やしてしまうと、体の中にある水分を放出してしまうので、血液の流れを逆に悪くしてしまいます。

血液の流れが悪くなると、酸素が十分に送られなくなるので、活動が鈍るだけでなく、水分の放出量は汗の放出量を増やすことになるので、気化熱を起こし体温を下げてしまいます。

体温が下がると、細胞が動くときに必要な体温を奪ってしまうため、生姜の消費を気をつけていないと、ダイエットの成功の助けになるどころか、生姜が原因でダイエットの失敗の原因にもなってしまいます。

生姜の力をアップさせる方法とは

生姜の使用を間違えてしまうと、先に言ったとおりに、ダイエットの成功の助けになるどころか、失敗の原因になってしまいます。

その失敗の原因をなくして、ダイエット成功の助けにするためには、生姜をそのまま食べるのではなく、工夫が必要になります。生姜の殺菌抗菌作用は、生姜の中に含まれている酵素による力です。

そこで、生姜を皮ごとすりおろした後に、加熱することです。加熱することによって酵素の力が弱まるので、その弱点にある胃腸を弱らせてしまう反作用を抑え込みます。

さらに血管拡張効果による水分の放出量も、この加熱によって成分を変化させることによって、丁度よい形になり落ち着きます。

そこで生姜をとるときには、成分が大量に含まれている皮ごとすりおろした後に、その皮ごとすりおろしたものを油で炒めたり、また電子レンジで事前に温めておきます。

その工程を加えることによって、デメリットを抑えつつ、良い所だけを引き出すことができます。

さらに効果を引き上げるためには、すりおろした後に、スープにするときに豚肉や野菜と一緒に取ったり、唐辛子などの香辛料を加えるとより効果を発揮します。

最後に

ダイエット成功には、消費だけでなく脂肪燃焼のためにエネルギーに変える力の効率を引き上げてあげることが大事です。

その脂肪燃焼効果を体に与えるためには、食事の面で体質改善を図ることが良く、先に挙げた方法でデメリットを解消した生姜を摂取することで、助けになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

料理のアクセントに!たくあんの活用法

たくあんは酸味と甘味のバランスが素晴らしいだけでなく、独特な歯ごたえを同時に楽しめることも魅力の食品です。 この魅力を十分に引き出すための活用法を実践すると、料理のアクセントとしても十分に使えることに …

採りやすい山菜「三つ葉」の美味しい調理法

三つ葉は、採りやすい山菜としては代表的なもので、調理法の種類も極めて豊富です。鮮烈な芳香がありながらも、山菜特有の苦味は少ないため、最初にアク抜きする必要はありません。 野菜と同様に使えるため、他の素 …

簡単スイーツ♪【フレンチトースト】の作り方!

スイーツ大好き女子はもちろんのこと、小さなお子さまからシニア世代まで幅広く好まれているフレンチトースト。 一流ホテルの朝食や、おしゃれなカフェで楽しむティータイムにも登場する一品ですが、実はご家庭のキ …

お米を美味しく炊く裏技:サラダ油を加える

日本人の米離れが進んでいるといわれながらも、やはり日本人にとって無くてはならないのが炊き立てのご飯の存在です。

超美味!納豆に「オリーブオイル」をちょい足し!

健康志向の高まりによって、発酵食品の需要が世界中で広がりを見せています。 発酵食品は、自然界の微生物の力を使って、新しい食品を作り上げるものですが、その力によって生み出されたものは、元の素材にはない栄 …

楽天モーションウィジェット