ダイエットが続かない男性に。続けるコツ

ダイエットが続かない男性は、ちょっとしたコツを知ることで理想体型を手に入れることができるでしょう。

ダイエットは続けることが大切です。

ほんの数ヶ月だけダイエットをしたところで、すぐにリバウンドをしてしまいます。

ここではダイエットをずっと続けるコツをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

計画の立て方を知らない人が意外と多い?

ダイエットの計画を立てるときには、3段階のプランを立てることが大切です。

1週間~2週間くらいの短期のプラン、1ヵ月~3ヶ月くらいの中期のプラン、そして1年~3年くらいの長期のプランです。

最初に1週間くらいの短期計画を立ててしまう人がいますが、先に長期の計画を立てましょう。

まずは長期の計画を立てて、1年~3年後に自分がどうなっていたいかを考え、それを実現するために何をすれば良いのかを考えます。

その後、中期の計画、短期の計画という順番で立てていきます。

短期の計画しか立てていない人は、それを成功させたことで安心してしまって、その後リバウンドをしてしまう可能性が高くなります。

長期の計画を立てておくことのメリットは、途中で軌道修正ができるという点にもあります。

ダイエットが思うように進まなくても、プランを変更して、改善していくことができます。

逆に、思った以上にダイエットがうまくいっていたら、健康のことを考えて少しペースを落とすということも必要になるかもしれません。

3つの計画を立てておくことで、長期的にダイエットを成功させることができる可能性が上がります。

食事を減らすことよりも重要なこととは?

男性の場合、食事を減らすことよりも、運動をすることのほうが重要になるでしょう。

男性がダイエットをしようとするとき、女性のように細く美しくなるということを目的としていないケースが多いです。

むしろ、理想的なボディを手に入れるためにダイエットをするという男性が多いでしょう。

食事制限をしてダイエットに成功しても、がりがりで不健康な身体になってしまったら意味がないでしょう。

自分の目的はなんなのかをしっかりと考えて、その目的を達成するための方法を考えましょう。

食事を減らすことも重要ですが、それよりも運動をして消費カロリーを減らし、同時に強くて健康的なボディを手に入れるということのほうが重要です。

しかし、先に食事制限をしなければ運動をすることもできないという人もいます。

例えば、お腹が出すぎていて少し走っただけでもお腹が痛くなってしまうという人などは、先に出すぎているお腹をへこませることが大切になるでしょう。

まずは食事制限をして、ある程度体重を落としてから運動をするようにしたほうが良いケースもあります。

食後の運動は良くないというのはウソ?

食後に運動をすることは良くないと昔から言われています。

しかし、食後に運動をすることで効率よくダイエットができるという意見もあります。

実は、食後に軽い運動をすることで、血糖値の上昇を抑えられるというデータがあります。

食後にウォーキングなどの軽い運動をすることで、ダイエットの効率を上げることができます。

しかし、食後すぐの運動はひかえたほうが良いです。

食後20分くらいはストレッチなどをして身体をほぐすのが良いでしょう。

食後20分が経過したあとで、ウォーキングなどの軽い運動を始めましょう。

激しい運動については、食後1時間以上は経過してからするようにしておきましょう。

食後は食べたものがまだ消化されておらず、消化器官が活発に働いているので、そのときに激しい運動をしてしまうと消化がうまくいかなくなってしまう可能性があります。

逆に、空腹時に運動をすることもおすすめができません。

空腹時は血糖値が下がっており、その状態で運動をするくせをつけてしまうと、かえって太りやすい体質になってしまうことがあります。

無理をしないことが続けるコツ

男性の場合でも、無理をしないダイエットのほうが長続きしやすいです。

男性だから女性と比べて特別に忍耐力がある、というわけではありません。

無理をせずに身体に負担をかけないダイエットをしたほうが、長続きしやすくなるでしょう。

ダイエットを続けるときには、過度な食事制限はひかえましょう。

肉体労働をしている人などは仕事に影響してしまうこともあります。

仕事がうまくいかなくなったらストレスが溜まり、ダイエットにも悪い影響が出てしまうかもしれません。

ダイエットを続けるコツとして、ストレスを溜めないということも重要です。

無理をせずストレスを溜めないようにして、リラックスをした状態で運動をするようにしましょう。

身体が緊張してしまっている状態でスポーツをすると、怪我をしやすくなると言われています。

リラックスをしながら運動をすることを意識しましょう。

精神面もダイエットに影響するので、自分が精神的に一番良い状態になるのはいつかということを考えてみることも効果があります。

なるべく精神的に良い状態をキープしながら生活をしましょう。

最後に

男性と女性ではダイエットの方法や目的が異なる傾向があります。
男性の場合、体重を落とすことよりも理想的なボディを手に入れることを目的としていることが多いです。
そのため、食事制限をすることよりも運動をすることのほうが重要になるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ
-,

関連記事

短い爪だから可愛い!おすすめのショートネイルデザイン

最近は短い爪にほどこすネイル、いわゆるショートネイルが人気を上げています。 仕事の関係で爪を伸ばせない人や、小さい子供を持つ母親など、長く爪を伸ばすことができない人も大勢います。 爪を伸ばせないからネ …

脂肪燃焼スープダイエットで痩せる?メリット・デメリット

脂肪燃焼スープダイエットは医療機関で誕生した減量方法であり、患者でも安心して食事をしながら、短期的な減量ができる方法です。 健康な一般の人のダイエットにも向いている方法であり、期間中には特製の野菜いっ …

気になるおしりを部分痩せする方法

下半身太りはスタイルも決まらず格好のいいものではありません。 ボリュームのあるおしりが美しいとされる欧米とは違い、日本では小尻がもてはやされています。 きゅっと上がった小さいお尻を目指すための部分痩せ …

ベージュコートの着回し方!チェックスカートで”クラシック”に

近年ファッションの世界においても、ファストファッションなどの台頭で、コートでありながら、一万円をきったりするプチプライスで展開される洋服があります。 ファストファッションだからといって、すぐに傷んでし …

あなたは大丈夫?汚いメイクポーチは女子力を下げる

女性は朝にメイクをしてから自宅を出ますが、会社のお昼休みや学校の休憩の合間にお化粧直しをする人が多いです。 その為、バッグの中にメイクポーチをいつも持ち歩いているという人が多いですよね。 雑誌などでは …

楽天モーションウィジェット