【こんにゃく】は脂肪吸収を抑える力がある!

こんにゃくはシンプルな食材ですが、脂肪吸収を抑えてくれたり、便通を良くしたり、健康にも役立つ食べ物です。

おでんや煮物料理など、料理にも引っ張りだこです。肥満防止や糖尿病の予防にもなりますし、コレステロールを正常にするためにも役立ちます。

スポンサーリンク

ヘルシーなこんにゃく

サトイモ科のこんにゃく芋をすりつぶして、煮込んでから炭酸ナトリウムをプラスして、固めた食品がこんにゃくです。

しらたきは糸状になっていますが、凝固剤である水酸化カルシウムをプラスして、シャワーみたいな出口から長く出していきます。

お湯の中に出していき、固めるとスーパーでもよく見かける、しらたきの状態になります。

原料となる芋は、名前にこそ芋とついていますが、アクが強いのが特徴です。

同じ芋類のような、サトイモやジャガイモのように、ふかしたりゆでたりして、そのままおいしく食べるということはできないです。

低カロリー食材でも知られていますが、およそ90%以上が水分なので、とてもヘルシーな食材です。

たっぷりと食べてもカロリーはほとんどないですし、栄養価といえば食物繊維のグルコマンナンが豊富であることが特徴です。

おなかのお掃除役を得意とするのが、グルコマンナンの成分でもあります。

食物繊維は健康にも良い成分であり、食事の時に食べることで、血糖値を急激に上げることを防いでくれます。

水分も多い食品ですので、便通をよくすることにもなります。

こんにゃくは、脂肪吸収を抑える力が

こんにゃくは脂肪吸収を抑える力があるというのは、こんにゃくのメイン成分である、グルコマンナンの成分が働くためです。

多糖成分であり、マンノースとグルコースの、こんにゃく芋に含まれる成分が、グルコマンナンです。

グルコマンナンは食物繊維であり、体内では消化することができないです。

水溶性のグルコマンナンではありますが、非水溶性になるのは製造工程で変わるからです。

非水溶性であることで、消化されないままの繊維質により、大腸を通り抜けていきます。

無駄な脂肪を食事で食べて体内につけないためにも、こんにゃくのグルコマンナンは働きかけてくれます。

大腸を通過するときの、こんにゃくのグルコマンナンは、適度な刺激を大腸に与えるので、便通をよくすることにももなります。

グルコマンナンは食事で食べたものを、包み込む性質があります。胃の中で消化吸収をさせることなく、無駄な脂肪は外へと排出をすることになります。

グルコマンナンの成分は、お腹の中をクリーンにするので、結果的に基礎代謝を高めることにもなり、これもダイエット効果を助けます。

こんにゃくはダイエットにも最適な食品

こんにゃくは低カロリーなヘルシー食材であり、ダイエットにも役立つ食べ物です。

ほぼ水分と食物繊維から成立していますので、カロリーを気にする必要はないですし、食べるとお腹に溜まります。

ダイエットに取り入れるとき、味わいに関してはとてもたんぱくなので、そのままを食べるのは空きやすいです。

ダイエットに加えるならば、高カロリーにならないように気を付けながら、飽きないで美味しく食べることです。

板状のものだけではなく、糸状のものや、玉状の形をしているものもあるので、形や食感を変えて楽しみながら食べると、ダイエットでも続けやすくなります。

麺類を食べたいときには、パスタなどの面は太るので、糸こんにゃくを使うと、カロリーは大幅にダウンします。

グルコマンナンを含みますので、水分を多めに飲みながら食べると、お腹への満足感も高まります。

グルコマンナンはダイエット飲み方であり、コレステロールや糖質の吸収を、穏やかに抑えてくれます。

おなかがすいているときなどは、まさに食べたい食品であり、低カロリーでありながらお腹は満たされます。

こんにゃくの取り扱い

脂肪吸収も抑えてくれるこんにゃくは、正しい取り扱いで食事に加えるようにします。

開封前の状態で、パッケージには、高温多湿を避けて保存と記載があれば、保存は冷蔵庫以外の涼しい場所で大丈夫です。

冷凍庫へ入れてしまうと、凍るので回答をしてから、食感などが変わってしまいます。

開封をしてからの保存ですが、タッパーなどに水を入れて、その中へ入れて冷蔵庫へ保存をします。

タッパーのふたは閉めるか、あるいは食品ラップをして、表面を乾燥させないようにします。開封をしてからは、3日ほどの間には調理をして食べきるようにします。

夏場などは食品が傷みやすいので、冷蔵庫での保存であっても、調理前に傷んではいないかをチェックします。

ゆでた後に保存をするときには、ゆで汁とともにタッパーへ入れて、冷蔵庫で保存をします。

ゆでるという加熱調理をしたら、できるだけ早く食べきるようにしま。凍らせてしまうとスカスカになり、硬くなるので食べにくくなります。

その場合は、凍みこんにゃくのレシピで、おいしく食べるのも一つの方法です。

最後に

こんにゃくは脂肪吸収を抑える力がありますので、体重を気にしている人にも、ダイエットをするときにも役立ちます。

味わいはさっぱりしているので、調理の際には工夫をして、アレンジをしてみるとおいしく食べることができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

【グレープフルーツ】は脂肪燃焼を促進する力がある!

黄色い色の果実といえば、レモン以外にはグレープフルーツを想像する人も多いかもしれません。 果肉が黄色いルビーと、赤みがかったルビーがあり、一年を通してスーパーに置いてある定番の果物になっています。この …

隠し味で「味噌」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

クリームシチューの味に、物足りなさを感じるときには、味噌を隠し味として加えるだけで、抜群の美味しさに変化します。 発酵によって生じた旨味成分に加えて、乳酸菌による酸味も加わるためですが、この方法を使え …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「カルシウム」

慌ただしい1日の始まりに、しっかりと栄養を取り入れて活動している人はどれだけいるでしょうか。 パンとコーヒーやシリアルにミルク、そして食べる時間が無いので、何も口にしない人も多いかもしれません。 しか …

カレーが一段と美味しくなる隠し味:はちみつ

カレーの隠し味の定番は蜂蜜でしょう。 加える際のポイントや注意点などを紹介します。

2017年注目のスーパーフード:大麦

キヌアやチアシードなど、スーパーフードと呼ばれる食材が最近では美容や健康に良いとされスーパーなどでも見かけるようになりました。 そんなスーパーフードが2017年に流行るとされている食材に大麦があげられ …

楽天モーションウィジェット