趣味で取れる実用的な資格:ダイエット検定


今の時代、年齢性別関係なく話題になるのがダイエットの話ですよね。

特に若い女性は何よりもダイエットのことが気になるという人も多いのではないでしょうか?

そんな人なら反応するであろう資格が、ダイエット検定です。

スポンサーリンク

誰もが気になるダイエットには資格もあった!

ダイエット検定は、下から2級生活アドバイザー、1級プロフェッショナルアドバイザー、ダイエットインストラクターの3段階でレベル分けされています。

趣味レベルで日常に活かしたいのであれば、2級の生活アドバイザーの資格を取っておけば、自分の健康管理や友達や家族へのダイエットのアドバイスもできてしまいますよ。

1級は職業で使う人のレベルで、ダイエットのカウンセリングなどができる応用知識が必要になります。

最上級のダイエットインストラクターは、協会認定スクールを開校したり、協会のセミナー講師レベルで、専門家の知識が必要です。

2級と1級は併願受験が可能なので、一気に資格を取りたいという人は合わせてチャレンジしてみてもいいでしょう。

ダイエット検定はあまり知られていませんが、芸能人の人たちも1~2級を取得しています。
自分の体型管理や美容に活かしているのかもしれませんね。

主婦の方が自らのダイエットのために資格を取ったというケースもありますし、旦那さんと一緒に受けたという人もいます。

セラピストさんがお店の施術メニューの幅を広げられるようにダイエット検定を受けたというケースもあります。

スポーツインストラクターの人など、運動関係の人たちが知識を増やすために受けているケースもあり、誰でも挑戦できることがわかります。

1級と2級の試験知識でダイエットの効率アップ

ダイエット検定2級の試験内容は、ダイエットの歴史・体脂肪・カロリー・栄養素・代謝・リバウンド・インスリンとGI値の基礎知識・および運動やダイエット方法論となっています。

1級は、ダイエットと栄養素・サプリメントとダイエット・体脂肪と肥満と疾病リスク・GI値と内分泌系の基礎・神経と食欲とダイエット・運動と筋肉と代謝です。

2級と1級のダイエットの知識を身につけておけば、効率の良いダイエットの方法を満遍なく身につけることができそうですね。

現代はネットでなんでも調べられる時代になっていますが、ネットには信憑性の低い情報が蔓延しています。

疑わしい情報でも、自分が欲しいと思っている知識だと、嘘か本当かをよく考えずに試してしまうこともあります。

それを信じ込んで健康的に痩せられればいいですが、不健康に衰えてしまったり、リバウンドのリスクを抱えてしまうなんてこともあります。

ダイエット検定の試験勉強をするメリットは、科学的に考えて「正しいダイエット方法」が身につくということです。

情報が溢れかえっている時代でも、どの情報が正しいのかを自分の頭で考えて選ぶ取ることができるようになります。

もともとダイエットに興味があったという人であれば、試験勉強というよりも趣味の一環として楽しみながら勉強に取り組めそうですね。

専用のテキストもありますが、ネットで過去問が公開されているので、まずはそれをみながら受けるかどうか考えてみてもいいでしょう。

クイズ感覚でできるので、勉強が苦手という人でも気軽に取り組むことができます。

摂食障害を防ぐのにも役立つかも

無理なダイエットのせいで、普通に食べられなくなる摂食障害を患う人の数が増えています。

今までは20代くらいの女性の発症リスクが高かったですが、病気の低年齢化が進んでいて、10代さらには一桁の年齢の子までダイエットを意識しすぎて病気になるケースまであります。

摂食障害になると、食べられなくなる拒食症になったり、食べて吐く過食嘔吐など様々な問題が出てきます。

ダイエットだけが原因ではなく、心の病気でもありますが、ダイエットの影響がゼロとは言えません。

このリスクを減らすためにも、正しいダイエット方法を知っておくのは役に立つでしょう。

ダイエット検定は生理学に基づいた正しいダイエット方法を勉強することができます。

現代の情報に振り回されたいい加減な方法や無茶な方法ではなく、苦しくない正しい方法で痩せることを目的にしています。

そもそもダイエットは、健康的に痩せる、適切な体型になることを意味している用語です。

その目的を叶えるのに、ダイエット検定は役立つでしょう。

ダイエットの資格というと女性が受けるイメージが強いですが、男性のスポーツインストラクターが受けたり、メタボが気になるおじさんが奥さんに促されて一緒に検定にチャレンジしているケースもあります。

年齢も性別も関係なく受けて大丈夫ということですね。

最後に

食べないダイエットでリバウンドを繰り返している人や、ダイエット情報に振り回されてどれが正しい方法なのかわからなくてヘトヘトになってしまっている人は、この機会にダイエット検定を受けて正しい方法を身につけてみてはいかがでしょうか。

ダイエット検定公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ビューティ, 仕事・資格, 民間資格
-

-->

関連記事

就活で持っていたい資格「医療事務」のアピールできるポイント

病院を対象に就職活動するのであれば、医療事務の資格を取得しておく事は必ずプラスになります。 医療の世界で仕事をする場合に、必ず医療事務の知識が必要になるかというと、そうではありません。 しかし、健康保 …

将来的に独立ができる国家資格「司法書士」

司法書士とは、司法書士法に基づく国家資格で、個人や企業など、他人からの依頼を受けて登記事務や供託事務、裁判事務を行う人の事をいいます。

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「フードアナリスト検定」

飲食業界で働いている人に向いているのが、フードアナリスト検定です。レストランの料理や店舗の雰囲気などを、言葉にして評価分析できる力が身につきます。 初心者レベルの4級からプロレベルの1級の資格まである …

主婦にオススメの資格「旅行管理者」

子育てに家事、忙しい毎日に追われる主婦は、仕事がしたくても時間の都合がつかない、将来子どもが大きくなって落ち着いたら仕事がしたいけど何をしたらよいか分からない、手に職を付けてやりがいのある仕事をしたい …

アラサー女性ならプチプラコーデもオシャレに決める

アラサーにもなると、好きな服を好きなように着るコーディネートからはもう卒業です。 TPOをわきまえて、周囲と浮かないファッションも考えなければなりません。 とはいえ、まだまだオシャレは楽しみたいし、フ …

楽天モーションウィジェット