ローフードダイエットで痩せる?メリット・デメリット

ローフードダイエットで痩せるというのは、加熱されていない食材を食べることで、酵素を大切に使うことができるためです。

食材から酵素を取り入れることができれば、体内の酵素を無駄遣いすることもなくなりますし、ダイエットに役立つことにもなります。

スポンサーリンク

ローフードダイエットとは?

ローフードダイエットはローフードを食べる方法であり、ローフードとは加熱調理や、加工されていない食材のことです。

手を加えて調理をしていない生のフレッシュな食材は、人間の食事として健康的という考えがあります。

体内には酵素が存在しており、消化をするためにも、毒素を分解するためにも、酵素は必ず必要です。

代謝に深く関わる物質の酵素は、食事をして消化をしたり、代謝や排泄に関わるまで、全ての工程で必須です。

酵素は大変貴重な働きをしますが、47度で酵素はダウンするという、熱にはめっぽう弱いという弱点があります。

そのため体の中で酵素を作ることが必要であり、そのエネルギーが必要となります。

調理の過程で加熱調理をすると、酵素が失われた状態で体内へと入り、体では処理のための酵素が使われるので、体内への負担となります。

食材を生のまま食べることで、多くの酵素を摂取ができますし、消化のための酵素はその分少なくて済みます。

酵素がたっぷりと含まれる食事ができますので、カロリーを気にすることなく、お腹を満たすことができます。

ローフードダイエットのメリット

ローフードダイエットのメリットは、フレッシュな食材をそのまま食べることで、人間に必須の酵素をたっぷりと摂取ができる、健康的なダイエットであることです。

生の食材には栄養価も高く、それでいてカロリーは低いので、お腹いっぱい食べてもカロリーを、さほど気にしないでも済みます。

健康的なダイエットができるのも大きなメリットであり、食品からの酵素のおかげで、体内の貴重な酵素は温存をすることができます。

潜在の酵素をその分使う必要がないですから、酵素を無駄に消費することがなくなり、酵素を痩せるための代謝に使うことができます。

生の食材を食べるようにすることで、食物酵素がどんどん入ってきて、新陳代謝はとても良い状態へと変わっていきます。

代謝という巡りの悪さは、太りやすい体の環境でもあるので、酵素を食材から取り入れて、新陳代謝を高めるのは効果的な痩せ方に貢献をします。

酵素が生の食品から入ってくることで、体内の老廃物は排出をしやすくなるので、余計なものが出ていけば、それだけ体重の減少になります。

ローフードダイエットのデメリット

ローフードダイエットのデメリットとして、食べてはいけないものの制約があるので、今までの食生活との違いに、少しストレスを感じることも考えられます。

特に日頃から、加熱調理の食事が大好きな人などは、生の食材のメニューに退屈さを感じる可能性もあります。

煮物や揚げ物に炒め物など、全ての過熱した料理を食べることができないので、食事のレパートリーへの不満はデメリットになりやすいです。

ですが一定の期間のことですので、体重を落としてからは、徐々に加熱調理の食事をとりいれることができるので、痩せる期間だけの我慢です。

油っぽいものが好きな人からしたら、てんぷらや空揚げにかつ丼、コンビニで売っているコロッケやホットスナックなど、身近にあるのに食べられないのは、最初こそつらいと感じることがあります。

しかし人間の体というのは不思議なもので、普段食べているものに次第に慣れていきますので、本来のシンプルな味覚へと戻っていきます。

新鮮で生の野菜のおいしさを、次第に自分でも実感できるようになるので、しばらくの辛抱です。

ローフードダイエットのやり方

ローフードダイエットのやり方は、食事を生の食材にするという方法です。

ライフスタイルに合った取り入れ方をすると、成功が見えてきやすくなります。

夜だけを生の食材での食事にするとか、週末のお休みの日だけ生の食材のメニューにする方法でも大丈夫です。

食事のすべてではなく、半分だけを生の食材に切り替えてみるなど、無理のないやり方で取り入れます。

食べてよいものとして、生の野菜や果物は、たっぷりと食べて大丈夫な食材です。

シンプルにサラダにしたり、ジューシーな野菜ジュースにしても良いです。

一晩水に入れて食べてよいのは、香ばしいナッツ類です。

海苔やわかめにもずくなど、海苔や海藻類もたっぷりと食べることができます。

日本人が身近で好む食材として、発酵食品も食べることができます。

納豆や味噌など、善玉菌も多くお腹を整えてくれます。

消化しにくい面はありますが、生の豆類はマリネや、サラダなどで食べることができます。

ひよこ豆やダイズなどは、水につけて発芽させて食べるとよいです。

サラダに加えたり、おやつとして、ドライフルーツを食べることもできます。

最後に

ローフードダイエットをすることで、スローになりやすい新陳代謝は活発になりますし、毒素や不要な老廃物は、自然に排出をしやすくなります。
こうした相乗効果は代謝をよくしますし、巡りが良くなるので痩せやすくなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ
-

関連記事

低炭水化物ダイエットで痩せる?メリット・デメリット

巷には様々なダイエット法があふれていますが、その中でも数年前に一躍注目を集めたのが「低炭水化物ダイエット」です。 痩せると評判の低炭水化物ダイエットですが、メリットだけでなくデメリットもあるようなので …

人気のヘアスタイル「シニヨン」のメリット・デメリット

髪をまとめることが出来る程度に髪が伸びてきている時や、ロングヘアになるまで髪を伸ばしている方にとって、中途半端な長さは邪魔に感じてしまう方も多いので、簡単に可愛らしくなれるシニヨンヘアが人気になってき …

一目置かれるお洒落コーデ!「ジョガーパンツをヒールに合わせる」

オシャレ女子の間で人気急上昇中のアイテム、「ジョガーパンツ」をご存知ですか? ジョガーパンツとは、ウエスト部分と裾にゴムが入っており、更には紐で腰回りのサイズを調整出来るようになっている、ゆったりシル …

健康的にダイエットする運動方法とポイント

ダイエットを目的として運動を行う場合は、「長期間継続できる程度」を意識することが大切です。 極端に負担が大きな運動方法ではすぐにやらなくなってしまう可能性が高まるため、結果的に何の効果も発揮せず、健康 …

忙しい朝のお助けワザ!時短・簡単ヘアアレンジ

会社や学校に行く前に、優雅に準備が出来るという人は少ないと思います。 いろいろと準備をしないといけないですし、毎日ヘアメイクはするものの、あまり時間をかけれないこともあるでしょう。 もしくは、全く時間 …

楽天モーションウィジェット