【ヨーグルト】は脂肪吸収を抑える力がある!

普段の食生活を見直すことで、太りにくい体質になりたい、健康によいものを食べながら同時にダイエットをしたい、そんなときおすすめなのがヨーグルトです。

脂肪吸収を抑える効果があるので、体脂肪の蓄積を防ぐためにも役立ちます。

スポンサーリンク

腸内環境を改善してくれる

ヨーグルトは、健康食品の代名詞と言っていいほど有名で、特に腸内で善玉菌を増やして、調子をよくしてくれる食品として知られています。

善玉菌の代表である乳酸菌が大量に含まれているので、悪玉菌を減らして腸内フローラのバランスを保つために役立ちます。

腸内環境がしっかり整っていると、体の中に入ってきた栄養素をしっかりと吸収したり、不要なものや健康に悪いものをカットすることができるようになります。

必要以上の脂肪吸収を抑えることもできるので、食べ過ぎたときに、いきなり太ってしまう心配もなくなって、健康的な状態を維持できます。

善玉菌は、お通じをよくしてくれるので、体の中に老廃物が残る時間が少なくなって、いつもおなかがスッキリした状態になるメリットもあります。

毒素も一緒に体外に出るので、デトックス効果があり、栄養素が吸収されやすい体質を作って、ビタミンやミネラルが体の隅々まで届きます。

ヨーグルトを食べていれば、便秘に悩まされることも少なくなり、おなかやウエストが細くなって、たるみを改善するためにも活用することができます。

余計な脂肪が蓄積されない

腸内環境がしっかり整っていると、胃腸の中に入ってきた脂肪吸収を抑える力も高まるので、過剰なエネルギーが体脂肪になって蓄積されるのを防止できます。

逆に腸内に悪玉菌をたくさん持っている人は、体が正常に機能せず、油っこいものを食べると全てが吸収されてしまって、どんどん太ってしまう原因になります。

腸内が健康な人は、エネルギーを効率よく変換して燃焼することができるので、食べても太りにくく、運動をすればすぐに脂肪の燃焼が始まります。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、体脂肪を燃焼しやすい体質になるためにも有効で、ダイエット向きの体になるために使えます。

デトックスをすることでも、脂肪吸収を防いで痩せやすい体になれるので、積極的に食べるようにしましょう。

そのまま食べるのが苦手なら、善玉菌が好んでエサにするオリゴ糖を加えて甘みをつけたり、シリアルなど食物繊維を含んだ食品と一緒に摂取すると、味も美味しくなって、腸内環境の改善のために役立ちます。

フレッシュな果物や野菜と一緒に、スムージーにするのもおすすめの方法です。

食べ過ぎを予防するためにも有効

ヨーグルトを食べると、乳酸菌が腸内で活発に活動をして、腸の粘膜を保護するバリアを作ったり、脂肪分が一気に吸収されないようにしてくれます。

プレーンタイプなら、100グラムあたり60kcal程度しかカロリーがないので、大量に食べても太る心配がなく、適度な満腹感が得られて、食べ過ぎを予防するためにも使えます。

置き換えダイエットのためにも便利で、食事をヨーグルトにすることで、一日の摂取カロリーを大幅に削減することが可能です。

低脂肪タイプや無糖タイプなら、ほとんどカロリーがないので、夜中に空腹を満たしたり、おやつ代わりにするのも有効です。

食べ応えがあって、しっかり食べた感じがするし、果物やシリアルと一緒に食べるとボリュームも出て満足できます。

脂肪吸収を防ぐためにも、食事の前にヨーグルトを食べておくと有効で、適度におなかが膨らむので食べ過ぎることもありません。

特にダイエット中は、空腹に悩まされて反動で食べ過ぎる危険があるので、カロリーが低くてボリュームのある食品を活用すれば、リバウンドを防止して効率よく痩せられます。

美容や健康のためにもよい

善玉菌が活発に働いて、脂肪吸収を抑えてくれるので、ダイエットをサポートしたりメタボを防止するのに使えるヨーグルトは、痩せる以外にもさまざまな効能を持っています。

腸内環境は、体全体の健康と密接な関わりがあるので、善玉菌が増えることで免疫力がアップして風邪をひきにくくなったり、慢性疲労を克服して毎日元気に過ごせるようになります。

お通じがよくなると細胞が活性化されるので、ニキビや肌荒れが治ったり、老廃物が排出されて肌が蘇ったりします。

アンチエイジングのためにも効果的で、若々しい美肌を作ったり、細胞をふっくらさせることにもつながります。

体が引き締まってくるので、全身が美しく見えて、輝きが戻ってきます。

ビタミンやミネラルを補うために、野菜や果物を一緒に摂取すると更に効果がアップします。

市販のヨーグルトには、さまざまな種類があって、特殊な乳酸菌が入っているタイプや、脂肪吸収を防止するために特化したタイプ、美容に役立つ成分が加わったものなどを、目的に合わせて選べます。

時間がない人は、飲むタイプでも同じ効果が得られるので使ってみましょう。

最後に

スーパーやコンビニなど、身近な場所で手に入るヨーグルトにはさまざまな効能があり、脂肪吸収を抑えてダイエットをしたり、美容や健康に役立てることができます。

簡単に実践できるので、毎日積極的に食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:ちりめん山椒

ちょっとおなかがすいたとき、フライパン1つで手軽に作れるのがチャーハンの魅力です。 ご飯があれば、あとは冷蔵庫の中にある食材を使って、オリジナルのチャーハンを作ることができ、ちょっと本格的な味にしよう …

丸めない時短レシピ:ハンバーグ

ハンバーグといえば、てのひらを使って空気を抜きながら丸める作り方が一般的です。 しかし時短レシピでは、一番の手間となるこの作業を省いてしまうことが重要なポイントになります。 手をつかって丸めることによ …

簡単スイーツ♪【生キャラメル】の作り方!

購入すると高いスイーツも、自宅で手作りをすることで、安く安全なものを楽しむことが出来ます。 一世を風靡したスイーツの一つに、生キャラメルがありますが、意外と簡単に作ることが出来るスイーツの一つでもあり …

カレーが一段と美味しくなる隠し味:はちみつ

カレーの隠し味の定番は蜂蜜でしょう。 加える際のポイントや注意点などを紹介します。

今スグ取り入れたい!世界のヘルシー食習慣【イスラエル編】

日本人にとってあまりなじみがないイスラエルという国は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の間の部分、中東とよばれる地域にある国です。 死海やエルサレムの旧市街地の街並みなど、一度足を運んだ方であればまた行き …

楽天モーションウィジェット