【昆布】には食物繊維が豊富に含まれている!

昆布のぬめり成分には、食物繊維がたくさん含まれていますが、これは健康に良い貴重な成分と言えます。

ここでは、食物繊維を摂ることのメリットと、昆布に含まれるさまざまな栄養素の特徴について、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

食物繊維の持つ効果について

食物繊維は、健康に良い栄養素として知られていますが、これには水溶性と不溶性の2種類があります。

水溶性は、昆布をはじめとする海藻類や、バナナやキウイなどの、果物の中に豊富に含まれており、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良くしたり、コレステロール値を下げたり、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

これに対して、不溶性はゴボウや豆類、穀類などに含まれていて、有害物質を除去したり、おなかをすきにくくして食べ過ぎを防ぐといった働きを持っています。

また、これらの食物繊維で特に期待されるのが、便秘解消です。水溶性の場合は、腸内環境を良くすることで便が出やすくなり、不溶性の場合は腸の動きを活性化したり、便のカサを増すことで便秘の解消につながると考えられます。

さらに、これらを摂ることで、新陳代謝が促進されるため、太りにくい体質となって、ダイエット効果も期待できるようになります。

そして、この場合には、リバウンドもなく、栄養不足につながって健康を害するような心配もないので、ダイエットを考えている人達にもお勧めできます。

昆布に含まれる栄養素について

昆布には、水溶性食物繊維が豊富に含まれていますが、この食品の食物繊維には、アルギン酸とフコイダンがあります。

そして、アルギン酸は糖質や脂質の吸収を抑えるという働きを持っており、フコイダンは免疫力を高めたり、アレルギーを予防するなどの効果が期待できます。

また、フコイダンには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなるピロリ菌を除去するという作用があり、最近では特に注目を集めています。

この他の昆布の成分としては、うま味成分であるグルタミン酸がありますが、これは脳の機能を活性化するもので、認知症の予防としても効果が期待されています。

また、昆布の色素成分であるフコキサンチンには、血糖値を下げたり体脂肪の燃焼を促進したりする働きがあります。

さらに、昆布は骨や歯を作るカルシウムや、利尿作用のあるカリウムなどのミネラルも豊富に含んでおり、また基礎代謝を促進し、殺菌作用のあるヨウ素もこの食品で摂ることができます。

ただ、ヨウ素の場合は摂り過ぎた場合、むくみや肌荒れなどの症状が出る他、妊娠中の過剰摂取では、胎児の発育障害を引き起こす可能性があるので、特に注意が必要です。

昆布の調理法について

昆布には、さまざまな栄養素がたくさん含まれており、これを効率よく摂るには、昆布を使った美味しい食事を、できるだけ毎日摂るようにすることが大切です。

そのためには、いろいろなレシピを利用して、さまざまな形で昆布を使ってみると良いでしょう。

例えば、肉や野菜と共に炒めたり、野菜と一緒にサラダにするなど、体に良い他の食材と共に調理をすれば、さらに多くの栄養素を摂ることになり、健康に役立つメニューになると言えるはずです。

また、昆布と言えばダシをとる食品として有名ですが、その場合、煮過ぎてしまうと昆布のねばねばとした部分が溶けだすことになり、本来の美味しさが損なわれる可能性があるので、気を付けた方が良いでしょう。

以上のように、昆布は様々な形でメニューに使われることができる上に、食物繊維に関して言えば、熱で壊れるようなこともないので、火を使ういろいろなメニューで調理してみることをお勧めします。

また、これは和食でも洋食でも利用しやすい食品なので、いろいろな年代の人達に合うような、料理にできる可能性が高いと言えます。

昆布を摂る場合の注意点

昆布には食物繊維をはじめ、豊富な栄養分が含まれており、料理にも使いやすいというメリットがありますが、過剰摂取には気をつける必要があります。

これを摂り過ぎた場合は、塩分の過剰摂取になる他、ヨウ素が多すぎて甲状腺の機能を低下させたり、むくみや肌荒れを引き起こす可能性が出てきます。

また、妊娠中の場合には、胎児の発育障害を引き起こすこともあるので、特に注意する必要があります。

このように、昆布を摂るときには、その量を考えることが大切ですが、必要な量をとる方法として、サプリメントを利用するということがあります。

この場合は、使用量をしっかりと守れば、過剰摂取にならずに効果の上がる量をとることができますし、さらに、ビタミンやミネラルなどの他の栄養素が配合されていることもあるので、より大きな健康面での効果が期待できます。

ただ、栄養素はいろいろな食品から、バランスよく摂ることが大切なので、昆布を調理するにしてもサプリメントの形で飲むにしても、それだけで良いと思わずに、これ以外の食品もしっかりと摂るようにして、バランスの良い食生活を目指すことが大切です。

最後に

昆布には、多くの効能を持つ食物繊維をはじめ、体に良い栄養素が豊富に含まれているので、色々な形で調理して食べてみるようにすると良いでしょう。

ただ、過剰摂取になると、副作用が出る可能性があるので、量に注意して摂ることが必要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「ビタミン類」

お味噌汁の材料になっているお味噌は、大豆と麹(こうじ)を発酵してつくられています。

秋田県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

秋田県には、自然の豊かな観光スポットを始めとして、訪れるとそこならではの魅力を感じられるところがたくさんありますし、なまはげに代表されるような独特の文化もあります。 さらに、多くの人が訪れたら絶対に食 …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「ふきのとう」

ふきのとうは、春が来る頃を示す山菜で、春を表現する山菜として扱われることもあります。 日本全国の山や野に自生しているため、時期になると各地でふきのとうが見つかるようになります。

包丁いらずの時短レシピ:お米料理編

すぐにご飯を食べたい時、お米を使った料理があれば主食と副菜をひとまとめにできるので、時短レシピにもなりますね。

栽培しやすいハーブの種類:キャットニップ

育てやすいハーブの1つにキャットニップがあります。 育て方や使い方について紹介します。

楽天モーションウィジェット