【いんげん豆】には食物繊維が豊富に含まれている!

いんげん豆は、南北アメリカ大陸の主要作物で、ヨーロッパには、コロンブスの2度目の航海で持ち込まれたとされています。

日本には、江戸時代の前期に、明(みん)からの帰化僧、隠元(いんげん)禅師によって持ち込まれたといわれます。「いんげん」という名前は、「隠元(いんげん)」が由来とされています。

スポンサーリンク

品種は数百種類、最も日常的に食べられている豆

いんげん豆(隠元豆)は、マメ科インゲンマメ属の一年草です。生育が早い種類は、50日で収穫することができるのです。関西地方では、1年に3度収穫できることから「さんどまめ(三度豆)」とも呼ばれます。

1年中スーパーでは見かけますが、旬は、6~9月で、最も美味しく、価格も安いのは夏なのです。いんげん豆には、実が成熟する前にさやごと食べるさやいんげん(軟莢種)と、成熟した豆を食べる硬莢種があります。

また、蔓性のつるあり種とつるなし種に区分され、豊富で多様な品種があるのです。

いんげん豆の種類には、甘納豆の材料として知られる、代表的な銘柄の金時豆、豆粒の鳥のくちばしのような突起があるひよこ豆、虎のような模様が入った虎豆(とらまめ)などがあります。

軟莢種で一般的なのが、つるあり種で丸さやの代表品種、5寸いんげんとも呼ばれる、どじょういんげんです。柔らかく筋も少なく、味も良いのです。

同じく、丸さやのサーベルいんげんは、どじょういんげんよりも細く、緑色が濃いのです。平さやいんげんは、さやが扁平で幅が広いのが特徴です。

驚くほど多くの栄養素を、豊富に含むいんげん豆

いんげん豆の主成分は糖質で、タンパク質も豊富に含みます。むくみ防止効果が高いカリウム、骨の健康維持に欠かせないカルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛のミネラル類を豊富に含んでいます。

ビタミンも豊富で、疲労を回復する効果が高いビタミンB1 、血液の流れを改善し血栓などの予防効果が期待できるビタミンB2、そして、コラーゲンの生成を助けるビタミンCも含まれているのです。

またベータカロテンも豊富にふくまれ、タンパク質や尿の合成を促進する作用がある、アスパラギン酸も含まれています。また、必須アミノ酸が全て含まれていることが特徴です。

必須アミノ酸は、体内では合成できない9種類のアミノ酸、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、ヒスチジン、スレオニンです。

必須アミノ酸は、食品から摂取する必要がある、健康の維持には必要不可欠なアミノ酸なのです。そしていんげん豆は、食物繊維も豊富に含んでいます。

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルと並ぶ、第6の栄養素として重要視される栄養素です。

豊富に含まれるいんげん豆の食物繊維で身体もスッキリ

いんげん豆の食物繊維の含有量は、50gあたり、約5~9gです。豆類のなかでは、最も多く含まれています。いんげん豆は、豊富なタンパク質とミネラル、ビタミン、必須アミノ酸、食物繊維をバランス良く含んでいるのです。

食物繊維には、水に溶ける海藻類や、果物に含まれる水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、いんげん豆に含まれるのは、水に溶けない不溶性食物繊維です。

体のなかでは消化されず、体内を通り抜けるときに様々な効果を発揮します。食物繊維の主な効果は、胃や腸の内部で水分を吸収して膨張することで食欲を抑えます。

そして、膨張して便のカサを増すことで、便秘の解消や体内の老廃物を排出、老廃物だけでなくコレステロールも排出することで、コレステロール値を下げる働きもあるのです。

腸を刺激することで、腸の蠕動運動を促し、便秘を解消し便通も改善されます。腸内環境を整えることで、身体に有効な栄養の吸収効率も上がるため、美容、美肌効果も期待できるのです。

また食物繊維には、塩分(ナトリウム)の吸収を抑える働きがあるため、高血圧の予防も見込めるのです。

豆本来のシンプルな味わいが美味しい、いんげん豆

いんげん豆の下処理は、ヘタとさやのすじを取り、たっぷりのお湯で約2%の塩加減で茹でます。目安は、1リットルに大さじ1杯程度です。茹でた後は、急速に水で冷やすことです。

冷水で冷やすことで、余熱による色の劣化を防ぐこともできるのです。さっと茹でて、きゅっと冷やし、水を良く切ることがポイントです。

豆特有の甘味があるいんげん豆は、おひたし、辛子和え、サラダなど、何にでも合うのです。色合いが美しいので、付け合わせにも良く合います。

天ぷらはシンプルに揚げて、塩や天つゆで食べても美味ですし、かき揚げに入れると彩りがきれいです。いんげん豆は、マヨネーズとも良く合います。

おかかに、少量の醤油を加えマヨネーズと和えて、茹でたいんげん豆と和えるだけです。ごま油を少量まぶすと、ごまの香りが食欲をそそります。

また、いんげん豆は肉との相性も良いのです。いんげん豆2本程度を豚バラ肉でクルクル巻いて、フライパンでこんがり焼き上げます。味付けは塩胡椒、豚肉の旨みと豆の甘味でシンプルな味付けでも美味しいのです。

豚バラ肉の良質なタンパク質、ビタミンB1、コラーゲンによる滋養強壮、疲労回復効果も期待できるのです。

最後に

いんげん豆は、冷凍保存することも可能です。下ごしらえをして、塩を入れたお湯で1分程度固めに茹でて、冷水にさらし、ざるに上げて水を切り、キッチンペーパーなどでよく水分を吸い取ります。

1回あたりの使用分でラップで小分けして、ジッパー付きの冷凍に入れ、平らに並べて冷凍します。

使うときは自然解凍でも、凍ったままでも使用できるので便利です

。栄養バランスに優れたいんげん豆を、手軽に料理に取り入れましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【わかめ】

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐は、入れると美味しくなる薬味として、海藻のわかめがあります。 意外と感じるかもしれませんが、程よい塩加減と味わいは薬味として、立派にお豆腐を美味しくさせる格上げ要素となり …

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【肝臓がん予防】

ごはんとお味噌汁は、日本の伝統的な食事であり、栄養学的にも炭水化物が豊富なお米と、お米に不足しているアミノ酸をお味噌汁が豊富に含んでいることから、おかずが少なくても満腹感を感じることができ、健康効果も …

肌にいいベータカロテンは【うなぎ】で摂ろう!

滋養強壮、健康に良い美味しい食材といえばうなぎです。高級なステーキ肉にも劣らない地位を、確固たるものにしているうなぎの人気の秘密は、どこにあるのでしょうか。 成分を解き明かしてみると、その優秀さに美味 …

巻かない時短レシピ:ロールキャベツ

ロールキャベツは美味しいですが、手間のかかる料理の1つです。 タマネギやにんじん等の野菜をみじん切りにして炒めて甘みを出す、キャベツや白菜を茹でて1枚ずつばらばらにしたり、芯を取ったりする作業に時間が …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「うど」

春に採れる山菜には、さまざまなものがあり、それぞれ独特の風味が存在します。 そのような山菜の一つに、うどがあり、平地や河川敷でも採れるふきのとうとは違い、山野などに自生しているため、山の方へ行かなけれ …

楽天モーションウィジェット