【おから】には食物繊維が豊富に含まれている!

おからというと、大豆から豆腐を作る過程で豆乳を絞った際に生じる、搾りかすのことです。余りものというイメージが強いために、普段の食事ではあまり食べない方は多いです。

しかし、実はおからは、現在女性に嬉しい食物繊維が、豊富に含まれている食品として注目されています。

スポンサーリンク

食物繊維の効果について

おからとは、大豆から豆腐を作る過程で生じる豆乳の搾りかすのことです。もともと大豆からできた食品であるため、豊富な食物繊維が含まれています。

そもそも食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類がありますが、おからの食物繊維は不溶性に分類されます。不溶性の食物繊維は、水分を吸収する性質があるため、腸のぜん動運動を促して便秘を解消する効果があります。

つまり、頑固な便秘に悩まされている女性に、最適の食材といえます。その他にも、おからに含まれる食物繊維には、水分を含むと胃の中で約3倍に膨張する性質があります。

したがって、脳の満腹中枢を刺激してくれるので、食欲を抑えてくれる効能も得られます。さらに、おからには、血管に付着した脂肪を洗い流すことで、脂肪の吸収を抑えるサポニンという成分もたっぷりと含まれています。

つまり、おからを食べる事で、運動や食事制限などをせずに、効率よく痩せることが可能です。このように、おからはただ食べるだけで美容効果を得ることができる食材といえます。

スーパー、お豆腐屋さんで低価格で買えるものなので、一度試してみるといいです。

食べる際に気をつけること

おからは、食物繊維が豊富で美容にとてもいい食材なので、たくさん食べたいとついつい考えてしまうものです。ただ食事で取り入れる際は、必ず1日50gぐらいを目安に食べる事が大事です。

というのも、食物繊維が豊富に含んでいるため、食べ過ぎるとお腹が緩くなる可能性があるからです。普段、便秘で悩んでいる人には、便秘解消効果がありますが、そうでない人は腹痛や下痢を起こすことがあります。

なので、健康のために摂取量を考えながら、食べたほうが良いです。それと、おからを食べる際は、必ず十分な水分補給を心掛ける事が大事です。

その理由は、水分を取らずに一度に大量に摂取すると、大腸内の水分を一気に吸収して、便秘を引き起こすからです。便が硬くなり、大腸を通りにくくなってしまうので、絶対に水分補給が大切になります。

あるいは、便を柔らかくする効果のある海草などの、水溶性食物繊維が含まれる食品を一緒に食べるといいです。

美容効果が高い食品ですが、食べ方を間違えると、逆に美容に悪い効果を招いてしまう事があります。なので、注意して摂取する必要があります。

冷凍庫での正しい保存の方法

生のおからは、女性にとって非常に嬉しい効果があります。なので、毎日摂取するために、スーパー等で買い溜めしたいと考える方も多いです。

しかし、1つ気をつけないといけない事は、おからは保存料などを一切使っていないので、賞味期限が非常に短いことです。

きちんと冷蔵庫で保管しても、せいぜい2、3日くらいしか持ちません。なので、食べる分を買ってきた日に調理して、残りはすぐに冷凍保存することをおすすめします。

冷凍保存する際のポイントは、まずフライパンで乾煎りして水分を飛ばしてから、保存袋に小分けにして入れることです。おからは水分を多く含んでいるので、乾煎りしないとガチガチに凍ってしまいます。

なので、解凍した際に品質が落ちて、味が変わってしまうのです。そして、冷凍保存したものを解凍する際は、電子レンジではなく、絶対に自然解凍をする事がとても大事です。

早く解凍させたいと熱を入れてしまうと、傷んでしまう可能性があるからです。時間をかけて自然解凍した方が、味が落ちずにおいしく食べることができます。

おからを使ったおすすめの料理

普段、調理をしない人は、どのように食べればいいのか戸惑ってしまうものです。ただ、おからは味の主張がない食材なので、普段の料理に積極的に活用できます。

たとえば、おからを使った料理の定番といえば、卯の花が挙げられます。卯の花の調理方法は、にんじん、ごぼう、干ししいたけ、長ねぎ、ちくわなどお好きな食材を細かく切っていきます。

そして、鍋に油を熱して、切った食材、おからを入れてよく炒めていきます。その後、砂糖、しょうゆ、酒、だしで味をつけて、ほどよくしっとりしたら完成です。

卯の花は、おばあちゃんが作った料理のように、どこか懐かしさを感じさせる味です。入れる具をいろいろ自分なりに工夫して、我が家だけの味を作ってみると楽しめます。

その他にも、おからは肉団子を作る際に一緒に混ぜると、美味しく頂けます。挽き肉と同じくらいの量を入れるだけで、普段作るよりも食感がふわふわの肉団子に仕上がります。

何もつけずに食べても美味しいので、弁当のおかずにもぴったりです。さらに、シチュー、お好み焼きなどに一緒に入れても、おからは美味しくなります。

最後に

おからは、女性の美容にも良く、スーパー等で安い価格で買い求められる食品です。

さらに、色々な料理に気軽に使う事もでき、美味しく頂くことが可能です。

なので、身体の内側からきれいになりたい人はぜひ、一度試してみるといいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

  • Title

    […]very few internet sites that happen to be in depth beneath, from our point of view are undoubtedly nicely really worth checking out[…]

  • Title

    […]here are some links to sites that we link to mainly because we think they’re really worth visiting[…]

  • -->

    関連記事

    お米を美味しく炊く裏技:みりんを加える

    新米が炊き上がったときのようなご飯一粒一粒がつやつやな炊き上がりになるように、古くなったお米に一手間かけてみるとおいしく炊き上げることが出来ます。

    肌にいいビタミンCは【ゴーヤ】で摂ろう!

    沖縄料理の代表でもある、ゴーヤチャンプルーで知られるゴーヤですが、普段はあまり食べないという人が多いかもしれません。 体には良さそうだけど、あまり詳しく知らない、少し興味があるという人に、魅力を紹介し …

    長野県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

    長野県は、日本アルプスや八ヶ岳連峰などの山々に囲まれ、風光明媚な景色が特徴になる地域です。 独特な食文化を形成していることもあり、ご当地グルメについても魅力的なものが多数あります。 海はありませんが、 …

    毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「蒸す」

    一日に必要な野菜の量は、350gといわれていますが、実際に野菜をサラダだけで取るとすると、大変な量になります。 もちろん、色々な料理に含まれている野菜も少なからずあるので、全てをサラダからとる必要もあ …

    1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「トマト」

    1日漬けるだけで、簡単に出来上がるのが、味噌に漬けると美味しいトマトです。最初は驚く人もいるでしょうが、そのまま1個を丸々使うと、見た目のボリュームもあります。 それに、意外と見た目は、おしゃれ仕上が …

    楽天モーションウィジェット