【わかめ】には食物繊維が豊富に含まれている!

日本人にはお馴染みの、定番中の定番食材、わかめ。けれどその万能性は、あまり知られていません。わかめは食物繊維がとっても豊富な食材だとは、ご存知ですか?

それによる便秘の改善だけでなく、コレステロール値を減少させ、美しい肌や髪の生成を助けてくれる食材でもあります。

また、ダイエット、アンチエイジング、生活習慣病予防、ガン予防にも効果がある、まさに魔法の食材です。

スポンサーリンク

食物繊維には2種類ある!?

お通じにいいとされる食物繊維には、水溶性と、不溶性の2種類があります。その名の通り、水に溶けやすいか、水に溶けないか、の違いです。水に溶けない不溶性食物繊維は、そのままの状態で、大腸までたどり着きます。

食べたものの体積が変わらないため、途中で、胃壁や腸壁を刺激することによって、それぞれの器官の働きを促進してくれる働きがあります。

大腸を刺激する事で便秘の改善を、小腸を刺激することで免疫系の調節を促します。ごぼう、大豆、きのこなど、繊維質の野菜に多く含まれる食物繊維です。

それに対して、水溶性食物繊維は、水分と溶け合い、食べたものを包み込んでくれます。便を軟らかくして、排出しやすくする作用があります。

また、食べたものの消化や吸収が穏やかになり、急激な血糖値の上昇も防いでくれます。

ストレス性の便秘には、絶大な効果があります。加えて、肥満防止の効果も望めます。さらに、コレステロールの作用を弱める働きがあるため、摂取すれば、生活習慣病予防にもつながります。

水溶性は、わかめなどの海藻類に多く含まれる、食物繊維です。

日本人は水溶性食物繊維が足りない?

食物繊維には、2種類あるとご説明しました。この二つのうち、日本人は平均して、水溶性が不足している傾向にあるそうです。水溶性と不溶性の二つのバランスが整わなければ、体に有効とはなりません。

少しでも、不足分を補いたいものです。海藻以外で、水溶性食物繊維を含む食材は、とても限られています。食物繊維が豊富、といったイメージのある、バナナやこんにゃくには、水溶性がほとんど含まれていません。

中でも勘違いされやすいのが、こんにゃくです。 株式会社マンナンライフから発売されている、ゼリーの「蒟蒻畑」には、水溶性も多く含まれていますが、こんにゃくそのものにはほとんど含まれていません。

こんにゃく芋の状態では、確かに多少の水溶性食物繊維が含まれています。しかし、こんにゃくに加工する工程で、そのほとんどが不溶性に変質してしまうためです。

その点、海藻類は「乾燥させても、水溶性食物繊維が失われない」ため、乾物からも問題なく摂取できるのが、優れたポイントでしょう。

また、海藻類は水溶性の含有率が高いため、効果的に摂取するには有用な食材です。

わかめには水溶性、不溶性、両方の食物繊維が豊富

さて、海藻類には、水溶性食物繊維が豊富に含まれているとご説明しました。 中でもわかめは、その宝庫と言われています。

わかめには、乾燥重量の約40%の食物繊維が含まれています。乾燥わかめを5g食べれば、約2gの食物繊維が摂取できる計算です。 また、その量だけでなく、成分の種類も豊富です。

水溶性食物繊維のアルギン酸、不溶性食物繊維のセルロースをはじめとし、様々な成分を有しています。このように、わかめには、水溶性だけでなく、不溶性の食物繊維も含まれています。

さらに、ビタミンも豊富です。その量は、野菜や果物に劣りません。

腸内で吸収されるとビタミンAに変化する成分、カロチンが、乾燥わかめにはホウレン草の約1.1倍、板わかめに至っては、カロチンが豊富と言われる野菜パセリの、約1.2倍の量を含んでいます。

ビタミンB、ビタミンCも豊富です。ビタミンCは、生わかめにも、乾燥わかめにも、100g当たり15mg含まれています。栄養素は、バランス良く摂取して初めて、本来の効果を発揮するものです。

これらの栄養素を一度に摂取できるわかめは、まさに、健康に欠かせない万能食材と言えるでしょう。

わかめに含まれる成分と、その様々な効果

わかめの凄さは、まだ止まりません。わかめに含まれる成分の一例と、働きをご紹介します。アルギン酸は、不要な塩分やコレステロール、有害物資などを、体外に排出してくれる働きのある成分です。

高血圧の予防に、効果があります。セルロースは不溶性のため、腸内で水分を吸収しながら膨らみ、大腸を刺激してくれる働きがあります。

便秘の改善に効果的な上、満腹感を得やすくする成分でもありますので、ダイエットには有用です。ヨードは、脂質・糖質の代謝の促進し、脂肪燃焼を促す効果があります。

体を、ダイエットしやすい体質に変化させることが、可能な成分です。タンパク質の合成にも関わるため、肌や髪を美しく維持する働きもあります。

血中コレステロール値の減少、動脈硬化の予防、アンチエイジング、美肌に効果があるとされています。ただしこれらは、過剰に摂取するべきではありません。

セルロースを過剰に摂取すると、過剰に大腸を刺激し、下痢の原因となります。また、ヨードを過剰に摂取すると、過剰に甲状腺ホルモンが作られ、甲状腺の病へのリスクが高まります。

これらの成分を含むわかめは、一度に大量摂取するのではなく、毎日適量を摂取し続けることが大切です。

最後に

わかめには、実に様々な効能があります。女性にも、男性にも、お子さんにも、ご老体にも、有効な働きを有しています。

その上、全国どこでも手軽に手入でき、様々なアレンジで食べられる食材です。

さっそく今日から、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, , , ,

関連記事

身体を温める野菜【赤唐辛子】

スポンサーリンク 赤唐辛子で身体を温めよう 身体を温める効果の高い野菜として、赤唐辛子が挙げられます。 生姜やわさびなどと並んで、身体を温める効果が強いです。 東洋医学の食養生 東洋医学では、食べ物に …

カレーが一段と美味しくなる隠し味:はちみつ

カレーの隠し味の定番は蜂蜜でしょう。 加える際のポイントや注意点などを紹介します。

花粉症の症状を改善してくれる食べ物「ローズマリー」

ハーブのローズマリーは、シソ科で地中海が原産地です。ハーブの花、葉、茎に効能があり、清涼感のある強い香りが特徴です。

塩麹で菌活しよう!

菌活と言っても、何か特別な事をする必要は全く無く、実際には身近にある食品でも簡単に行う事が出来ます。 中でも塩麹は調味料として利用出来、食材のうまみを引き出す事も出来るので十分活用するメリットがありま …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【お湯を注いでお茶にする】

スーパーフードとして、一躍注目を浴びたクコの実は、ゴジベリーとも言われます。1cmくらいの細長い赤い実で、通常、乾燥した状態で販売されています。

楽天モーションウィジェット