デジタル遺品はどう整理すればいいの?


デジタル遺品とは、ネット上に残されたデータを始めとして、パソコンのハードディスクやスマートフォンに保存されているファイルがあてはまります。

具体的には、ブログやSNSのアカウントであったり、携帯電話やデジタルカメラで撮られた写真等が該当します。

また、ゲームをする人ならセーブデータやプレイ動画もデジタル遺品となるでしょう。

これらの情報は、そのどれもが故人と強く結び付き、プライバシーと深く関わっています。

本人が生前整理を行なわなければ、デジタル遺品は残された遺族の手元に残るので、データをどう取り扱って良いのか、新たな悩みの種になり得ます。

仮に、生前整理が行なわれていなくても、デジタル遺品の扱い方に関して本人から希望が残されていれば、希望に沿う形で保存したり処分することが出来ます。

しかし、大抵の場合は生前整理が不足していたり、データの取り扱い方が決まっていないケースが少なくないので、事前に取り決めをして、デジタル遺品の発生に備えることが大切です。

スポンサーリンク

万が一のために備えておこう

生前整理をする

データを所有する側で、デジタル遺品を発生させる可能性がある人は、生前整理でデータを削減することがおすすめです。

例えば、使っていないアカウントは閉鎖したり、重要性の低いデータは削除する等、デジタル遺品が残される側の立場を考えて、データ量を減らすことがポイントです。

生前整理をする時は、保存先のメモを残すのが有効で、遺族はメモを元に優先順位を決めて行う整理が実現します。

しかし、インターネットが普及した現在では、デジタル遺品がネットを中心に残される可能性が強まります。

つまり、誰でもネットにデジタル遺品を残したり、整理が必要な場面に直面する確率が十分にあるので、データの取り扱い方について、良く考える必要があります。

利用しているアカウントとパスワードをメモしておく

生前整理で心掛けておきたいのは、連絡用に使っているメールアドレスと、関連する登録情報をリストアップしておくことの2点です。

用途別に分類して、アカウントをメモしておくのも、生前整理を効率的に進めたり、万が一遺族に託すようになった場合に役立ちます。

遺族の立場になった時、遺品の登録情報やアカウントのパスワードが不明なら、どうにも手が付けられない状況に陥ります。

生前整理でヒントが残されていれば、無事アカウントにログイン出来たり、データにアクセスすることが可能となります。

ところが、一切情報もヒントもないとしたら、ログインのハードルは極端に上がるので、本人と家族共に、その点を踏まえることが求められるでしょう。

アカウント情報やパスワードが残されていない場合は、ヒントがないか身の回りから探します。

次に、ヒントがなくお手上げであれば、サービスの提供元に問い合わせて、遺族にアクセス許可が下りないか、ダメ元で確認することが現実的です。

メモを元に整理する

生前整理をしてメモを残しておければ、遺族はメモを元に優先順位を決めて整理を行えます。

思い出の写真や文章、イラストは保存出来る余地がありますから、積極的にデータを回収することが重要です。

プライベートな情報は、例え家族であっても見られたくないものですが、本人が亡くなれば残りますし、データ量が増える程デジタル遺品の扱いが難しくなります。

この問題を解決するには、少しずつでも生前整理を進めることが、遺族とそして本人の為になります。

しかし、問題となるのはネット上から移動出来ないデータです。

SNSは該当アカウントのデータを保存しても、全てが残せるとは限りません。

ただ、現実的に完全な状態でデータを残すのは困難なので、何処かで妥協したり、諦める選択肢を考える必要があります。

デジタル遺品の整理には、膨大な時間と手間が必要ですし、遺族に無限の時間があるわけではないので、優先度や条件を決めて処分を決定することが不可欠です。

取り扱いが難しいデータは、あえて元の場所に残しておき、触れたい時にだけ目を通す方法が挙げられます。

ローカルに保存出来ないので、サービスが変更されたり終了されれば、それと同時にデータが消滅する可能性はあります。

流れに任せる選択肢となりますが、このようなデジタル遺品は管理が難しいので、処分方法が決まらない時の有力な候補となるでしょう。

生前整理が行われていない場合

デジタル遺品を整理する際、気になるのは本人の気持ちですが、生前整理が行なわれていなかったり、希望が残されていない以上、本人に確認する手立てはありません。

データをどうするかは、遺族に任せられますから、気持ちの整理が付いていない遺族にとって、デジタル遺品はいつまでも処分出来ないものになるでしょう。

デジタルは物質ではなく、物のように保管の手間がないのはデジタル遺品の利点ですが、保存している先によっては、月額料金や年間の負担が発生します。

クラウドストレージは、今や一般的なサービスなので、誰が利用していてもおかしくないといえます。

デジタル遺品は時に、こういったストレージに保存されていたり、それが有料のサービスだったりします。

データを整理する場合はまず、削除するか否かに関わらず、可能な限り有料の保存先や、ネット上のデータから先に、ローカルストレージに移すことが必要です。

写真や創作物は特に、オンラインサービスとの相性が良いですから、様々な場所に保存してされていると考えることが出来ます。

保存先と用途が明らかであれば、デジタル遺品の移動や処分が行いやすくなります。

最後に

デジタル遺品に関する問題は近年急激に大きくなっているので、まだ社会の対応が追い付いていない状態だと考えられます。

オンラインサービスには遺族への対応に改善の余地はありますが、遺品を残す本人や家族に出来る準備もあるので、他人事とは思わず、もしもに備えておくことが肝心です。

もし、どうしても見られたくないデータがある場合は、データを消去するソフトや処分してくれるサービスを利用するといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

クレジットカード「エポスカード」の特徴やおすすめポイント

エポスカードは、マルイが取り扱っているクレジットカードです。 丸井での買い物はもちろん、様々なインターネット通販でも、ポイントが貯まりやすい特徴を持っており、とりあえず持っておけば、何かと便利なクレジ …

クレジットカード「シェル-Pontaクレジットカード」の特徴やおすすめポイント

シェル-Pontaクレジットカード は、「昭和シェル」と「Ponta」が提携しているクレジットカードです。 昭和シェルは、日本全国に約4,900のサービスステーションがある、有名なガソリンスタンドで、 …

繊維の種類と特徴を把握する:シルク

独特の光沢を放つシルクは、古くから人々に愛されてきた繊維の1つです。 蚕の繭から作り出される動物繊維で、木綿や麻、ウールなどと並ぶ四大天然繊維の1つといわれています。 人工的に作り出すことの出来ない、 …

どんな基準で捨てるべき?断捨離ライフ

要らない物を処分して身も心もすっきりできるとして断捨離が人気です。 物が溢れた暮らしから解放されることによって人生まで豊かになると言われており、ただの部屋の整理とは違った効果に期待ができます。 ただ、 …

U-mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

今スマートフォンを使っている人は、格安SIMに乗り換えてみるといいでしょう。 これは、大手キャリアのプランよりも、非常に安いのが魅力です。 今回は、格安プランや安価なスマートフォンを扱っている、U-m …

楽天モーションウィジェット