DIKADOLLのドールの魅力!お迎え方法は?

中国のドールメーカー、DIKADOLLのドールについて紹介します。

スポンサーリンク

DIKADOLLはどのようなドールなのか

中国にあるドールメーカー、DIKADOLL。

このドールメーカーが主に販売しているのは、「3分の1サイズ」と呼ばれるドールです。

ドールはその大きさによって何種類かに分かれます。

例えば一般的なドールハウスの場合は「12分の1」サイズとなります。

シルバニアファミリーもこのサイズに分類され、人形の大きさはおよそ11cmほどとなります。

一方、着せ替え人形として有名なリカちゃんやバービーなどは、「6分の1」サイズに分類されます。

この場合、人形のサイズとしては22cm~27cmほどとなります。

そしてDIKADOLLで販売されているドールですが、このドールメーカーで取り扱われているのは「3分の1」サイズとなります。

単純に考えると、リカちゃんの2倍というサイズになります。

では具体的にどの程度大きいのかというと、女性タイプは40cmほど、男性タイプは70cmほどとなります。

また、子どもタイプも売られており、そちらになるとサイズは20cmほどとなります。

そして、ドールの分類方法としてもう一つ挙げられるのが、関節が動くかどうかです。

例えばリカちゃん人形の場合、肩・足の部分に関節が入っていますが、ひじなどには入っていません。

このように、ドールの種類によって関節の入っている数、動く場所が大きく異なります。

ではDIKADOLLの場合はどうかというと、関節の数は比較的多いです。

腕は肩・ひじ・手首の3か所、足はつけ根部分と膝の部分に関節が入っています。

また、胴体も胸・お腹・腰と3か所に分かれています。

このように関節が多いため、様々なポーズをとることが可能になっています。

DIKADOLLのドールの特徴とは

さて、3分の1サイズのドールを取り扱っているドールメーカーは様々ありますが、その中でもDIKADOLLのドールには、いくつか大きな特徴があります。

まず最初に感じるのが、メイクです。

ドールメーカーによってドールのメイク方法は様々ありますが、DIKADOLLの場合、目の周りがうっすら赤みを帯びていることが多いです。

黒縁も行われるため、目がとても大きく見えます。

また、眉毛も毛並みを意識しながら描かれているため、まるで本物のヒトのような感じになります。

次に大きな特徴として挙げられるのが、ハンドパーツです。

ドールメーカーの中には、ハンドパーツの付け替えが可能なところも多くあります。

こうすることにより、例えばピースをさせたりなど、様々なポーズをさせることが可能となります。

さて、DIKADOLLの場合、ハンドパーツの種類自体はそこまで多いわけではありません。

というよりも、そこまで多くする必要性がないといえます。

なぜなら、DIKADOLLで販売されているハンドパーツは、どれも指の関節まで動くためです。

DIKADOLLのハンドパーツには、実際のヒトと同じ数だけ指に関節が入っています。

そのため、人の手とまったく同じ動きをさせることが可能となっています。

なお、DIKADOLLの場合、ハンドパーツだけ付け替えることも可能となっていますので、例えばハンドパーツにネイルを施し、季節によって指先だけ変える、といったアレンジ方法も可能となっています。

これも、高い技術があるからこそなせる楽しみ方の一つです。

DIKADOLLのドールをお迎えするためには

さて、魅力のたくさん詰まったDIKADOLLを実際にお迎えにはどのような方法があるのでしょうか。

その方法はいくつか考えられます。

まず最初に考えられるのが、DIKADOLLの公式サイトで購入する方法です。

たしかにこの方法なら、確実に手に入れることも可能ですが、一つ注意点があります。

それは、日本語表記がないことです。

そもそもDIKADOLLとは、中国のドールメーカーです。

そのため公式ホームページでの言語も、中国語か英語しかありません。

インターネット通販のページも中国語表記のため、細かい説明を見ながら購入したい場合は少し考えたほうが良いでしょう。

ではどこから購入するのがおすすめかというと、様々なドールメーカーのドールを取り扱っているドール専門店での購入です。

現在、日本にも様々なドール専門店があります。

複数のページを見たうえで、自分の気に入った専門店で購入するようにします。

そして自分の中でお気に入りの子を見つけたら、いざお迎えの準備です。

実際にドールを注文する際、メイクはするかどうか、ハンドパーツはどうするか、そしてボディーの色はどうするかなど、様々な設定を細かく決めて行きます。

アイパーツに関してはランダムのところもあるので、そのあたりも注意するといいでしょう。

そして実際にお迎えしたら、自分の手でドールを完成させていきます。

というのも、DIKADOLLはウィッグをつけるタイプだからです。

お迎えしたての状態の時はまだ頭にウィッグがついていないため、ウィッグをつけてあげ、きれいに整えていきます。

3分の1ドールの場合、価格も高めでお迎えするにも勇気がいるかもしれません。

ドール専門店のキャンペーン等も利用しながら、自分にとってお気に入りとなる子を迎え入れましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

トレーディングカードゲーム「ドラゴンクエスト トレーディングカードゲーム」の魅力とは?

ドラゴンクエスト トレーディングカードゲームは、初心者にも分かりやすいルール設定になっています。 1986年から現在までに発売されたゲームソフトから派生した、ドラゴンクエストのトレーディングカード版で …

コレクター心をくすぐるカプセルトイ!カプセルQミュージアム

「作りたいモノは星の数ほどある」がキャッチフレーズの海洋堂が、累計1億3千万個を売り上げた伝説のフィギュアシリーズ「日本の動物」の復刻版と、恐竜・芸術・妖怪・戦車・食文化など、ありとあらゆる森羅万象を …

プラモデルやフィギュアの塗装に!Mr.カラースプレーの特徴と使い方

Mr.カラースプレーはGSIクレオスが販売するスプレータイプの塗料です。

ボードゲーム「スコットランドヤード東京」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク スコットランドヤード東京はどんなゲーム? スコットランドヤード東京(Scotland Yard Tokyo)は東京を舞台に、逃げる怪盗ミスターXと追いかける刑事たちに分かれて捕物劇を …

TRC東京流通センター開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

TRC東京流通センターの展示場は、毎月頻繁にコスプレイベントが開催されており、TRCイベントの略称でコスプレイヤーに親しまれています。

楽天モーションウィジェット