初めてのディナーショー:失敗しない服装選びのポイント

ディナーショーの料金はだいたい数万円程度であり、結婚式に参列する際にご祝儀で包むような金額とさほど変わらないか、それよりも上回るような値段設定になっていることがほとんどです。

そのため、結婚式に参列するような服を着てディナーショーに参加した方がいいことが考えられます。

スポンサーリンク

気合を入れる人が多いディナーショー

男性の場合はタキシードでなければならないということはなく、普通のスーツにハンカチを胸に入れるぐらいで十分ですが、女性の場合はそのあたりは慎重にならなければなりません。

そもそもディナーショーはちゃんとしたホテルで行われることがほとんどであり、宿泊するのに数万円以上、スイートルームなら10万円を超えるような場所です。

当然ながら暗黙の了解という形でドレスコードも設定されているところも存在します。

そのため、フォーマルなものにすることが望ましく、服選びに関しても、ドレスコードを意識した形にしておくことが大切です。

年齢に合った服装

また年代別で服選びを気を付けるというのも必要です。

30代のように今後ドレスで結婚式に参列してもいいような格好で十分であり、既存のもの、もしくは結婚式と兼用という形で服選びをするというので大丈夫です。

40代50代と年齢が上がるにつれ、年相応な服選びが求められ、女性としての上品さを第一にした方がいい場合があります。

年齢を無視した若さのアピールは、周囲への影響を考えると得策とは言えません。

目の前に憧れの人が現れるということもあり、多くの人が気合を入れますが、入れすぎると浮いてしまうことがあるため、ほどほどのラインが求められます。

これだけは避けたい、ディナーショーで浮いてしまう服装

女性の場合、服装はドレスが一番安定していますが、ドレスならなんでもいいということではありません。

ドレスコードに引っかかるようなもの、また結婚式でそれを着てきたら白い目で見られるであろうものは避けなければならず、同性から嫌われるようなものは着ないことが求められます。

×丈の短いドレス
その代表格と言えるのが、キャバクラで働く女性が着るような丈の短いドレスです。

セクシーさを出すためにそれを着てアピールするという意図はわかりますが、周りの女性にすれば気分が悪く、高級ホテルにふさわしい格好とは言えません。

何のためにディナーショーに行っているのかわからなくなるような服装は控えた方がよさそうです。

×カジュアルすぎる服装
そういう意味ではあまりにカジュアルな服装というのも不向きです。

ジーパンで行くような格好は似合う人は似合うものの相当限られ、おしゃれに着こなさない限りは軽装としか思われません。

結婚式にジーパンで来る人はいないように、普通ディナーショーでそのような格好で訪れる人はまずいないため、注意が必要です。

×ショートパンツ
ショートパンツも同様であり、セクシーさは出るものの、周囲の男性を誘惑させに来たわけではないことを肝に銘じたいところです。

×普段すぎるスーツスタイル
男性もスーツで十分とはなっているものの、仕事先から直接駆けつけたような格好は若干浮いてしまう可能性があります。

ネクタイを高級なものにする、普段使わない結婚式用のものにするというのがおすすめです。

ワイシャツを新調するなど細かなところを変えておくと、気合が入りやすいというのもあるため、会社とは違う着こなしをすることも大事です。

羽織り物がいいアクセントとなることも

ドレスを着る場合、どうしても肌の面積が多くなるというのがネックです。

一見、夏場だとよさそうな格好に見えますが、ホテルの中は冷房が効いており、とても寒く感じ、体調を崩しやすいという側面があります。

このため、羽織り物を持っていき、寒い時にはそれを着るというのがおすすめです。

羽織り物があることによって、女性としての上品さを醸し出すことができることからも、いいものを持っていきたいところです。

また、冬の時期にディナーショーが多くあるため、いわば必需品とも言えます。

おすすめなのはレースをあしらった羽織り物です。
上品さ、高級さ、女らしさを醸し出すにはレースが最適であり、空調が効いていてちょっと避けたいという場合にはいいアイテムとなります。

冬の寒い時期ということになると、ラビットファーと呼ばれる肌触りのいいモコモコしたものがおすすめです。
暖かいだけでなく、ラビットファー特有の柔らかみ、色の上品さも女性としての魅力をさらに高めるものとなります。

参加するディナーショーに合うものを

もちろん、どのようなファッションにするかというのは出演者の傾向で調整することも必要です。

例えば、ものまねライブのようなところに上品さ全開で行けば浮いてしまうこともあります。

ですが、演歌歌手、イケメンで売っているような男性歌手などのディナーショーならそれがベストということもあえります。

誰のディナーショーに行くのか、ということもしっかりと考えておくことをおすすめします。

最後に

結婚式などに比べれば自由度がとても高いため、何回かディナーショーに行くうちに自分なりの服装を仕立て上げることはできます。

最初のうちは結婚式に参列するような服装で行くのが無難です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, 舞台・ライブ
-

関連記事

つい毎日見てしまうオススメの情報番組について

情報番組は各局が特に力を入れて制作している番組のジャンルの1つです。 取材力はもちろん、番組構成や出演者の顔ぶれ、扱う内容のバランスなど、たくさんの要素が重要となります。 また、情報番組の多くは月曜日 …

貴志祐介の小説のおもしろさとオススメの1冊

人気の小説家は数多くいますが、今回はその中でも貴志祐介さんについて紹介します。

今推すべきアイドルとは?日本の女性アイドル編

現在、女性アイドルグループは数多くあります。 特にAKBグループが知名度も人気も高いですが、注目してほしいおすすめグループを紹介します。

Amazonプライムで見れるおすすめ恋愛映画3選

プライムビデオでは名作中の名作もしっかりと見ることができるのがうれしいところです。 最近では昔の映画がなかなか見られなくなってきていますし、特に恋愛ものはどんどんと新しいものが出てくるので、昔のものは …

パンクロックにハマるきっかけとなったアーティスト

甲本ヒロトと真島昌利といえば、日本のパンクロックを代表するアーティストです。 他の様々な日本人アーティストに影響を与えたと言われ、私がパンクロックという音楽を聴くきっかけとなったアーティストもこの二人 …

楽天モーションウィジェット