DIYでキッチンの雰囲気を変える!食器を見せる収納

雑誌やインテリアショップなどで、見せる収納を上手に活かしている例を、見たことがある人も多いのではないでしょうか。
見せる収納はオシャレに見えますし、憧れを抱く人もいらっしゃるでしょう。

ですが、食器はもちろん、調味料や調理器具、食材など、キッチン周りは大きなものから細々したものまで沢山の物があります。食器棚に収納したり、シンク下にしまうだけでは収納スペースが足りないというご家庭も少なくないのではと思います。

そんな時におすすめなのが、自宅キッチンに合った棚や、キッチンラックをDIYすることです。
ちょっとしたアイディアで、すっきり収納できるキッチンに早変わりしますし、憧れの見せる収納も実現します。

スポンサーリンク

つっぱり棒を利用したDIYなら簡単!

ただし、賃貸の部屋に住んでいる方は、壁に棚を付けたいと思ったとしても、釘が使用できないので無理と考えることが多いでしょう。
ですが、棚を壁に取り付ける前に、ベニヤ板を使って壁をコーティングしておくと、賃貸でも棚を取り付けるDIYができます。

ベニヤ板であれば、問題なく釘が打ち込めますので、DIYを諦めていた人も参考にしてください。

こうしておけば、小さなL字棚を壁に取り付けて、そこにコーヒー用の砂糖入れやミルク入れなど小さな食器を見せて収納できます。

また、昔の賃貸物件に多く見られるのが、シンクの上部に水切り棚がついているケースです。

この水切り棚を使う場合、実際どういう活用すれば良いか迷う方もいらっしゃるはずです。
こういった水切り棚には、木の天板を用意して乗せましょう。正面から見える天板部分には、オシャレな布を接着剤または両面テープで貼ると、水切り棚のワンポイントになります。

これなら非常に簡単にDIYができます。

DIYの醍醐味は自分で作る棚!

インテリアが好きな人の中には、キッチンにもこだわりをもってインテリアを楽しむ人が増えています。

食器を収納する食器棚も、工夫次第でDIYできます。
キッチンは限られた空間になっているため、棚のサイズや素材選びも重要になってきます。

カフェのように、見せて収納できる食器棚も夢ではありません。本格的なDIYは難しそうという方は、木材とA4サイズのフォトフレームを使って、簡単な食器棚を作るのもおすすめです。

まず、フォトフレームは裏面についている爪をドライバーを使って外しておきます。本体そのものを組み立てる前に、板の上に塗料を塗りましょう。

次に、土台部分となる板と、側面になる台形板を組み立てていきます。この時、ボンドや釘を使ってとめていきましょう。細長いビスを使ってもOKです。

本体になる部分を立てて、中板で支えるようにして組み立てれば、1人だけでも作業するのが楽になります。中板の部分も、ボンドと釘を使って組み立てましょう。
中板と上板にグラスのような重い食器を置く際には、L字金具を使って板裏を補強することをお勧めします。木皿のように軽い食器なら、補強は不要です。

本体が上手に組み立てられたら、フォトフレームへ取っ手を付けますが、蝶番を使って本体そのものにビスで固定します。
この時、フォトフレーム2枚をボンドで貼って一つにしてもOKです。フレームは、扉の役目になりますので、2枚を1つにしておく方が、出し入れする際に楽になります。

さらに、本体の側面にプレートなどで装飾するなら、この時点でやっておきましょう。透明のアクリル板をボンドで付ければ完成です。

すのこを使った簡単にできるDIY

押し入れ用のイメージが強いすのこですが、軽く柔らかい木材で作られているため、加工するのも簡単で、DIYにも適しています。
すのこを使えば、簡単な棚も作ることができます。

まず最初に下穴を開けますが、すのこの裏側の足を活用して棚を作っていくのがポイントです。
角の部分同士を合わせたら、木ねじを使って組付けをしましょう。

道具には、インパクトドライバーまたはキリを使います。下穴を開ける場合は、組み付けに使う木ねじの太さを確認し、70%程度になるように穴を開けていきます。

この時、あまり端に木ねじを打ち込んでしまうと、木に割れが生じてしまうので気をつけるようにします。

そして、ねじを締め込み過ぎないように注意しましょう。棚の端の4ヶ所へ木ねじを打ち込み、一段目が完成します。
この作業と同じように、二段目、三段目を重ねていきます。一番上まで組み付けたら完成です。コーヒーカップやお皿などを飾って見せる収納棚のでき上がりです。

さらに、ちょっとしたスペースしかないという方は 小さいサイズのすのこ2枚と木材を4枚使って作る、ミニシェルフがおすすめです。
キッチンカウンターに置けば、小さな食器や細かい物を見せてしまうことができます。

すのこは、それぞれ一枚ずつ縦に2つになるように切り、金具でつなぎます。コップやマグカップなどを置く程度なら、強度も大丈夫です。
すのこの出っ張った部分に、板を乗せたら木ねじで固定したら完成です。

ミニサイズなので、キッチン周りに置いても邪魔になりません。

丁度良いサイズのシェルフがない場合、DIYを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

クレジットカード「リクルートカード」の特徴やおすすめポイント

リクルートカードは、リクルートがリリースしている、高還元率が特徴的なクレジットカードです。年会費が無料で、還元率が1.2%という特典があります。 ポンパレモールでお買い物すると、ポイントがもらえたり、 …

絶対欲しい調理家電!フィリップスのノンフライヤー

おいしい揚げ物を、家庭で簡単に作れる調理家電のフィリップスノンフライヤーが人気です。 フライ料理などがおいしく簡単にできて、なおかつ取り扱いがしやすいなど、調理家電に求められる機能がしっかり整っている …

電子レンジ掃除のコツ

色々なものを温めることが出来る電子レンジは調理器具としてなくてはならないものですよね。 最近では多機能のものが増えてきて、食材を温めるだけではなく、お料理をするための器具としても利用している人が多いの …

洗い方をマスターする:ダウンケット

家では到底無理だろうとあきらめてしまう人も多いですが、意外とダウンケットは自宅でも洗うことができます。 クリーニングなど専門店に出さないと、綺麗にはならないということはありません。もちろん、洗濯表示を …

初心者におすすめのペット:ボールパイソン

爬虫類のペットを飼うのは難しそうだと感じる方は多いかもしれませんが、ボールパイソンはそんな爬虫類飼育初心者の方にお勧めのペットです。

楽天モーションウィジェット