【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeキッチン収納

収納はとても大切で、少しの大きさの違いでもしまう物の量に差が出てきます。
そのようなときには、収納箇所を増やすことも大切で、収納ラックなどを使用したりすることもあります。

リビングや寝室などであれば、収納ラックなどを利用することで簡単にものをしまうことができますが、キッチンの場合には注意しなければいけないこともあります。

キッチンは、毎日料理を行うために、無駄なく動ける空間が必要であり、デットスペースなどに収納ラックなどを置いてしまうと、飛び出てしまうこともあります。
そうなってしまうと、移動に邪魔になったりしてストレスなく動くことが難しくなってしまいます。

そのため、キッチン収納は大きさを考えなければいけません。
しかし、大きさだけでなく、掃除のしやすさも考えることも大切であり、ラック系など引き出しがあるものだと、横の部分の掃除が大変になります。

キッチンはホコリなどだけなく、油も飛び跳ねたりしているので気づかないでいると掃除が大変になります。

スポンサーリンク

デッドスペースなどをうまく利用するために

そこで便利なものが、ディアウォールを使用して棚を作ることになります。
DIYをするときには、結構大掛かりなことをしなければいけないと感じることもありますが、ディアウォールであれば、そのほかに用意するものは木材と棚板などで、工具も、のこぎりやトンカチなどで簡単にキッチン収納を作ることができます。

DIYをするときは、リフォームなどのように大掛かりで大きな出費をせず、自分でできることが大切です。
ディアウォールは、材料さえあれば、自分で簡単に棚を作ることができます。

賃貸住宅などで便利に使うことができます

賃貸住宅であるアパートやマンションでは、壁や床などに傷をつけてしまうと、退居時には現状回帰として、修理代などを請求されてしまうので、むやみに傷をつけることはできません。
そのため、部屋やキッチンなどの収納箇所が限られてきてしまい、不便なこともあります。

DIYが好きな人は、部屋の中を使い勝手を良くしたいと思っても、賃貸住宅では簡単に行うことができません。
その時に、壁や床などに傷をつけずに、キッチン収納などを作ることができるものがディアウォールになります。

DIYだから、釘やねじを打ったりするのかと思うこともありますが、これは設置するだけであれば釘やねじを使うことがないので、壁や床を傷つけることがありません。

ディアウォールは、上下の部品からできており、木材の両端に取り付けて、ばねの力で床と天井に立てるものになります。
突っ張り棒に似ているので、傷つけることはありません。

賃貸住宅によっては、壁に画びょうなどを刺すこともダメなところもありますが、ディアウォールを使って棚を作ったりすることで、そこに画びょう等を刺して、メモなどを張り付けておくこともできます。

しかし、注意しなければいけないこともあります。
取り付ける際に壁にぶつけたり、床に落としたりしないようにすることが重要になってきます。

天井まで届く木材を利用するので、その分重さもあり、狭い室内で作業をするので、取り扱いには十分に注意することが大切になります。

また、DIYでディアウォールを取り付けた後も、ぶつかったりしてずれても大丈夫なように、壁との境目にクッションを取り付けておくことも、傷つけないためには必要なことになります。

どのようにして取り付ければいいのか

ディアウォールで、キッチン収納を作る時は準備をすることは簡単であり、設置した場所の床から天井までの高さを測り、ディアウォールとツーバイフォー材、棚と棚受けを買うことが必要になります。

これらの材料は、ホームセンターなどですべて揃えることもできます。
床から天井までの高さの計測は、とても重要なことであり、これがずれているとしっかりと固定されないことになるので、間違いのないように計測するようにしましょう。

そしてツーバイフォー材ですが、これは天井の長さよりも40mmほど短くカットしたものを使います。棚は、作りたい大きさの幅のものを購入するようにしましょう。

設置するときは、ツーバイフォー材の両端にディアウォールを取り付けます。
このとき、上下があるので柱を立てるときには、上下逆にならないように気をつけましょう。上の方はばねが入っており、柱を立てるときは天井に押し当てながら下の方をずらして設置するようにします。

このとき、きちんと設置位置になるように目印などを付けておくと行いやすいです。

棚を付けるときは特に注意が必要で、高さがあっていないと斜めになってしまい、乗せたものが落下してしまうこともあるので気をつけなければいけません。
水平になっているかわかりにくいときは、水平器を使うと簡単に確認できます。

最後に

このように、ディアウォールは材料さえあればすぐに取り付けることができ、初めてDIYする人でも楽にできます。

キッチン収納以外にも、部屋の収納棚を作ったりするのにも使えたりと、カスタマイズしやすいので、自分の使いやすいように作るようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

ネット銀行活用術 : 三井住友銀行の特徴

三井住友銀行は、大手都市銀行としてあまりにも有名です。日本の3大メガバンクの1つとして知られており、多くの個人や法人利用者が存在しています。 都市銀行とは、銀行の中でも全国に幅広くサービスを展開してい …

U-mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

今スマートフォンを使っている人は、格安SIMに乗り換えてみるといいでしょう。 これは、大手キャリアのプランよりも、非常に安いのが魅力です。 今回は、格安プランや安価なスマートフォンを扱っている、U-m …

お悔やみの言葉をメールで送っても大丈夫?

今は何でもメールで済ます時代になりました。 プロポーズもメールと言うケースもあるようだし、結婚することになったとか赤ちゃんが生まれましたの報告もメールで届く時代です。 では、メールで「お悔やみの言葉」 …

クレジットカード「JALカード」の特徴やおすすめポイント

便利で、オシャレなクレジットカードをお探しの方には、JALカードをおすすめします。 JALカードは、旅行とショッピングが好きな方に、最適なクレジットカードになっており、人生をもっと楽しくしたいという願 …

時短で済ます!キッチン収納術

キッチンは毎日使うものですね。 定期的に掃除をしないと、調理時の油はねなどでコンロ周り、食材の取り出しによって冷蔵庫、シンク周りはすぐ汚れてしまいます。 仕事もして家事もしてという方にとっては、掃除も …

楽天モーションウィジェット