【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeカウンター下収納

押し入れやクローゼットのように、すでに作られている収納の場合には目立ちませんが、何もない場所に収納するための箱などを設置してしまうと、目立つことになります。

そのため、設置する場所によっては雰囲気と合わないなんてこともあり、どのようなものを置くかは気を付けなければいけないものになります。

そんな収納箇所ですが、カウンターの下などは特に注意しなければいけない箇所でもあります。
家庭にカウンターなどがある場合、とてもおしゃれな空間を演出することができますが、イスを置いたりしても空間が余ってしまうことがあります。

そのとき、空間が空いているのでカウンター下収納を設置しようとしたときに、収納ラックなどを置いてしまうと、雰囲気を崩してしまうことにもなりかねず、選ぶ際には色や大きさ、形なども気を付けなければいけません。

また、有効活用するためにDIYで棚などを作る際には、釘やねじなどで固定しなければいけないので、穴をあけてしまうこともあります。
持ち家であれば問題ありませんが、賃貸アパートなどであれば、傷つけたことになり、退居時にその修理代を払うこともあります。

そのため、アパートなどであれば穴をあけることは避けたいことであり、持ち家でもきれいに過ごすためにも穴はあまり開けたくないものになります。

スポンサーリンク

便利なDIYアイテム”ディアウォール”

収納をスタイリッシュに

そのときに便利なものが、ディアウォールであり、壁やカウンターなどに穴を開けずに収納棚などを作ることができます。

ディアウォールは突っ張り棒を盾にしたようなものであるので、見た目もスタイリッシュで場の雰囲気を活かすことができます。

設置する場所の高さを測ってから木材を買いましょう

カウンター下収納をディアウォールで作る際に重要なことが、カウンターの高さになります。
ディアウォールを使って部屋などに収納棚を作る場合、天井までの高さのツーバイフォー材が必要になりますが、カウンターであればその高さまでで済みます。

そのため、カウンター下に収納を作る場合には、高さが部屋の天井よりも低いのであれば、長めの木材を購入して、ちょうどいい長さにカットすることで費用を抑えることができます。

DIYをする場合、業者に頼んでリフォームなどをしてもらうよりも、費用を抑えたいから行うことが多く、材料も効率よく使用できるように考えることが大切になります。
その際には、木材を買うホームセンターなども複数店巡って、より安い木材を探すことも大切になります。

しかし、安すぎても見た目や強度などの問題も出てくるので、購入してもいいと思った木材の質を確認したうえで、金額を見るようにしましょう。

またディアウォールは、ツーバイフォー材に対応した部品になりますが、大きさがちょうどいいからと言って、違う木材を選ばないようにしましょう。
ツーバイフォー材は規格化されていて安いという点がありますが、角が面取りされて滑らかに仕上げられているという特徴もあります。

面取りなどをされていない木材を使用してしまうと、角がささくれ立っている場合などに、刺さったりして危険であるため使用する木材は、必ずツーバイフォー材を使うようにしましょう。

DIYが得意でツーバイフォー材を使わない場合には、必ず面取りをしてサンドペーパーなどで滑らかにすることが、安全に使うことに繋がります。

防腐や防虫処理をきちんと行うこと

カウンター下収納は、キッチンであったりキッチンに併設されていたりするため、衛生面に気を付けなければいけない場所でもあります。
そのため、ディアウォールを使ってカウンター下収納を作る場合には、防腐処理や防虫処理をきちんと行う必要があります。

これらの対策を行うには主に二つあり、材料選びに気を付けるか、塗装をして対処するかになります。

材料選びに気を付けるとは、防腐処理をされた木材を購入することになります。これはあらかじめ、防虫防腐効果がある薬品をしみこませたものであり、そのまま使用しても効果があります。
しかし、内部まで浸透しているわけではないので、カットした場合などは、切断面に塗装をしなければいけないことと、普通の木材よりも値段が多少高くなる点に注意しなければいけません。

塗装する場合は、何も処理されていない木材に防虫防腐効果のある塗料を塗ることになります。
DIYになれている人や、工作などが好きな人であれば、塗装するのも楽しい作業として行うことができます。しかし、ここで注意しなければいけないことが、設置するときは、塗料がきちんと乾いてからでないと作業を行えないことになります。

最後に

DIYは安く済ませること以外にも、余計な時間を使わずに早めに終わらせたい場合などもすることがあるので、急いでいるときなどは、塗料を塗って乾かすという手間がかかってしまうので、時間がある時でないと行うことができません。

また、雨の日などは塗料の乾きも遅くなってしまったり、外で乾かすことが出来なかったりするので、塗料の匂いが気になる人は避ける方が無難になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

冬場の暖房費を上手に節約するコツ

電気代や水道代などの光熱費をできるだけ安く抑えるために、日頃から節約を心がけている方は多いのではないでしょうか。 光熱費は毎月支払うものですから、ちょっとした節約であっても、年間で見ると意外と大きな金 …

U-mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

今スマートフォンを使っている人は、格安SIMに乗り換えてみるといいでしょう。 これは、大手キャリアのプランよりも、非常に安いのが魅力です。 今回は、格安プランや安価なスマートフォンを扱っている、U-m …

ガソリン代を節約するための運転のコツ

世界情勢の変化で暮らしに大きく直結するものとして、ガソリン代があります。 原油が投機対象となり、思惑1つで一気に変動します。 身の回りの物を見渡しても、値動きが激しいのは生鮮食料品かガソリンしかありま …

後悔しないで!妊娠中にやっておきたいこと|夫婦二人で旅行

妊娠中は、限られた時間と変わりやすい体調の中でも、できるだけ二人の時間を過ごしておくことをおすすめします。なにげない日常のひとつひとつが、出産を終えたとたんに様変わりしてしまいます。 特にママの寝る時 …

美を追求する最新美容家電 ― 頭皮ブラシ ―

髪の毛や頭皮にトラブルを抱えていると、見た目的に美しくなかったり、不快な気分で生活を送らなければならなくなります。普段からケアを欠かさないようにしたいところですが、髪の毛が密集している部分とあり、楽に …

楽天モーションウィジェット