【DIY】穴を開けたくないならディアウォールde壁面収納

現在では、ホームセンターなどで簡単にDIYのための道具や、アイテムなどを手に入れることが可能になっていますし、安価にさまざまなものを購入することが出来ます。

このため自らさまざまな作業にチャレンジする人も多くおり、DIYを指南する書籍やホームページも多くあります。
DIYでチャレンジすることとしては、業者に依頼するのには高くなりそうなちょっとした修繕などから、本格的なリフォームまでさまざまです。しかし、多くのDIY愛好家が行っており、需要が高いのが収納スペースを作る方法です。

スポンサーリンク

DIYで収納スペースを増やすには?

収納スペースを作る方法としては、衣装ケースなどを購入したり、棚を買ってきて設置する方法などがありますが、現実として既製品の棚はサイズが商品ごとに異なりますし、部屋の規格と異なって作られています。

このため、ジャストフィットに取り付けするというのにはやや不便です。
カスタマイズ性の強いものもありますが、そのようなギミックのある収納アイテムは価格も高くなりがちです。

このためホームセンターで木材などを購入してきて、棚をDIYしてしまう人もいます。

収納スペースで人気があるのが、壁面収納で壁にちょっとしたものを置けるスペースを作るだけで、部屋に散らかっているものを片付けることができますし、洗面所や台所などに設置すれば、物の置き場所として使うことができます。

壁面収納として使えるものとしては、メタルシェルフなどがありますが、やはり既製品ではぴったりと壁に納めるのが難しくなります。このためデザイン性に優れた状態にしたい場合には、DIYする方が理想な壁面収納を作ることができます。

壁面収納を作るため必要なアイテム

壁面収納を作るためには、既製品を購入するかDIYで作るかによります。
既製品といってもさまざまで、ネット通販で売られている本格的なものでも、組み立ては自身で行うものであれば、ある程度のDIYの知識があった方がスムーズに作ることができます。

基本的には、まずは設置したい場所の範囲を測り、それによってどのようなものにするのか考える必要があります。
ぴったりと収まりそうな既製品があれば、既製品を購入する方がはやいですが、思ったようなデザインや、予算に見合わない場合には、ホームセンターで買ってきて作ることになります。

デザインに関しては、棚の幅や数によって大きく印象が変わってきます。
棚の数が多いほど、多くのものを置けますが、多すぎるとひとつの置ける場所のスペースが小さくなるので、大きなものを置くのが不向きになります。このため置くものを見ながら、配置を考える必要があります。

DIYで作るためには、少なくともねじ回しが必要です。
切断するためには鋸なども必要ですが、あらかじめサイズが分かっていれば、ホームセンターで切断してもらう方法もあります。

一方で部材を固定するためには、ネジを回す必要がありますが、この際に電動ドライバーがあると便利です。
手回しでネジを取り付けることも可能ですが、作業効率が著しく低下します。

現在ではホームセンターで安価に売られている2、3千円台のものでも十分にネジを締め付けることが可能です。
また作り上げる前にサイズを測るためのメジャーが必要です。こだわるのであれば、水平儀があると便利ですが、近年はスマートフォンで水平を測ることも可能で、それらを利用するのも方法です。

穴を開けたくないならディアウォール

壁面収納を作る際にネックとなるのが固定方法です。
壁にネジを使って固定するのがもっとも確実な方法ですが、壁がボードであったりした場合にはネジが効きません。このためボードの下にある地を探す必要があります。

このための道具も売られていますが、それらを使わないで取り付けるとなると失敗する例もあるなど、壁を大きく傷つける可能性があります。

また賃貸住宅では、そもそも傷つけると返却する際の原状回復費用が多く発生します。このようなことから、賃貸では穴を開けるのはご法度といえます。

そのような状況のニーズに合わせて登場したのが、ディアウォールと呼ばれるアイテムです。
ディアウォールは、DIYで使われているツーバイ材に合わせた突っ張りを行うアイテムのことです。これは、柱にしたいツーバイ材の両サイドに取り付けるもので、予めバネが仕込んであり、このバネの力で突っ張りとするものです。

ディアウォールで、床と天井を突っ張ることによって一本の柱を作ることができ、これらを複数用意することで、壁面収納を取り付けるための場所を作ることができます。
ただ取り付ける際には、壁紙が傷つかないように注意する必要がありますが、ネジで穴を開けてしまうことを思えば、DIYで簡単に修繕することができます。

ディアウォール自体はプラスチックで作られているので、品質に問題はありませんが、取り付けるためのツーバイ材は、1本1本品質が異なるため、真っ直ぐで反りのないもの、割れていないものなどを選ぶ必要があります。

ディアウォールでは上下に突っ張りがあるので、縦方向へは動きませんが、横方向はツーバイ材が乾燥などで痩せてしまっている場合には動く場合があります。
この場合には紙などを挟み込むなどする工夫が必要になります。

最後に

いかがでしたか?
初心者にはちょっと難しいと感じてしまいがちなDIYですが、今は便利なグッズもたくさんあります。

一度、ホームセンターなどを覗いてみるのも楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

クレジットカード「セゾンカード」の特徴やおすすめポイント

クレジットカードと言っても色々な種類があります。 セゾンカードは、利用するメリットや特徴がたくさんあり、初めてクレジットカードを作りたいと思っている方にもオススメです。 利用するメリットや、特徴につい …

引っ越しの「単身パック」と「単身プラン」の違いとは?

スポンサーリンク 単身者の引っ越しは単身パックか単身プランがおすすめ 単身で引っ越しを考える場合には、自分で引っ越しをする方法と業者に依頼する方法があります。 引っ越し業者に頼むと、料金が高いんじゃな …

いまさら聞けない年金入門|遺族年金の仕組み

遺族年金は、生計を1つにしていた家族が死亡した場合、遺族に支給されるものます。65歳を超える必要はありません。 遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類があり、公務員を対象にした共済年金が、2015年から厚 …

繊維の種類と特徴を把握する:シルク

独特の光沢を放つシルクは、古くから人々に愛されてきた繊維の1つです。 蚕の繭から作り出される動物繊維で、木綿や麻、ウールなどと並ぶ四大天然繊維の1つといわれています。 人工的に作り出すことの出来ない、 …

冷蔵庫掃除のコツ

冷蔵庫は毎日使いますから、定期的に掃除をしてキレイに保ちたいものです。 掃除の仕方と道具と紹介します。

楽天モーションウィジェット