DMMモバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

格安スマホは、月々の携帯代を安くするためにも便利なものです。

しかし、様々な業者がいるため、きちんと自分に合ったものを選ぶ必要があります。

そのためにも、それぞれの特徴を十分に把握することが、大切になります。

スポンサーリンク

業界最安値のプランがある

格安スマホを使うには、できるだけ安いプランがあると便利ですが、DMMモバイルでは、格安スマホ業界で最安値のプランがあります。

一般的に契約をする際には、通信速度を気にしないライトプラン、または通信速度を気にする人には、容量が決まっているプランを選ぶことになります。

DMMモバイルの場合には、ライトプランは通信速度を気にしないものですが、データSIMプランでは、料金が月々440円使うことができます。

通話SIMプランでも、1140円と安くなっています。さらに容量が決まっているものでも、1GBでデータSIMで480円、通話SIMで1260円と安く使うことができます。

ネット接続をあまりしない人でも、通信速度は気になるといった人には、とても利用しやすいものになります。

そのため、安くて快適に使いたい人に、おすすめです。

料金プランが細かく設定されている

スマートフォンは、ヘビーユーザーでない限り、そこまで多くの容量を必要とすることは、あまりありません。

大抵の場合には、5GBくらいまでの範囲で、収まることが多いです。そのため、プランを選ぶときには、1刻みずつ容量を選択できると便利です。

DMMモバイルでは、低容量プランでは、1・2・3・5GBがあり、自分に必要な容量のプランを選びやすくなっています。

データSIMプランであれば、3GBであれば1000円かからずに使うことができます。また、通話SIMであれば5GBでも、2000円までかかりません。

また、これ以上の容量のプランは、7・8・10・15・20GBのプランがあります。

格安SIMでは、料金プランが細かく設定されているところは少なく、自分の利用スタイルに合わせて容量を選択できる点も、DMMモバイルの特徴です。

容量の繰り越しや追加を行うことができる

スマートフォンの利用の仕方によって、月々で使用するデータ容量は、違ってきます。多く使う月もあれば、少なく使う月もあり、少なく使った月であれば容量が余ってしまいます。

DMMモバイルでは、その月に使いきれなかった容量は、翌月に繰り越すことができ、余った分も無駄なく使うことができます。

また、使いすぎてしまうと、契約している容量を超えてしまい、通信速度が遅くなります。その際には、容量を追加でチャージすることが可能です。

チャージ分は、繰り越せるものと繰り越せないものがあるので、その点に注意しなければいけません。

繰り越しなしと書かれているものは、その月が使用期限ですが、繰り越せるものは3か月後の月末が期限となります。

しかし、繰り越せるものに関しては、繰り越せないものに比べて割高になっているので、利用するときは注意しましょう。

低速通信でもバースト機能で快適に

通常低速通信状態になると、データを読み込むのが遅くなるため、ゲームをしたり、インストールしたりすることは、とても時間がかかるのは当然ですが、テキストメインのサイトや、SNSでも読み込みが遅くなります。

DMMモバイルでは、高速通信のデータ容量の残量がなくなった場合や、高速通院をオフにしている際に、初めの一定量を高速通信で読み込む機能があります。

それがバースト機能であり、初めの一定量を高速で読み込んでくれるので、高速通信できない状態でも、ある程度快適に使うことができます。

調べ物などをしていて、容量がなくなってしまうと、速度が遅くなりとても不快な気分になります。

しかし、バースト機能があることで、不快さを軽減してくれることができます。

そのため、調べ物などの速度をそれほど落とさないで、行うことができるので便利です。

取扱端末も豊富にある

格安スマホとして使うには、SIMフリーのスマートフォンと、格安SIMが必要になります。

それぞれの会社によって、対応している機種が異なったりするため、場合によっては、現在使用しているSIMフリーのスマートフォンでは、利用できないことがあります。

その時に問題なく利用したい場合、MVNO会社が、格安SIMとセットで販売しているスマートフォンを購入すると、問題なく使用できます。

その際に気になることが、品ぞろえになりますが、DMMモバイルは取扱端末も豊富にあり、自分好みのものを見つけることができます。

一括の場合と、分割の場合との料金も書いてあるので、便利に利用することができます。

また、キャンペーンなどもあり、料金を値下げしている端末もあるので、確認してみましょう。

スマートフォンは、きちんと対応している機種を使うことが大切です。

最後に

DMMモバイルは、料金設定が細かくなっているので、普段あまり使わない人にとっても、効率よく利用できます。

格安スマホを利用することは、費用を抑えることができますが、その際にはきちんと利用できる端末を使いましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , , ,

関連記事

コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「住信SBIネット銀行」

住信SBIネット銀行は、有人店舗や専用のATMを持たないインターネット銀行で、日本のインターネット銀行の中でトップの預金残高(3兆5千億円以上)を誇ります。

引っ越し費用を安く済ませるコツ

引っ越しをすると何かと費用がかかってしまうものです。 少しでも費用を安くしたいと考えている人も多いですが、情報収集をしっかり行い、自分のニーズに合わせた引っ越しの方法を探すことで費用を少しでも安く抑え …

フリマアプリ「ショッピーズ」の特徴や使い方

着なくなった洋服や、使わないバッグ等を気軽に売ることができる、フリマアプリが人気を集めています。 様々なアプリが開発されていますが、その中でも今、注目を集めているのが、女の子向けフリマアプリのショッピ …

洗い方をマスターする:フリースジャケット・ジャンパー

フリースジャケット・ジャンパーは、摩擦に対してあまり強くなく、毛羽立つことや、毛玉ができることが多いので、裏返しにしてやさしく洗う必要があります。 静電気を防止するために、柔軟剤を使用して、柔らかく仕 …

キッチンの必需品!あると便利な100円グッズ

100円ショップは生活にかかせないお店の1つですね。 商品が豊富にあり、大抵のものは揃えることができると思います。 今回は100円ショップでおすすめのキッチン用品を紹介します。 スポンサーリンク 10 …

楽天モーションウィジェット