DMMモバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

格安スマホは、月々の携帯代を安くするためにも便利なものです。

しかし、様々な業者がいるため、きちんと自分に合ったものを選ぶ必要があります。

そのためにも、それぞれの特徴を十分に把握することが、大切になります。

スポンサーリンク

業界最安値のプランがある

格安スマホを使うには、できるだけ安いプランがあると便利ですが、DMMモバイルでは、格安スマホ業界で最安値のプランがあります。

一般的に契約をする際には、通信速度を気にしないライトプラン、または通信速度を気にする人には、容量が決まっているプランを選ぶことになります。

DMMモバイルの場合には、ライトプランは通信速度を気にしないものですが、データSIMプランでは、料金が月々440円使うことができます。

通話SIMプランでも、1140円と安くなっています。さらに容量が決まっているものでも、1GBでデータSIMで480円、通話SIMで1260円と安く使うことができます。

ネット接続をあまりしない人でも、通信速度は気になるといった人には、とても利用しやすいものになります。

そのため、安くて快適に使いたい人に、おすすめです。

料金プランが細かく設定されている

スマートフォンは、ヘビーユーザーでない限り、そこまで多くの容量を必要とすることは、あまりありません。

大抵の場合には、5GBくらいまでの範囲で、収まることが多いです。そのため、プランを選ぶときには、1刻みずつ容量を選択できると便利です。

DMMモバイルでは、低容量プランでは、1・2・3・5GBがあり、自分に必要な容量のプランを選びやすくなっています。

データSIMプランであれば、3GBであれば1000円かからずに使うことができます。また、通話SIMであれば5GBでも、2000円までかかりません。

また、これ以上の容量のプランは、7・8・10・15・20GBのプランがあります。

格安SIMでは、料金プランが細かく設定されているところは少なく、自分の利用スタイルに合わせて容量を選択できる点も、DMMモバイルの特徴です。

容量の繰り越しや追加を行うことができる

スマートフォンの利用の仕方によって、月々で使用するデータ容量は、違ってきます。多く使う月もあれば、少なく使う月もあり、少なく使った月であれば容量が余ってしまいます。

DMMモバイルでは、その月に使いきれなかった容量は、翌月に繰り越すことができ、余った分も無駄なく使うことができます。

また、使いすぎてしまうと、契約している容量を超えてしまい、通信速度が遅くなります。その際には、容量を追加でチャージすることが可能です。

チャージ分は、繰り越せるものと繰り越せないものがあるので、その点に注意しなければいけません。

繰り越しなしと書かれているものは、その月が使用期限ですが、繰り越せるものは3か月後の月末が期限となります。

しかし、繰り越せるものに関しては、繰り越せないものに比べて割高になっているので、利用するときは注意しましょう。

低速通信でもバースト機能で快適に

通常低速通信状態になると、データを読み込むのが遅くなるため、ゲームをしたり、インストールしたりすることは、とても時間がかかるのは当然ですが、テキストメインのサイトや、SNSでも読み込みが遅くなります。

DMMモバイルでは、高速通信のデータ容量の残量がなくなった場合や、高速通院をオフにしている際に、初めの一定量を高速通信で読み込む機能があります。

それがバースト機能であり、初めの一定量を高速で読み込んでくれるので、高速通信できない状態でも、ある程度快適に使うことができます。

調べ物などをしていて、容量がなくなってしまうと、速度が遅くなりとても不快な気分になります。

しかし、バースト機能があることで、不快さを軽減してくれることができます。

そのため、調べ物などの速度をそれほど落とさないで、行うことができるので便利です。

取扱端末も豊富にある

格安スマホとして使うには、SIMフリーのスマートフォンと、格安SIMが必要になります。

それぞれの会社によって、対応している機種が異なったりするため、場合によっては、現在使用しているSIMフリーのスマートフォンでは、利用できないことがあります。

その時に問題なく利用したい場合、MVNO会社が、格安SIMとセットで販売しているスマートフォンを購入すると、問題なく使用できます。

その際に気になることが、品ぞろえになりますが、DMMモバイルは取扱端末も豊富にあり、自分好みのものを見つけることができます。

一括の場合と、分割の場合との料金も書いてあるので、便利に利用することができます。

また、キャンペーンなどもあり、料金を値下げしている端末もあるので、確認してみましょう。

スマートフォンは、きちんと対応している機種を使うことが大切です。

最後に

DMMモバイルは、料金設定が細かくなっているので、普段あまり使わない人にとっても、効率よく利用できます。

格安スマホを利用することは、費用を抑えることができますが、その際にはきちんと利用できる端末を使いましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , , ,

関連記事

ネット銀行活用術 : 大和ネクスト銀行の特徴

大和ネクスト銀行は、インターネット銀行として存在しますが、2010年4月に設立された、まだ歴史の浅い会社です。新しい銀行ではあるものの、大手証券会社として有名な、大和証券の100%子会社ですから、金融 …

インターネットバンキングの種類は?

インターネットバンキングとは、インターネットを介して行われる、銀行の取引サービスのことをいいます。 ネットバンキングや、オンラインバンキングと呼ばれることもあります。

フリマアプリ「メルカリ」の特徴や使い方

フリマアプリで、ダントツの人気を誇っているのがメルカリです。 スマートフォンでも利用できるという気軽さもあって、ユーザーが増えています。しかしながら、まだ利用したことがないという人も多いことでしょう。 …

街コンはどんなもの?利用方法や出会いまでの流れなど

近年、さまざまな土地で、街コンが開催されています。 社会人になってから、なかなか出会いがないという人も多いですが、街コンに参加することで、恋人候補に出会えるだけでなく、友達を作ったり、新たな人脈作りに …

ネット銀行活用術 : 三井住友銀行の特徴

三井住友銀行は、大手都市銀行としてあまりにも有名です。日本の3大メガバンクの1つとして知られており、多くの個人や法人利用者が存在しています。 都市銀行とは、銀行の中でも全国に幅広くサービスを展開してい …

楽天モーションウィジェット