犬が喜ぶハウスの作り方

近年では多くの人がペットを飼っていますが、その中でも一番の人気を誇っているのが犬や猫でしょう。
責任をもってペットを飼ったからには、しっかりと面倒をみるとともに、愛情を持ち幸せに過ごせるようにしてもらいたいものです。

マイホームにあこがれる人は多いと思いますが、犬にとってのハウスはマイホームであるといえます。とくに雄ともなると縄張り意識が強いために、しっかりとスペースをとっておいた方がよいでしょう。
しかし人間のスペースをあまりにも使って飼い主が暮らしにくくなってもしょうがないので、お互いにとって良い暮らしができるようハウス作りは重要なことになるのです。

スポンサーリンク

犬も満足!快適はハウスとは

基本はサークルの中

犬をペットとして飼う場合のハウスの作り方としては、トイレや寝床をサークルの中に用意しましょう。
遊ぶ場所も確保して、できるのであれば広い場所があると良いでしょう。犬が基本的な生活を送る場所をサークルの中に決めておくと、生活するうえでけじめをつけやすくなります。
トイレの確認や留守番の際など、人間と生活するうえで重要なことをしっかりと教えることができるでしょう。飼い主が長時間、犬から目を離さなくてはいけない時には、サークルに入れる習慣をつけることで、誤食の危険や、いたずらなどによる危険などを未然に防ぐことができます。

設置場所

ペットの犬のハウスを作る際には、注意したいこともあります。まずは設置する場所です。
風通しがよく、日当たりや適度に良い場所で、家族の目が行き届きやすいリビングの壁際が最も良い場所と言えます。出入り口など人の出入りが激しい場所の付近や、エアコンの風が直接当たる場所、直射日光の当たる場所などは、犬の具合が悪くなる可能性もあるので避けるようにしましょう。

スペース

注意点の二つ目には、サークルのスペースを確保するということが挙げられます。ペットにとって快適なハウスというのは、それなりの広さが必要になるでしょう。できるだけ十分なスペースが確保できるように、片付けなどをしっかりと行いましょう。

室温

そして室内の温度にも注意が必要です。犬種によっても異なりますが、子犬は特に温度には敏感と言えます。犬にとって最も良い温度は20度から23度の範囲です。適温を保つように心掛け、快適に過ごせる空間にしてあげることを意識しましょう。

作り方

それでは具体的にはどのようなハウス作りにすればよいのでしょうか。

・寝床
まずは寝床です。寝床としてクレートを設置しましょう。そしてクレートの中には、タオルや毛布などを敷いてあげると良いでしょう。
扉がついているものが多いかと思いますが、犬が安全に出入りができるようにドアを開けて固定しておくか、ドアは外してしまってもよいでしょう。

・水飲み皿
次に水飲み皿です。新鮮でおいしい水を、犬が飲みたい時にいつでも飲めるようにしておきましょう。
ステンレスや陶器の容器であれば、丈夫で重いため、犬が飲んだときにも動きにくく安定感があります。留守番をする際には、金網にくくりつけられるような給水器具を設置すると良いでしょう。

・おもちゃ
ハウス内にはおもちゃを置いておくことも必要です。長時間楽しめるおもちゃや、かじられても支障のない、犬が気に入っているおもちゃを2個から3個、用意してあげるとよいでしょう。

・トイレシート
そしてトイレシートです。初めて利用するときには、どこでしてしまってもよいように、サークルの中全体にトイレシートを敷き詰めましょう。
犬は寝床や食事をする場所はきれいに保っておく習性があるので、寝床の近くには排泄をしない傾向があります。このような傾向が見られるようになったら、少しずつトイレシートを寝床から離していき、トイレのスペースを小さくしていきましょう。

・サークル
サークルは家族が集まるリビングなどに設置をしましょう。小型犬の場合には2つの4面サークルをつないで大きくし、大型犬の場合にはさらに8面サークルをつないだり、部屋全体をサークルで囲んでしまいます。この時に屋根も必ず設置するようにしましょう。

近年の住宅事情や個人の生活スタイルによっては、十分な広さを確保することができないという場合も多いでしょう。
そのような場合には、住宅や家族の生活スタイルに合わせてハウス作りを行うようにしましょう。住宅事情によっては家族が集まるリビングに、ハウスを設置することができない場合もあります。
リビングにハウスを置く理由としては、家族が集まっていることで犬は安心し、なつきやすくなるからです。また犬に万が一のことが起きた場合にも、すぐに気がついて対応が早くなります。部屋の広さは住宅ごとに異なるので、リビング以外にも家族と関わることができるスペースを確保するなど、工夫をして広さを有効に使うようにしましょう。

最後に

住宅によっては、ハウスを置く場所がどうしても作れないという場合もあるでしょう。
このような場合には、小さくてもよいので犬の居場所をしっかりと作ってあげることが大切です。小さくても同じように寝床やトイレ、水飲み皿などを設置して、居場所を作ってあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

結婚指輪の相場は?

いざ結婚を考えたり、決めたりする立場になると、次に頭に浮かぶのは指輪のことでしょう。 結婚指輪と婚約指輪は、根本的に意味合いや購入時の相場に違いがありますが、意外とあやふやなことも多く、いざという時に …

いまさら聞けない年金入門|厚生年金保険料の計算方法

将来、退職後の安定した生活のために、サラリーマンは厚生年金に加入しています。退職後は、納めた額に従って、死ぬまで年金が支給されます。 ところで、毎月の給料から厚生年金保険料が天引きされていますが、これ …

敷金・礼金とは?有りと無しの物件はどう違う?

部屋などを借りる場合、最初の初期費用として、敷金、礼金を支払うことがあります。 家賃の何カ月分かを敷金や礼金として支払うため、結構な負担になることがある一方、物件によってはこれらが全く必要ないところも …

不器用でも大丈夫!センスの光るラッピング術

お誕生日や、記念日などのプレゼントを選ぶ時ほど、わくわくすることはありません。プレゼントの箱を開けた相手の喜んだ顔を想像するだけで、幸せな気持ちになってしまいます。 デパートやギフトショップでは、ラッ …

一人暮らしにおススメの街:池袋の魅力

学生や社会人の人で、初めて一人暮らしをする予定がある人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。どこに引っ越すか迷っていらっしゃる人もいるでしょう。 選ぶポイントとしては、交通の便が良い事、買い物が …

楽天モーションウィジェット