失敗しない犬のしつけのポイント

ペットとして世界中で選ばれている動物と言えば、犬ですよね。
愛くるしい瞳に、飼い主に忠実な性格、一緒に遊んだり散歩をしたりすることで、もっと仲良くなれる良いパートナーとなってくれる動物です。しかし、犬はしつけに失敗するととても飼いづらくなってしまい、こんなはずじゃなかったと悩んでしまう確率も高くなってしまうのです。

そうならない為にも、子犬のころからしっかりとしつけの基本を身に付けておくことが必要なのです。
こちらでは、初めて犬を飼う方でも失敗しない、しつけのポイントについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは犬という動物をよく知っておきましょう

犬の大きさはざっくりと分けて小型・中型・大型

一般的にペットとして選ばれるのは「小型犬」となります。散歩をする時にも行きやすいですし、マンションやアパート内でも飼育することが出来ますので、沢山の方々に飼われていると言えるでしょう。
しかし、しつけに関しては小型犬の方が簡単である、とは言えません。どの犬種も同じように難しさを持っていますし、大型犬の方がしつけが入りやすい場合もあるのです。

大切なのは運動・食事・愛情

犬にとって運動は必要不可欠で、これからご紹介するしつけをする上でも必要な事です。よって、忙しくて散歩に行ったり、犬の運動に付きあう時間は無い、と言う方はペットを飼う事をお勧めしません。
ペットとする以上は、運動をしっかりとさせてあげて、食事も身体にあったものをしっかりと与え、最後に愛情を与えてあげるのを忘れないようにしましょう。

しつけについて

犬をペットとして飼ううえで必要となってくるしつけは、「待て」「座れ」「よし」「ふせ」などがあげられます。お手やおかわりなどの芸は、特に教えなくても大丈夫です。ペットと飼い主とのコミュニケーションの一貫となりますので、余裕があれば教えてあげましょう。

まずは「座れ」

これはとても大切なしつけです。ペットフードを与える時や、散歩の時、自宅に誰かが訪問してきた時など、あらゆる場面で必要となってきますので、まずはこちらを教えていきましょう。

最初はおやつを用意すると良いでしょう。手におやつをにぎって、しつけスタートです。
まずは犬を座らせていきます。お尻の部分をかるく押してあげると、犬は座ることが多いです。
おやつを手に持って犬の鼻先に近づけます。そうすると自然と犬は上を向き、お尻が下がっていきます。そのタイミングで上手にお尻を押してあげると、自然と「座れ」のポーズになるのです。
飼い主は「座れ」が出来た瞬間に「座れ」と言いおやつを一つあげるのです。

最初はこの動作の繰り返しです。
何回か繰り返すと、おやつを与えなくても「座れ」が出来るようになってきますので、よく褒めてあげましょう。この時に「よし」と言って頭を撫でてあげると、次のしつけに繋がってきますので、お勧めです。

なるべく毎日15分程度行います。それ以上行うと、飽きて集中力が欠けてきますので、散歩や運動をした後の15分間、頑張ってみて下さい。きっと上手に「座れ」が出来るようになるはずです。

次に教えたいのが「待て」

こちらもとても大事なしつけとなり、万が一の事故を防ぐことが出来るのです。道路に飛び出しそうになったり、知らない人や犬に飛び掛かってしまうことを抑えることが出来ます。

先ほどの「座れ」の続きから始めてきましょう。「座れ」の姿勢のまま、何分か待つことが出来るようにしつけていきます。
飼い主は犬と目を合わせたまま、ゆっくりと後ずさりしていきます。この時に「待て」と一言大きな声で伝えましょう。少しでも待つことが出来たら、おやつを上げたりよく褒めてあげたりと、犬が喜ぶことをしてあげます。
キョロキョロと辺りを見回したり、動いてしまったら、「座れ」からやり直しです。しつけは飼い主の根気が一番大事になってきますので、頑張っていきましょう。

「待て」は比較的簡単に教えることが出来るでしょう。慣れてきたら、飼い主との距離をどんどんと伸ばしていき、「よし」の合図でこちらまで来ることが出来るようになります。
最初はおやつを使って教えていき、慣れてきたらおやつは無しで、撫でてほめるようにしましょう。

最後に「伏せ」

こちらのしつけは苦手なペットがとても多く、なかなか上手に教えることが出来ないという方も多くいらっしゃいます。
「伏せ」は服従している証しとなりますので、しっかりとペットとの信頼関係が出来ていないと難しいしつけでもあります。飼い主をリーダーと認めていないと、なかなか教えることが出来ません。

よって、「伏せ」はあせって教える必要は無く、まずは「座れ」「待て」「よし」を完璧にこなすことが出来るようになると良いでしょう。これが出来ると、散歩やエサやりなどのペットとの日常生活がとても過ごしやすくなります。

最後に

犬は、常に頼りになるリーダーを求めている動物です。
あなたがそのリーダーになれるように、自信を持ってしつけを行い、楽しい毎日を過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(ドライクリーニング)

ドライクリーニングは、衣類を傷めない洗浄方法として、1830年にフランスで開発された洗浄方法です。 このドライクリーニングは、水の代わりに有機溶剤を使用して衣類の洗濯を行いますので、水で洗うことによっ …

繁忙期の引っ越しで押さえておきたいポイント

転勤が決まる時期や入学などの重なる時期は、それに伴って引っ越しをする人もかなり増えます。 そのため新学期が始まる前の時期や、会社への入社または期末の時期にあたる時期は、引っ越しの予約が集中する傾向にあ …

電話料金を節約!IP電話を活用しよう

最近は「IP電話」という言葉をよく聞くようになりました。 通常の電話と同じように会話を楽しんだり、テレビ電話ができるものなど便利な通話手段です。 さらにそれを上手に利用すると電話料金も節約できる特典付 …

引っ越し挨拶のギフトは何がいい?

引っ越しの挨拶のときには、なにか手土産を持参するのが一般的と言われています。 初めての引っ越しの場合は、何をもっていったらいいのかわからない、という場合が多いです。 引っ越しの際の挨拶ギフトでおすすめ …

100万円を貯めるために、クレジットカードを使うメリットを知ろう

貯金100万円、あなたにとって少ない金額でしょうか?それとも多い金額でしょうか? 貯金を100万円増やす事は、あなたが思っているほど難しいことではないのかもしれません。 行動パターンを少し変えるだけで …

楽天モーションウィジェット