地球環境を守る資格:土壌環境監理士

土壌汚染などの土壌に関する問題は、国土の狭い日本では重要な問題の一つと考えられています。

近年では築地や豊洲市場の地下部分の汚染が取り上げられたこともあり、関心を持った人も多いのではないでしょうか。

地球環境の中で、特に土壌と関係した資格として、土壌環境監理士という資格があります。

スポンサーリンク

資格制度に関する概要

地球環境にかかわる問題の中でも、特に土壌に着目した民間資格である土壌環境監理士ですが、この資格は土壌環境センターという一般社団法人によって実施されています。

通常、土壌やそれに関連する地下水を調査する場合、それを行うための技術を持ち関係する法律について知識がある人による監理が必要です。

この資格は、土壌や地下水が汚染されていないかどうかを調べる能力があり、汚染があった場合にどのような対策を行うべきかの判断能力などがあることを担保するものと言えます。

また、資格取得後も学び続けることで、土壌分野の技術向上などに寄与することも期待されます。

土壌環境監理士になるためには、土壌や地下水についての基礎的な知識や調査の仕方、それぞれの汚染物質にどのような特性があるかなどの理解が必要です。

調査の面では、実際に使用する機器の使い方や環境を保全するために必要な知識を備えていることが求められます。

また保全の際に適切な計画を立てて、それを実行できる能力も必要です。

施工時に法的な規制を守ることができるための、土壌などに関する法律知識も持っていなければいけません。

受験資格や登録について

土壌環境監理士の試験を受けるためには、いくつかの要件を満たしている必要があります。

実務経験がある場合は、土壌や地下水汚染の調査などの経験が3年を超えていなければいけません。

もしくは大学院で土壌などに関する研究期間が、3年を超えていれば経験という部分の要件は満たしています。

また、両方の経験が合わせて3年を超えていれば問題ありません。

次に必要なのが資格などの要件で、技術士の建設部門や環境部門で登録を行っていたり、土壌などの研究で博士号を取得していたりといった条件をクリアしている必要があります。

それぞれの要件を満たしていると試験を受けることが可能で、筆記と面接試験の両方に合格しなければいけません。

合格すると土壌環境監理士として登録することができ、登録申請が受理されればこの名称を使って業務を行うことが可能です。

登録については有効期間があり、活動を何もしなかった場合は3年で失効してしまいます。

更新には、土壌環境センターが主催となって行っているセミナーへの参加などが必要です。

試験の難易度や資格の意味

試験の科目は多岐にわたっていて、土壌や地下水環境の基礎知識のほか、地球環境に関する法律知識、現場での安全配慮についてなどが問われます。

また、専門的な知識を持っているかどうかだけでなく、業務をするにあたって必要と考えられるコミュニケーション能力も求められます。

土壌汚染対策をするためには、その地域住民や現場の人間、行政側と適切に話し合いを進めていかなければいけません。

地球環境問題への対策は、多くの人が関係するという性質があるため、コミュニケーションも大切な能力と考えられています。

難易度は非常に高いとされていて、合格率も20%程度と低い水準となっています。

実務経験やそれなりの資格を持っている人しか受験できないことも踏まえると、環境関連の中ではかなり高難度と言えるでしょう。

資格としての意味は知名度がそれほどなく登録者数も約440人と少ないものの、土壌汚染対策の公共入札条件の一つとして挙げられることがあるなど実務レベルで使えます。

取得者の多くは調査系のコンサルティング会社や建設系の会社に所属している人が多いようです。

土壌に関連する他の資格

土壌汚染などの仕事をする場合、土壌環境監理士はある程度信頼性のあるものだと考えられますが、関連した資格もいくつか存在します。

土壌環境センターでは、土壌などに関係した他の資格制度も実施していて、その中に土壌環境保全士と呼ばれるものがあります。

講習会を受講し、認定試験に受かることで登録することができ、土壌汚染対策を行う現場の人材向けの資格です。

土壌環境などの知識のみでなく、労働安全や品質管理など作業現場で必要になる能力を備えている人材であることを認定します。

管理者向けの資格としては、土壌環境リスク管理者と呼ばれるものがあり、こちらも同様に講習会と認定試験があります。

合格するためには、土壌の汚染状態を把握するために必要な知識や、調査をする際に周辺へ汚染を拡大させないための知識などが必要です。

これらは全て民間資格ですが、国家資格としては土壌汚染調査技術管理者というものがあります。

土地環境管理士と違って受験するために実務経験が必要ではないので、人によっては選択肢の一つとなるでしょう。

最後に

土壌汚染や地下水汚染は、代表的な公害として挙げることができ、地球環境問題の中でも積極的に対策をしていく必要があります。
土壌環境監理士は、実務経験や相応の知識が必要な難しい資格ですが、それだけ信頼性も高いと考えられます。

一般社団法人土壌環境センター

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「園芸療法士」

園芸療法士は、身体や心のリハビリや、癒しのために園芸療法を扱うことができる専門家です。園芸療法は、認知症の進行を遅らせたり、自然と通して情操教育を行うことで、非行などの反社会的な行動を抑制する効果があ …

スペイン語を通して学ぶ文化と歴史

グローバル化が叫ばれている現代において、日本語だけ話せればいいと考えてしまうのはもったいないことです。 複数の言語を話すことができる人は、それだけ世界を広げることができます。 語学というのは、人間同士 …

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「樹木医」

日本の国土は、約7割を森林が占めています。この数字は世界的に見ても、トップレベルになっています。しかも南北に長くなっている日本列島は、気候的には、亜寒帯から亜熱帯までの広い範囲に属しています。 それだ …

動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ハンドラー」

主にドッグショーなどでハンドリングを行うのが、ハンドラーです。ハンドリングは、ドッグショーなどの会場で入賞を目指し、犬の特徴を引き出して好成績を出せるように、犬を引き回すことです。 犬の所有者が引く場 …

楽天モーションウィジェット