ドールハウスの制作期間はどれくらいかかる?

ドールハウス
人それぞれ自分好みの趣味を持っているものですが、どんなものも没頭している間は時間が過ぎるのが早く感じられるものですよね。

その中でも特に時間がかかるものの代表として、ドールハウスの製作が挙げられます。

ドールハウスは名前の通り小さなお人形が生活できるような家や部屋の一部をミニチュアで再現したもので、一から全て手作りしたり市販のキットを利用して手軽に作ることもできます。

細かな作業が必要なので手間に感じる人もいるでしょうが、少しずつ完成していく様子を見ていると達成感もありますし、小さな家や部屋を眺めているとほんわかとした不思議な癒し効果も得ることができます。

自分ではそんなもの作れないと敬遠している人も、最近は人気の高まりもあって色々とキットも販売されているので、簡単なものから始めるという方法もあります。

ドールハウスの特徴や作り方、制作時間など色々な情報を知り、製作にチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

ドールハウスを作ってみよう

毎日暇を持て余しいているけど、わざわざ外に出かけるのも面倒だという場合にはドールハウス作りがおすすめです。

家の中で1人で没頭できる時間を持つことで悩みなどもリフレッシュできますし、時間を有意義なものにすることもできます。

ひと昔前はドールハウスを作るとなると、材料を揃えることからデザイン、設計まで全てゼロから自分で計画立てて作り上げなければなりませんでした。

それがドールハウス作りの楽しさでもあったのですが、一方でそれがハードルになってしまって手を出しづらいと感じる人も多かったのです。

しかし、今では必要なパーツも100円ショップなどでいろいろと販売されていますし、簡単な作り方もインターネットですぐに検索することができます。

必要な材料が全て入ったドールハウスキットなども色々とあるので、初心者はこういったものから始めてみるのも良いでしょう。

ドールハウスの制作時間

ドールハウスには様々なサイズがあり、例えば1/6サイズであれば実物の6分の1の大きさとなっています。

一般的に市販されているお人形の家などは1/6や1/12サイズになっていることが多いので、購入する際には大きさの目安にしておきましょう。

サイズや家具の種類、緻密さなどによって制作時間は大きく変わってきます。

大がかりな物を全て自分で作るのであれば6ヶ月近くかかってしまうこともありますし、簡単な初心者向けのキットであれば数時間から数日ほどで完成させることもできます。

ドールハウス作りに慣れていない人であれば制作時間もかなり増えてしまうので、規模の大きい物や凝ったものを作りたい場合は、それなりに制作時間がかかることを覚悟しておきましょう。

初心者はいきなり大作に手を出してしまうと、完成まで数週間かかることもあるので飽きやすくなってしまいます。

自分の技術なども考えて、飽きずに完成させられる制作時間のものを選ぶようにしましょう。

制作時間があまり取れないという人や飽きっぽい人であれば、1軒丸ごとではなく1部屋だけを作るのもおすすめです。

市販されているキットには制作時間の目安などは記載されておらず、どれくらい時間がかかるかは完全に個人の技術や1日に進められる範囲によります。

家1軒分を丸ごと制作するものであれば達成感はかなり大きいですが、同じように制作時間も膨大に上ります。

コツコツと時間をかけて進めるのも楽しいですが、途中で飽きて放り出してしまっては元も子もないので、自分が完成させられそうなものを選んで購入するようにしましょう。

キットを購入するときの注意点

インターネットなどで探してみると、市販されている数多くのドールハウスを見つけることができます。

日本国内はもちろん、海外で販売されているものも本当にデザインや作りが可愛らしいのでおすすめです。

インターネットで購入する場合は、そのドールハウスキットがどこで作られたものかにも注意する必要があります。

もし海外で販売されているものであれば、説明書が日本語以外で書かれている可能性が高く、制作に困ってしまうこともあります。

販売価格によって、制作に必要となる道具が入っていなかったり、説明書が日本語ではない場合もあるので、購入前にこれらの点をしっかり確認しておくようにしましょう。

実際は説明書のイラストを見ながら制作すればスムーズに完成させられることも多いので、安さを重視するのであれば説明書の日本語表記は後回しにしても構いません。

また、上述しましたがドールハウスのサイズにも十分注意しておきましょう。

1/6サイズは意外と大きく場所を取ってしまうので、余程スペースに余裕がある場合以外は避けたほうが無難です。

趣味として作る程度であれば、1/12サイズくらいが最適です。

大きすぎるとせっかく完成させても飾る場所が無くなってしまいますし、制作時間もかなり必要になるので十分経験を積んでから手を出すようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-

関連記事

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:ファミリーコンピュータ

やはり家庭用ゲームと言えば、ファミリーコンピュータをまず思い浮かぶ人は多いでしょう。 今の据え置き型ゲームの原点ともいえます。 そんなファミコンについて簡単にまとめました。

よみうりランド開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

東京都稲城市にある「よみうりランド」では、不定期にコスプレ入場可能のイベントを開いてくれています。 このよみうりランドのイベントが、コスプレイヤーの間では「なかなか使い勝手がいい」「もっと早くに利用す …

日本の伝統ゲーム「うんすんカルタ」の魅力と遊び方

うんすんカルタは室町の風情が満喫できる日本独自のカードゲームです。

今プレイしても楽しめる!ニンテンドウ64の名作ゲームソフト3選

1996年に発売されたNINTENDO64は、それまでのスーパーファミコンなどと比べれば大成功を収めたというハードではありませんが、それでも数多くの名作を世に送り出しました。

プラモデルやフィギュアの塗装に!ガイアカラーの特徴と使い方

ガイアカラーはガイアノーツ社が販売する溶剤系アクリル合成樹脂塗料です。 乾燥が早く、優れた光沢で知られているラッカー系塗料で、筆塗装だけでなく、エアーブラシ塗装の原料としても利用されています。

楽天モーションウィジェット