D.I.Mのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、D.I.Mのドールについて紹介します。

スポンサーリンク

美しいだけではないD.I.Mドールの魅力

ドールに興味がない方でも一度実物を目の当たりにすると、思わず惹きつけられてしまう。

それがD.I.Mドールです。

美しい質感とリアルさ以上に魅力的なのは、その表情です。

美しく憂いに満ちた表情のドールや、何か言いたげに視線を送ってくるドール、少し拗ねたように悲しげに佇むドール、今にも恨み言が口から漏れてきそうな険しい表情をしたドールなど、他のドールメーカーのドールとは違う独特の雰囲気が漂っています。

D.I.Mドールの中には、バンパイアの牙と尖ったエルフ耳を持つドールや、美しくも儚げなフェアリーのドールもいます。

どれも、今にも動き出しそうなリアルさと、ヴィンテージ感溢れる品格が備わっています。

一体一体個性豊かなため、どのドールにするか迷うほどです。

D.I.M(Doll in Mind)は韓国のドールメーカーです。

一体一体個性的で表情豊かなドールを製作しています。

30~60cmのドールはウィッグやアイがランダムでセットになったものからボディのみのもの、また、ヘッドのパーツも扱っています。

そのファンは多く、人気の理由は、リアリティ溢れる表情にあります。

D.I.Mドールをお迎えした方の中で多いのは、その雰囲気に癒されるという感想です。

いつまでも見つめていたくなる美しいドールたちは、単に着せ替えるだけが楽しみのドールとは違い、心に寄り添うものがあるのかもしれません。

毎日語りかけたり、そばに置いておくことで、ストレスが緩和されるという声も聞かれます。

楽しげなドールは自分を励ましてくれるような気持ちに、悲しげなドールは疲れた自分に共感してくれるような気持ちになり、ドールがそこにいるだけで癒されるのです。

自分好みにカスタマイズする楽しみ

ドールの魅力は、何よりも自分好みにカスタマイズできることにあります。

好みのD.I.Mドールのベースボディをお迎えし、別売りのサイズが合う洋服やウィッグ、アイなどを代理店等で揃えて、イメージにピッタリのドールを作り出すことができます。

ボディは、首、肩、肘、手首、股関節、膝、足首が動かせるようになっています。

頭に比べて華奢な作りのボディは、ドールならではです。

顔のパーツはもちろんのこと、指先まで美しく作られています。

ドールのカスタマイズで何より楽しいのは、洋服選びと、それに合うメイクです。

繊細で儚い印象のドールにはオーガンジーのワンピースやヴィンテージ感のあるドレスなどが合います。

怪しげでダークな雰囲気を出したいのならブラックのドレスやマント、ガーリーなドールに仕上げたいときは、フリルやレースをあしらったドレスやセットアップがお勧めです。

D.I.Mドールの魅力はその「ヴィンテージ感」と「異世界感」ですが、あえて現代風の洋服を着せることも一興です。

制服のような洋服やカジュアルなカットソーやパンツなどを着せても、表情とのギャップを楽しめます。

洋服の他に、ドール用のアクセサリーも多数あります。

ネックレス、ブレスレット、ヘアアクセサリー、バッグ、メガネ、帽子、手袋、タイツなど、細かなアイテムが揃っています。

洋服に合わせてコーディネートする楽しみがあります。

メイクは、個性あるドールに仕上げるためには欠かせないアイテムです。

まつげの美しい美貌のドールにしても良いですし、悲しげな表情を作るために目の下を赤くする手法もあります。

また、傷のようなメイクを施して影のあるドールに仕上げるパターンもあります。

初めてメイクをする方や、イメージが浮かばない方は、ドールメーカーのサイトなどを見て参考にしてみてはいかがでしょうか。

お気に入りのドールをお迎えするには

ドールをお迎えするためには、ドールメーカーの公式サイトに直接注文する方法がありますが、英語表記なので、英語でのやりとりが苦手と言う方は、DOLK等代理店を利用することをお勧めします。

英語は苦手なのにドールメーカーに直接注文してしまうと、万が一不備があったときのやりとりに大変な労力を要することになります。

何かあったときのために、英語の得意な方に依頼するか、代理店を利用するようにしましょう。

人気のドールはすぐに売り切れてしまうため、お気に入りの子を見つけたら、早めに購入しましょう。

購入を決めたら、お迎えの準備に取り掛かります。

フルセットのドールでなければ、洋服や小物、ウィッグ、アイ、シューズなどサイズが合うものを揃えます。

もちろん、ドールが到着してからでも構いませんが、裸のままで待たせることに抵抗があるという方は、前もって用意しましょう。

ドールが到着したら、不備や破損がないかしっかり確かめましょう。

アイがセットされているものは、アイを裏側からもチェックしましょう。

首や手足の関節が稼働するかどうかも確かめる必要があります。

ドールにとって大事なのは、その置き場所です。

ふいに倒れる可能性があるので、安定した場所を確保しましょう。

ドールにさせたいポーズによっても不安定さが生じます。

万が一倒れても傷がつきにくいように、敷物等工夫することをお勧めします。

美しく、魅力的なD.I.Mドールをお迎えしたら、ぜひお気に入りの名前を付けてあげて下さい。

元々ついている名前でも構いませんが、自分で付けることで一層愛着が湧きます。

素敵な名前を付けて、ドールとの癒しのひとときを過ごしてみて下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

ワールド工芸の鉄道模型の魅力と特色

ワールド工芸は、主に鉄道模型の製造や販売を行っている日本のメーカーです。

フリマアプリ「チケットキャンプ」の特徴や使い方

チケットキャンプとは、インターネット上でチケットの売り買いが出来る、フリマアプリのことを指します。 欲しいイベントのチケットを探し出して買うことも、不要になったチケットを売ることも、誰でも自由に可能と …

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「aiRuin studio」

コスプレは、コスチュームプレイの略語のことで、元は時代劇や歴史劇のことを指す演劇用語でした。 現代劇は、なるべく機能性重視で余分な飾りとか色彩を使わないように配慮することが普通になっていますが、歴史的 …

コトブキヤのフィギュアはココがスゴイ!

コトブキヤは1953年に玩具店として設立され、1995年には人気アニメのキャラクターをフィギュア化、その後のフィギュアブームの火付け役となった老舗メーカーです。

バキュームフォームのガレージキットの特徴は?メリット・デメリットについて

模型の成型方法の1つ、バキュームフォームについて紹介します。

楽天モーションウィジェット