1980年代の代表的なテレビドラマとは?


皆様はテレビドラマと聞いてどの様な作品を思い起こすでしょうか。

一昔前よりかは視聴出来るテレビドラマが国内外を問わなくなってきている為、真っ先に海外ドラマを思う方も多いと思います。

今回はテレビドラマ、それも1980年代の代表的な作品をいくつかピックアップし、ご紹介させて頂きます。

その頃に思春期を迎えている30代の方は、内容を見てテンションを上げて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

今も人気が高い1980年代のテレビドラマ

3年B組金八先生

さて、まずは1980年代でヒットし、その後も続編を作り続けて高視聴率をキープした作品、3年B組金八先生です。

この作品は主人公、坂本金八を演じる武田鉄矢が金曜日の八時にドラマ出演した作品です。

中学生の教員である金八先生が、生徒が起こすハプニングや保護者問題などに体当たりでぶつかり解決していくという物語です。

1979年の1作目から、その後もシリーズとして30年以上作り続けている大ヒット作品で、1980年代としてはシーズン2から3までありますが、どれも平均視聴率が20パーセントを上回っているテレビドラマです。

金八先生の印象として、オープニングで金八先生がクラス名を叫んだ後、胴上げをされる場面が強く出ており、今なおパロディなどでよく使われたりするほど人気です。

シリーズ後半になると、その時代背景にある問題や、金八先生の息子も登場したりと、一辺倒な内容ではなく見応えがあります。

学園ドラマとしては年代を超える代表作であることは間違いなく、1980年代としてもテレビドラマ代表作と言ってもいいでしょう。

3年B組金八先生 DVD-BOX 第1シリーズ [DVD]

北の国から

また、年代を跨いで長期シリーズとなった1980年代のテレビドラマとして、北の国からもあります。

田中邦衛が主演の作品で、北海道を舞台にした自然溢れる作品です。

こちらは1981年開始で、約21年間の長期期間放送された人気作品です。

北の国から 全12巻 (マーケットプレイス DVDセット商品)

スクール☆ウォーズ

さて、金八先生の様な教師ドラマとして1980年代に名をはせた作品で、これもまた今なお語られているものとして、スクール☆ウォーズがあります。

こちらは高校生の部活動のラグビーをメインにした話ですが、荒くれていた生徒達をスポーツを通じて生徒の心を溶かし、掴んでいく熱血教師ものです。

この作品、懐かしのドラマ特集などで場面を挙げられるのであれば、必ずと言っていいほど、山下真司が演じる主人公の滝沢賢治が、今からお前達を殴ると言って生徒一人一人を殴っていくという、2017年現代では大問題になり兼ねないことをしています。

勿論、生徒達への憎さ故でなく、生徒達との絆を深めたいが故の行動ではあるのですが、もし平成生まれの方がこの作品を視聴するのであれば、暴力ではなく教育の一環としての行動であるという認識のジェネレーションギャップは大きいと思います。

この様な熱い作品もありますが、教師ドラマとしては教師びんびん物語などといった田原俊彦主演のヒット作もありますので、1980年代は教師ドラマが豊作であったといっても過言ではないでしょう。

泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ Blu-ray BOX<通常版>

アイドルが主演のドラマ

さて、1980年代はアイドル世代でもあります。

アイドルが主演の作品も多々あり、堀ちえみ、片平なぎさが出演しているスチュワーデス物語や、伊藤麻衣子主演の不良少女とよばれてなど、いずれも平均視聴率が20パーセントを超えるヒット作品です。

当時の流行していた髪形やしぐさなど、時を経てもグッとくる方はいらっしゃると思いますので、こちらも代表的なテレビドラマと言えるのではないでしょうか。

大河ドラマ

そして何と言っても、ドラマといえば大河ドラマも忘れていはいけないところです。

1980年代は大河10作品中5作品が戦国時代を舞台にした作品であり、徳川家康、伊達政宗、武田信玄といった有名大名がメインの時もあれば、豊臣秀吉の伴侶や春日局といった戦国女性がメインの作品もあります。

昨今、戦国ブームと言われるほどこの時代に生きる人物が注目されてもいますので、1980年代のドラマと言えどもこの時代のファンであれば必見と言えるのではないでしょうか。

また、その他の時代を描いた作品もあり、特にいのちなどは大河にしてはかなり新しい時代背景の作品です。

平均視聴率は30パーセントに近い数字も出しており、流石は大河と言えます。

最後に

今回は日本のドラマをメインにさせて頂きました。

当時の主役に抜擢されていた俳優や女優は、今も第一線で活躍されている人が多くいらっしゃいますので、あの人の若い頃の作品を見たいと思う方は、1980年代には他にも様々な作品が出ておりますので、一度この時代の作品を探してみては如何でしょうか。

もしご興味があり、ご視聴を決めたのであれば最後に一点お伝えしたいことがあります。

それはオープニング曲です。

主題歌は殆どと言っていいほど主演俳優、女優が歌っておりますので、彼らの美声も楽しんで頂きたいと思います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, テレビ・動画
-,

関連記事

最高の一本と評判の映画「最高の人生の見つけ方」の魅力

「最高の人生の見つけ方」の魅力は、人間社会で生きている以上、人とのつながりによって、最大の幸福感が得られるということを示している点でしょう。 そのことを、名言と名優の名演によって、痛感させてくれる映画 …

泣きたいときに読みたい!おすすめハートフル漫画5選

日本語で言う「ハートフル」とは「心温まる」という意味を持っているそうです。和製英語ですね。 「ハートフル」は、もともと英語で「有害な」という意味合いがあります。 もちろん、今回紹介したい漫画は有害なマ …

20代が懐かしい気持ちになるテレビ番組5選

20代は社会全体から見ても若いとされる世代ですよね。 この世代はテレビが好きな世代でもありますが、話題になりやすいのは「いま放送されている番組」ではなく「過去に放送されていた番組」だったりするんです。 …

家族3世代で楽しめる!漫画を題材にした歌舞伎が人気の理由

歌舞伎は日本の伝統芸能で覚えておくと役立ちますが、楽しむためには知識も必要で、子どもにとっては題材が難しいと敬遠気味です。 ただ最近は漫画を題材にした演目があり、家族3世代で楽しめると人気となってます …

世界観に入り込める!おすすめファンタジー少年漫画5選

ファンタジーな世界の漫画はいろいろありますが、その中でも特に世界観に入り込める少年漫画を5作品紹介します。

楽天モーションウィジェット