いつまでも花を楽しめる!ドライフラワーの作り方とコツ

ドライフラワー
花はプレゼントやアレンジメントとして人気の高いモチーフですが、生花はあまり日持ちしないのが悩みの種です。

どんなに綺麗でも思い出が詰まっていても、1週間も経てば変色してしんなりと枯れてしまいます。

せっかくですから、できればいつまでも綺麗な状態で飾っておきたいものですよね。

そんな時に役立つのが、花をドライフラワーとしてアレンジメントすることです。

スポンサーリンク

簡単に作れるドライフラワー

ドライフラワーとはどんなもの?

あまり花に詳しくない人でも、ドライフラワーという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

その名の通り、花を乾燥させて作ったもののことで、いつまでも枯らすことなく楽しみたい場合におすすめの方法です。

しかし、単純に花を風に当てて乾かせばよいというものでもなく、手作りする場合はそれなりの手順を踏まなければなりません。

うまく状態の良いものをアレンジメントできれば、家の中をパッと明るく華やかにすることもできます。

花を長く楽しむという点で見ると、プリザーブドフラワーを思い浮かべる人も多いでしょうが、この2つは似ているようで実は全くの別物です。

ドライフラワーは純粋に乾燥させるのが主な手順ですが、プリザーブドフラワーの場合は一度花を脱色し、専用の溶液に浸けることで美しい色合いと瑞々しさを表現することができます。

ドライフラワーの方が簡単に作れるものの、見た目の美しさという点では劣ってしまいます。

しかし生花とは一味違った風合いを表現することもでき、同じ花でも全く違った楽しみ方ができるという面白さがあります。

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーを手作りする方法はいくつかありますが、簡単にできるものを紹介します。

・自然乾燥法

ドライフラワー作りの最もポピュラーな方法です。

窓際など室内でも風通しの良い場所を選び、花を逆さまに束ねて吊り下げておきましょう。

花の種類によっては、乾燥すると茎が脆くなって壊れやすいものもあるので、あらかじめ花の部分だけを摘んでワイヤーなどを刺して吊るすようにしましょう。

そのまま1~2週間程度放置しておき、花から水分がすっかり抜けてしまえば出来上がりです。

乾燥中に日光に当ててしまうと、色が褪せて茶色くなってしまうので注意しましょう。

・ドライインウォーター法

こちらも作りやすい方法です。

水分があまり無い花などは、単純に乾燥させてもうまくできないため、花瓶に数センチの水を入れて、花を挿しながらゆっくり水分を蒸発させます。

自然乾燥と比べると自然な色合いを残し、美しくアレンジメントすることができます。

ドライフラワー作りのコツとは?

まず最初に注意するのは、花ができるだけ新鮮で瑞々しい状態の時に造るということです。

切り花にしてから日数が経つと、色や鮮度が悪くなって綺麗なドライフラワーは完成しません。

ドライフラワーにしたい花があるなら、1日でも早く作成に取り掛かりましょう。

次に、使用する花の種類によって、適した乾燥方法などが異なります。

綺麗に完成させるためには、それぞれの花に適した作り方を選ぶことが大切です。

ドライフラワーに適した花は?

ドライフラワーを手作りする場合、乾燥させるのに適した花を使用したほうが綺麗に出来上がります。

時間が経っても花のいろが残りやすいものや、もともと花に水分の少ないものを選ぶと良いでしょう。

ドライフラワーと聞くと花というイメージが強いですが、実は葉も立派なドライフラワーにすることができます。

自分の好みに応じて、材料として利用するようにしましょう。

ドライフラワーにするのに適している花を具体的に挙げると、まずは「ラベンダー」がおすすめです。

束ねて吊るしておくだけで簡単にできますし、乾燥させている途中でもラベンダーの良い香りが漂って来るので、花の美しさだけでなく心と体を癒してくれるという魅力もあります。

出来上がったラベンダーは、そのまま机などの上に置いておくだけでも非常に絵になるので、アレンジメントが苦手な人にも最適です。

存在感のある美しいドライフラワーを作りたい場合は、印象的な黄色が残りやすい「ミモザ」もおすすめです。

綺麗な黄色から、独特の風合いを持つくすんだ黄色へと乾燥が進んでいく様を見ているのも楽しいですし、大きく綺麗な形の葉も一緒に乾燥させると黄色と緑のコントラストが楽しい一品に仕上がります。

最後に

乾燥に適した花を使用し、いつまでも楽しめるドライフラワーを手作りしてみましょう。

完成したらそのまま飾るのも良いですが、面白おい形にアレンジメントしたり、アクセサリーとして活用することもできます。

季節ごとの花を利用して手作りすると、オシャレなインテリアとなってお客さんなどにも好印象を与えることができるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

大人も社会科見学!工場見学を楽しもう

最近では工場見学を楽しむことが出来るところが増えています。 昔稼働していた工場もありますし、現在も使っている工場を見せてくれるところもあります。 そんな工場見学の魅力を紹介します。 スポンサーリンク …

書道の魅力と習うメリット

日本の伝統文化の一つであり、定番の習い事でもある書道ですが、様々な楽しみ方で誰でも気軽に始めることができます。

「ロハスフェスタ」で見つけるハンドメイドの魅力

ロハスの語源は、「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」という、英語の単語の頭文字を採用して誕生した言葉で、ロハスフェスタではそういった取り組みに貢献する商品が並ぶ点が魅力です。 既成製品と違 …

フリマアプリ「フリル」の特徴や使い方

3大フリマアプリのひとつとして数えられているのが、フリルです。 2012年の市場の勃興期に誕生したフリマアプリであり、同時に国内で誕生した、初めてのフリマアプリでもあります。 ユーザーも多く定着してい …

SEVENのBTOパソコンの特徴や評判は?

SEVENは、カスタマイズ性の高いBTOパソコンショップで、特徴はパーツを細かく選択できる点です。 さらに、価格も抑えめとなっているので、コストパフォーマンスが高いと言えます。 ゲームや動画制作が快適 …

楽天モーションウィジェット