身近な国家資格:運転免許

今や誰もが持っている資格と言えるのが、運転免許です。

特に地方在住者にとっては必需品と言っても過言ではないものですが、首都圏などの交通インフラが整っている場所では使用頻度が少なくなる可能性もあります。

スポンサーリンク

運転免許の取得から更新まで

自動車やバイクなどを運転するときに必要な資格である運転免許ですが、例えば英語検定、漢字検定、簿記検定などのように、一度取得してしまえば永続的に効力を行使できる資格ではありません。

一定期間ごとに講習を受けて更新する必要があります。

更新期間は所持者の状況によって異なります。

たとえば、初めて取得した人は、資格取得から2年で更新が必要になりますが、それ以降は3年、優良運転者になると5年ごとに更新が必要です。

初回取得から優良運転者になるまでには最短5年が必要になるため、初回2年と次の3年の2回のタイミングを経て優良運転者として認定されます。

ただし、誰もが優良運転者になれるわけではなく、この期間に特定の条件を満たす違反を除く無事故無違反であることが必要です。

この条件を満たしていない場合、免許取得から5年が経過しても優良運転者とはなれず、通常通りに3年ごとの更新が必要になります。

誕生日を境に前後1か月ほどの猶予がありますが、万が一にも手続きを行わなかった場合は効力が失効する可能性があります。

更新の頻度と方法を理解する

運転免許の更新期間はすでに紹介している通り、2年、3年、5年が基本です。

一部、高齢者などは1年ごとの適性検査が必要になる場合もありますが、原則的には最短3年だと認識しても問題はありません。

また、時期が近づいてくると担当局からハガキによるお知らせが郵送されてくるので、それを見ることで時期を確認することができます。

更新の方法は、郵送されたハガキを持って最寄りの運転免許センター、または指定された警察署に行き、必要な講習と視力、聴力などの検査をクリアすれば完了です。

基本的には平日限定、且つ受付時間が決まっている(午前、午後に1回ずつなど)ため、仕事などを上手に調整する必要がある可能性も考慮しておくと安心です。

警察署で講習を受験したい場合は、事前に予約をする必要があります。

あらかじめ希望する日時(指定の範囲)で申し込みを行い、定員に間に合っていればその予定で講習を受講することができます。

警察署で開催される場合は、必ずしも平日限定というわけではなく、土日も可能な場合あるので確認しましょう。

運転免許取得方法の種類

現状、一般的に利用される方法は自動車教習所です。

誰もが知っている通りの方法ですが、各地域に存在している自動車教習所に入所し、厚生労働省で定められている学科および実技講習を修了し、実技試験免除資格を持って本試験場で学科試験を受験するという流れが基本です。

しかし、ここ数年で非常に注目され始めている方法として、合宿免許があります。

基本的には自動車教習所を利用する場合と同じ流れで進める方法ですが、費用と期間に大きな違いがあります。

通常ならば30万円ほどの費用と1~3か月の期間がかかる教習所ですが、合宿免許の場合は20万円以下かつ2週間(最短日数)という少ない負担で済ませられる可能性があります。

負担の少なさが魅力の合宿免許ですが、不確定ながら更に少ない負担で済ませられる可能性がある方法に、一発試験というものもあります。

以前は積極的に利用されていた方法ですが、現在はあまり利用されることがなくなってきています。

ただ、この方法ならば普通自動車免許を2週間かつ10万円ほどで取得することも可能です。

手段を考慮するとお得さが変化する

運転免許を取得する際、合宿免許を選択して費用と期間を短縮すれば、そこで浮いた分を車の購入資金に充てることもできます。

単純計算で10万円前後の節約が期待できるため、自動車購入時の頭金として10万円を使うこともできれば、そのお金を使って卒業旅行や趣味を充実させることも可能です。

ただし、合宿免許の場合は期間中缶詰め状態になってしまうので、まとまった時間を確保できない場合は通常通りの方法(自動車教習所)、または一発試験を選択してコストを削減することも検討した方が賢明です。

免許取得後は、最短期間で優良運転者となり、更新期間を長く保つことでコストを削減することができます。

免許更新自体は2000~3000円ほどの費用で、優良運転者の方が安く済みます。

3年ごとに更新が必要になる上で費用も高い状態、5年ごとの更新で済むうえに費用も安い状態を比較すれば、期間が長くなればなるほど大きな違いになっていくことは明らかです。

期間を考慮すれば大きな負担ではありませんが、手段いかんでは節約が可能であることは覚えておきましょう。

最後に

運転免許自体はほぼ全員が取得すると言えますが、自動車所有率は地方ほど高くなります。
むしろ、ほぼ1一人1台の状態になることも珍しくありません。
更新費用を含め、しっかりとしたコストコントロールをすると、安定して自動車を保有することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

外国語を学ぶ資格:ロシア語能力検定試験(露検)

英語や中国語は人気のある語学ですが、仕事として将来海外進出をしようと考える場合、ライバルの少ない言語を学ぶメリットは多くあります。 ロシア語は話者も少なく、ロシアそのものが私たちにとって未知の国である …

趣味で取れる実用的な資格:ことわざ検定

諺は日本の古い時代から言い伝えられてきたもので、私たちが生きていくうえで大切な知識や教訓などを短い文章にしたものです。 このような日本の伝統や文化、歴史などについて学習することは素晴らしいことです。 …

美容やファッションに関わる資格:クリーニング師試験

数多くの資格がある中で、もっと手に職をつけたいと思う時には、クリーニング師試験を受けるのもお勧めです。

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネスコンプライアンス検定」

21世紀に入り、法令遵守、コンプライアンスの徹底が言われるようになっています。 社員などが不祥事を起こすことで、社会的な信用を失い、会社の経営に大きな影響を及ぼすことから、コンプライアンスの重要性は、 …

ニッチな外国語の資格:スウェーデン語能力検定試験(SWEDEX)

就職などを目的にして取得する資格として一般的なものに、言語能力に関する資格があります。 英語やフランス語など、世界の広い地域で使用されている言語の能力をはかる試験がある一方で、世界の限られた地域でしか …

楽天モーションウィジェット