初心者のためのドローンの選び方

ドローン
最近テレビや雑誌などでよく目にすることの多いドローンですが、一般の人でも購入したり飛ばしたりすることができると知っていましたか?

うまく操作できればこれまでのラジコンとは違った操作性や面白さがあるので、ラジコン好きの人や空撮を楽しみたい人にもおすすめです。

ドローンは目的やサイズ、搭載している機能など様々なタイプが存在するので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

初心者でも失敗しないよう、ドローン選びのポイントを抑えておきましょう。

スポンサーリンク

ドローンを選ぶ時のポイント

ドローンの性能

ドローンを選ぶ上でまず大切になってくるのが、ドローンの性能です。

操作にある程度慣れている人ならどんな性能でも問題なく扱えますが、初心者の場合は最初から値段の高い高性能のものを購入してしまうと失敗してしまうことが多いです。

高性能なドローンの場合、操作を助けたり快適に使用したりするための様々な機能が備えられています。

販売されているドローンの中には、初心者でもすぐに安定して飛ばせるといった宣伝文句が付けられているものがありますが、これは機体に優れたサポート機能が搭載されているためです。

一見すると初心者にこそ必要な機能のように思えますが、最初からサポート力の高い機種を使ってしまうと、そのサポートに慣れてしまって自分の操縦技術があまり上達しなくなってしまいます。

例えば、機体に何らかのトラブルが発生して制御が不安定になってしまった場合、サポート機能を使えないため自分の技術だけで操作しなければなりません。

万が一の際に自分で操作しなければならなくなった場合に、ある程度の操縦技術を身に付けておかなければ、ドローンが制御不能になって困ったことになってしまいます。

このような事態を避けるためにも、初心者はサポート機能に優れた機体ではなく、ある程度自分の技術を磨けるリーズナブルな機体を購入して練習するようにしましょう。

使用目的と機能

また、初心者の場合はドローンをどのように使うのかを最初にはっきりさせておいた方が賢明です。

ドローンを購入する人は空撮目的であることが多いのですが、この場合はカメラを搭載している機体や後付けでカメラを付けられる機体を選ぶ必要があります。

安いからと言って調べもせずに購入すると、カメラを取り付けられないタイプだったということもあり得ます。

必ず購入前にカメラの有無や設置可能かどうかを確認するようにしましょう。

後付けでカメラを設置する場合は、搭載したいカメラを自分で選べるというメリットがありますが、最初からカメラが組み込まれている機体の場合はそうはいきません。

カメラの画素数や性能はもちろん、静止画だけでなく動画撮影にも対応しているかなど細部に至るまでよく確認する必要があります。

さらに、空撮する場合はFPVというシステムに対応している機能かどうかも重要な選び方のポイントです。

FPVとは空撮中の映像などをリアルタイムでスマホ画面などで確認できるシステムで、機体の操作だけでなく内容を確認しながら撮影を進められるのでより効率が良くなります。

このシステムはカメラを搭載している機体なら必ず対応可能という訳ではないので、購入前に対応しているかどうかチェックしておきましょう。

このシステムが搭載されていると、他の一般的な機体と比べて価格も割高になるので、予算をしっかり準備しておいた方が良いでしょう。

この他に抑えておきたい選び方としては、ローターの数が挙げられます。

ローターとはヘリコプターで言うところのプロペラのことで、ドローンを浮かび上がらせるために欠かせないものです。

ローターの数が増えれば増えるほど浮かぶ上がる力が強くなりますが、その分サイズが大きくなりがちなので、どうしても価格が高額になってしまいます。

特にこだわりが無い場合は、一般的なクアッドコプターというタイプのローターを選んでおけば問題ありません。

ドローンの価格は?

ドローンの価格について気になる人も多いでしょうが、機体の大きさや性能などに応じてピンからキリまであるので一概には言えません。

1万円せずに購入できるものから数十万円以上する高価な機体まで様々なタイプがあるので、まずは自分がどの程度の性能を求めているのか確認しておきましょう。

前述したとおり、初心者であるにも関わらず高額の機体を購入してしまうと、操縦技術が上達しなかったり、建物などにぶつけて壊してしまう可能性もあるので避けておいた方が無難です。

最初は1万円以下の安価な機体を購入して操作に慣れ、そこから高価なものへとステップアップしていくようするのがおすすめです。

ドローンの選び方は購入する目的によって大きく変わってきますが、いずれの場合でも性能と価格は比例することが多いです。

特に初心者の場合は予算とよく相談し、本当に必要な機能のみ付いているものを選ぶようにしましょう。

最後に

ドローンは操作に慣れてくれば本当に楽しく飛ばすことができるので、大人の趣味としても最適です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-, ,

関連記事

カードゲーム「ごきぶりサラダ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ごきぶりサラダはどんなゲーム? ごきぶりサラダはドイツ生まれのカードゲームです。 トレーディングカードゲームとは違い、戦略や運といった要素よりも、各自の判断力と瞬発力を必要とする、パ …

デジタルTCG「シャドウバース」の魅力とは?

最近、シャドウバースというゲームアプリがかなり話題となっています。 このゲームはいわゆるトレーディングカードゲームというジャンルにあたるものです。 トレーディングカードゲームは数多くリリースされていま …

大人だからこそ夢中になる!バイク模型の楽しみ方

世の中にはバイクに夢中になっている人たちが沢山います。 実際にバイクを所有してツーリングやサーキット走行を楽しんでいる人や、バイクは所有していないけどバイクに憧れを抱いている人たちなど様々です。 その …

CGMマーケットプレイスに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

アニメやマンガなどのサブカルチャーに寛容な徳島県では、徳島で開催されるイベント「マチ★アソビ」において、知事自らこのイベントの公開収録に加わったり、初音ミクの撮影会にも積極的な姿勢を示していました。

プラモデルやフィギュアの塗装に!ハンブロールエナメルカラーの特徴と使い方

ハンブロールエナメルカラーは英国の塗料メーカー・ハンブロールが製造している塗料です。

楽天モーションウィジェット