ドローンに資格は必要なのか?

ドローン
ドローンとは操縦士が乗らない無人の飛行機のことを指します。
英語の雄のミツバチから転じた言葉で、大きさは10センチほどの小さなものから、30メートルを超える大型のものまであります。
形もいろいろな種類があり、ヘリコプターや飛行船の形をしたものなど、さまざまな形があります。

またドローンを飛ばす人のことをドローンパイロットと呼び、趣味や職業などで区別することなく、ドローンを飛ばすことができれば誰でもドローンパイロットとなります。

ある時期にドローンが世間を騒がせたことがあり、この話題によってはじめてドローンを知った人もいれば、ドローンは誰が操作してもいいのかと不思議に思った人もいるのではないでしょうか。

それ以来、一度自分で操作してみたいと思っている人も多いでしょう。

それではドローンは誰が操作しても大丈夫なのでしょうか?
また免許や資格などは必要があるのでしょうか?

スポンサーリンク

小型ドローンは免許や資格なしで操作できる

今現在、販売されている一般的な小型のドローンは、免許は不要となっています。

つまり誰でも操作をすることが可能というわけです。

免許が不要とはいえ、何も知らない状態からはじめては不安もあるでしょう。

またせっかく自分のドローンを手に入れたのに、操作方法に慣れていないために破損させてしまう可能性もあります。

現在は誰でも操縦することが可能ですが、法律にのっとった飛行が義務付けされています。

飛行禁止エリアとしては、空港などの周辺の空域、地表または水面から150メートル以上の高さの空域、人口集中地区として指定されている地域の上空は禁止エリアとなっています。

また、夜間の飛行、黙視できない範囲の飛行、イベントなどの上空の飛行、人や物との間で30メートル以内の飛行、危険物の輸送など、飛行禁止ルールも定められているので、注意が必要です。

これからドローンで空撮をしたいという場合には、専用の検定や操作に役立つ資格を取ってみるのもよいでしょう。

ドローンの資格や検定

それでは具体的にドローンについての検定や資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

一つ目は国家資格の「第三級陸上特殊無線技士」と呼ばれる資格です。

現在では操作をする際にはコントローラーと本体をWi-Fiを使用して、命令の伝達がなされています。

しかし専用の無線周波数帯域が確保されると、その無線を使うことができる資格が必要となるといわれています。

その資格が国家資格の第三級陸上特殊無線技士なのです。

この資格は警察無線、消防無線、鉄道無線、タクシー無線などの無線設備の技術的な操作に従事する場合には必要となります。

この資格を取得するための国家試験は、日本無線協会が主催していて、年に3回指定された試験場で実施されています。

また国家試験を受けなくても、決められた養成課程を修了することで、資格を取得することも可能です。

この資格を取得するための方法としては、独学で学習して国家試験を受験する、養成課程を修了して国家資格を取得するの二つにわかれるということになります。

国家試験にかかる費用は5,152円で、申請書を提出するかインターネット申請で申請を行います。

養成課程を受講する場合には、費用は25,834円で、申請は直接指定された窓口に提出するもしくは郵送して行います。

また国家資格ではなく民間資格も存在しています。

「ドローン検定」と呼ばれるもので、正式名称は「無人航空従事者試験」と言います。

これはドローン検定協会が主催するもので、初級にあたる4級から、上級にあたる1級まで分かれています。

どの級でも筆記試験のみ行われ、幅広い分野から出題されています。

80点以上が合格となり、3級と4級は受験資格の条件はありません。

2級を受けるためには3級の検定に合格していること、1級を受けるためには2級に合格している必要があります。

試験は年に3回から6回ほどのペースで開催されています。

費用は4級は3,500円ですが、級があがるにつれて費用も高くなり、1級の費用は18,000円となっています。

最後に

現在では世界的に見ても大企業がドローンを活用しようと模索しています。
日本でも2016年4月に、2020年までに建設現場での測量に活用したり、ドローンの生産性を25パーセントアップするという案が取りまとめられました。

近い将来、専用の無線周波数が確保されるともいわれ、操作範囲は飛躍的に伸び、活用の幅も大幅に拡大されるといえます。
このようになった場合、商用としてドローンを使用する場合には、専用の免許や資格が必要になる可能性もあります。

美しい空撮をとるために検定や資格を取るのもよいですが、将来的にビジネスとして扱いたいと思っている人には、とても役立つものになるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

ソフトビニールのガレージキットの特徴は?メリット・デメリットについて

怪獣やヒーローなど特撮もののキャラクターでよくあるソフビ人形。 ソフビはソフトビニールの略ですが、ソフトビニールキットについて紹介します。

プラモデルやフィギュアの塗装に!エアテックスカラーの特徴と使い方

プラモデルは、塗装で質感が大きく左右されるので、表現者の技量が作品に現れます。 これはフィギュアにも共通する特徴で、誰もが行き詰まる、上達における壁というものがあります。 もし、表現力を上げたかったり …

2人用ボードゲーム「ガイスター」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ガイスターはどんなゲーム? ガイスター(Geister)はオバケをモチーフとした対戦ゲームです。

ボードゲーム「カタン」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク カタンはどんなゲーム? カタン(CATAN)は非常に人気の高いボードゲームで、都市を開拓していきます。 シンプルで単純ですが奥が深く、一つの目的を目指し知力を駆使していく中で、戦いは …

コンプしたい!メディアファクトリーのトレーディングラバーストラップ

アニメやライトノベルなど二次元のコンテンツを発信しているメディアファクトリー。 ここではメディアファクトリーから出ている、コレクションして楽しいラバストに注目!

楽天モーションウィジェット