航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:無人航空従事者試験(ドローン検定)

科学技術の革新にともなってドローンと呼ばれる無人航空機が登場したことで、日常生活へ色々な影響を与える可能性が出てきました。

今まで簡単に撮影することができなかった空撮が可能になったりなど、様々な分野で活躍することが期待されています。

スポンサーリンク

無人航空従事者試験(ドローン検定)制度ができた背景

ドローンは手軽に扱える無人航空機として、多くの可能性を秘めている反面、新たな問題が生じてしまうという側面もあります。

具体的な例としては、操縦技術のつたない人がドローンを飛ばしてしまうことで、落下事故が起こってしまったり、誰かに怪我を負わせてしまったりといったことなどです。

事故の発生にともなって無人航空機に関する規制が進んでいることもあり、法的な知識と技術を持ったドローン操縦士が求められるようになってきました。

そこで、無人航空機などの規制に対してある程度の理解があり、一定のドローン操縦技術があることを証明する役割を果たすものとして、無人航空従事者試験(ドローン検定)の資格制度が生まれました。

ドローンは使用方法によって、趣味や空撮だけでなく、様々なことに利用することが可能です。

戦場での怪我人の発見や、災害時に救援物資を届けたり、通販の際に利用したりなど、たくさんの利用方法が見込めます。

正しく活用していくことで、落下事故などを防ぎ、未来社会への貢献に寄与することができるでしょう。

資格制度の概要や実施状況

ドローンなどの無人航空機は近年になって世間に認知されるようになってきたため、無人航空従事者試験(ドローン検定)はまだ歴史の浅い資格制度と言えます。

資格取得者もそれほど多くなく、今後その数が増加していくと考えられます。無人航空従事者試験(ドローン検定)は1級から4級まであり、それぞれのレベルに応じて、一定の知識と操縦技術を証明するものとして利用することが可能です。

平成27年から実施されはじめ、すでに10回以上試験が行われています。

試験は年に6回ほどいくつかの会場で開催されているため、比較的自分の好きなタイミングで受けにいくことができるでしょう。

方式はマークシートによる筆記試験で、8割以上の正答率で合格することができます。

1級を取得することができた場合、希望すれば資格制度を実施しているドローン検定協会のホームページにプロフィール情報を掲載することが可能です。

出題される内容は受験する級にもよりますが、無人航空機に関する基礎的な知識とともに、関連する航空法や電気電子工学分野への理解も求められます。

資格取得までに必要なこと 無人航空従事者試験(ドローン検定)は筆記試験のみなので、基本的にはドローン検定協会の推奨しているテキストなどを用いることで、独学での勉強が可能です。

ドローン操縦士としての技術を得て、実際に使える知識としたい場合は、スクールに通うといった選択肢もあります。

法律的な知識を得るだけでなく、練習場などを使って指導を受けながらドローンを飛ばす技術を身につけることができます。

独学で飛行技術を身につけた場合は、自分自身で練習場を見つけて規制を守って練習しなければいけません。

ほかの無人航空機に関する民間資格としては、ドローンパイロット技能検定試験などがあります。

こちらは筆記だけでなく実技試験もあるため、飛行技術を示すために資格を取得したいのであれば、無人航空従事者試験(ドローン検定)と合わせて勉強を進めると良いかもしれません。

法的な規制もこれからますます強まっていく傾向にあり、法整備が進んでいく過程で免許制度の仕組みができる可能性もあります。

民間資格であっても早い段階で取得しておくことで、今後有利に働く可能性があるでしょう。

資格としての将来性や仕事への影響

無人航空機に関する資格は、現在の段階では無人航空従事者試験(ドローン検定)のような民間資格しか存在しませんが、これからの動き次第でその有用性が変わってくると考えられます。

現時点では、ドローンを飛ばすために必要な義務として免許や資格はありません。

無人航空従事者試験(ドローン検定)はドローンに対して一定の知識があることを示したい時に、ある程度の説得力を持たせる役目を果たすでしょう。

ドローン操縦士が仕事になるかどうかですが、ドローンの操縦のみで生活を成り立たせるのは現段階では難しいと考えられています。

例えば動画制作の会社で働くことを想定した場合、基本的な編集技術などに加えて、ドローンを使って空撮ができることでより活躍できる場を増やすことができます。

また建設会社などでは、測定技術などのスキルがあった上で、ドローンを使った作業ができるとより仕事の幅を広げることができるでしょう。

操縦技術単体での仕事はまだ少ないのが現状なので、スキルアップの一つの手段として捉えると良いかもしれません。

最後に

ドローンは法的な整備がきちんと行われるまでは、危険性が多いとされていますが、将来性の高い無人航空機です。
確かな操縦技術と知識がある人への需要が増えていくと考えられるので、資格を取得しておくとドローンを活用できる人材になれるかもしれません。

ドローン検定協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

国家資格の平均年収はいくら?何の資格が高収入なのか

テレビなどでは資格取得を勧めるCMが頻繁に流れますね。 資格は持っているだけで意義があるように思われがちですが、実際は資格にも「価値ある資格」と「価値ない資格」があります。 この差は何かというと、端的 …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「カラーコーディネーター検定試験」

色には、その人の魅力を引き出したり、印象を変えたり、物や空間を変化させる不思議な力があります。例えば、青を見ていると心が落ち着いてきますし、ファッションに取り入れると誠実そうに見せることができます。 …

地球環境を守る資格:土壌環境監理士

土壌汚染などの土壌に関する問題は、国土の狭い日本では重要な問題の一つと考えられています。 近年では築地や豊洲市場の地下部分の汚染が取り上げられたこともあり、関心を持った人も多いのではないでしょうか。 …

女性が持っていると役に立つ資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」

女性は、様々な要因で生活スタイルが大きく変化することになります。 生活はもちろんのこと、特に仕事との関係で、大きな変化が起こりやすくなります。 男性であれば、学校を卒業して就職して定年まで勤め、第二の …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船内荷役作業主任者

船と聞くと人を乗せて運ぶものと言うイメージが強いですが、同時に数多くの貨物も運搬しています。 効率よく貨物を積み下ろしして運搬するために重要な役割を果たすのが、船内荷役作業主任者という仕事です。 どの …

楽天モーションウィジェット