簡単スイーツ♪【生キャラメル】の作り方!

購入すると高いスイーツも、自宅で手作りをすることで、安く安全なものを楽しむことが出来ます。

一世を風靡したスイーツの一つに、生キャラメルがありますが、意外と簡単に作ることが出来るスイーツの一つでもあります。

スポンサーリンク

2つだけの材料で作ることが出来る

簡単な生キャラメルの作り方として、市販のミルクキャンディと生クリームを使用した方法があります。

用意するのは、好みのミルクキャンディと生クリームだけです。作り方も非常に簡単で、用意したミルクキャンディと生クリームを鍋に入れます。

鍋を火にかけ、木べらなどで混ぜながら、ミルクキャンディを溶かすようにしていきます。

しばらく火にかけていると、ミルクキャンディが溶けたら、火を弱火にし、さらにとろみがつくまで加熱をします。

混ぜている木べらに、ねっとりと液体がつくようになれば、火を止めましょう。

皿などに、クッキングシートを敷き、その上に加熱したミルクキャンディと生クリームを流します。冷凍庫もしくは冷蔵庫に入れ、冷やします。

ある程度しっかりと固まったら、包丁などで好みの大きさにカットします。加熱が足りないと、冷やしても固まらないため、しっかりと加熱をするようにしましょう。

カットした後は、ワックスペーパーなど、くっつかない素材でくるむなどして保存をするようにしましょう。

保存料などが入っていないので、早めに食べきるようにします。

牛乳を使った作り方とは

生クリームがなかなか自宅にないという人も、少なくはありません。

そこで、自宅にあるもので生キャラメルを作りたいという場合には、牛乳とバター、砂糖の3つの材料で作る方法があります。

これも、非常に簡単に作ることが出来ます。

まず、用意した牛乳とバター、砂糖はフライパンもしくは厚みのある鍋に入れ、火にかけます。

ふつふつと沸いてきたら、焦がさないようにしっかりと木べらやゴムヘラで混ぜるようにします。

この時、火が強いと焦げやすいので、中火もしくは弱火にして加熱をします。

ヘラで液体の状態を確認し、液体を持ち上げた時にもったりとしてきたら、クッキングシートに流し、冷蔵庫や冷凍庫で冷まします。

冷凍庫のほうが早く冷めるので、時間がないというときには冷凍庫で冷やすことをおすすめします。

十分に冷めたら、好きな形にカットして完成です。

加熱しすぎてしまうと、生キャラメル独特の口に入れた時に溶けるということが無くなり、固まってしまうので、注意が必要です。

液体の様子を見ながら、火にかけるようにしましょう。

電子レンジを使った方法

生キャラメルを作るというと、火を使うのが一般的ですが、火を使わずに生キャラメルを作る方法もあります。

それが、電子レンジを使う方法です。火を使わないので、子供と一緒でも簡単に作ることが出来るほう法です。

用意するものは、火にかけて作る方法と基本的には同じで、牛乳とバター、砂糖そして、油です。

まず、用意した材料を大きめの耐熱容器に入れ、レンジで加熱します。レンジによって、加熱時間は異なりますので、様子を見ながら、7分前後加熱します。

加熱し終わったら、一度容器を取り出し、泡立て器でしっかりと混ぜます。さらに3分ほど加熱し、加熱が終わったら、混ぜます。

この時、水っぽく感じたら、さらに1分ほど加熱します。液体がふつふつとし始めると、焦げやすくなるので、注意をしながら、20秒ずつ加熱していきます。

最初に比べて、色がついたら、加熱を止め、クッキングシートに流し、十分に冷やしてからカットしたら、完成です。

生キャラメルの厚みを出したい時には、小さめの容器にクッキングシートを敷き、そこに流すようにすると良いでしょう。

贈り物としてもおすすめ

自宅で作る生キャラメルのメリットは、様々なアレンジをすることが出来るということです。

基本的な材料は、牛乳とバター、砂糖ですが、ココアや抹茶、ジャムなどを加えることにより、自分好みの生キャラメルを作ることが出来ます。

また、生キャラメルの加熱時間を少し短くすることにより、ジャムのようにパンやクラッカーに塗るなどの、アレンジを楽しむことが出来ます。

市販のポップコーンに絡めるようにすることで、本格的なキャラメルポップコーンを自宅で簡単に楽しむことが出来ます。

たくさん生キャラメルを作ったら、自宅で楽しむという方法もありますが、おすそ分けをしても良いでしょう。

そのような時には、キャンディの様に包んで瓶の中に入れたり、ボックスに入れるなどして贈ると良いでしょう。

生キャラメルを持ち歩くときの注意点としては、夏など、気温の高い時には長時間室温に置いておくと、生キャラメルが溶けてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

必要に応じて、保冷剤などで冷やした状態で持ち歩くようにすると良いでしょう。

最後に

生キャラメルは、非常に簡単に少ない材料で作る事が出来ます。

冷やすための時間が必要となりますが、調理時間はそれほどでもありませんので、忙しい人でも簡単に作ることが出来るでしょう。

火を使った方法やレンジを使った方法など、自分に合った方法で作ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【カレーやシチューに入れる】

クコの実って知っていますか。杏仁豆腐の上にトッピングされている、赤い実といえば分かるでしょう。 その鮮やかな赤色は、真っ白な杏仁豆腐に華を添えてくれます。

ダイエット中でも食べてOKな豚肉の効果:脂肪酸を燃やす!

ダイエットに肉はもってのほかと思っている人は多いと思います。 豚肉をダイエットに利用することはどうなのでしょうか?

高カカオチョコレートの知られざる効果!【便通改善効果】

リラックスしたい時や、日常的なおやつとして、チョコレートは至福のひと時を提供してくれる食べ物の一つです。 チョコレートのお菓子は、たくさんのメーカーから毎年数多く出されています。頑張った自分へのご褒美 …

岡山県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

岡山県は、晴れの国と呼ばれるほど、年間で晴天の日が多い温暖な気候の土地です。 岡山と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、桃やブドウなどの果物でしょう。 実際、温暖な気候から果物が大変美味しいですが、近年様々 …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:オイスターソース

ちょっと小腹がすいたとき、ご飯があれば冷蔵庫の中のものを使って、簡単に作れるメニューとして人気があるのがチャーハンです。 具材は好みのものでいいし、作るのにフライパン1つでできてしまう手軽さが、多くの …

楽天モーションウィジェット