簡単スイーツ♪【わらび餅】の作り方!

簡単に作れて美味しいわらび餅は、昔から多くの日本人に愛されてきました。

途絶えることのない人気の秘密と、その歴史を知ると、きっと作ってみたくなるはずです。

世界に認められる和食文化に触れて、極上のおもてなしレシピをゲットしましょう。

スポンサーリンク

世界から注目される和のスイーツ

和食が無形文化遺産に登録されてから、和の料理は世界的に知名度をあげました。

上品で粋な味わい、洗練された職人技と繊細な口当たりが世界各国の人々から絶賛され、和食を求めて日本へ観光に来る外国人も大勢います。

その中でも今、注目を浴びているのが和のスイーツです。

スイーツというのは文字通り、カタカナで記載されるくらいですので、外国文化のイメージがあります。

日本には和菓子という文化がありますが、その領域を超えたものが和のスイーツと呼ばれます。

砂糖やバターを大量に使った西洋のものとは異なり、甘みを抑えて、食材の味を引き立てる調理方法が評価されています。

そんな、和のスイーツを自宅でも手軽に作ろうと思ったときに、初心者でも簡単にできるのがわらび餅です。

子どものおやつにも喜ばれますし、おもてなしとして来客があったときに提供しても、遜色はありません。

基本的な家庭料理と同時に、わらび餅を作ることが出来るようになれば、料理のレパートリーの幅に奥行きがでてきます。

文化と歴史に趣のある和のスイーツの作り方を、ぜひマスターしてみましょう。

わらび餅の文化と歴史

わらび餅は、日本の伝統的な食べ物です。歴史を遡ると、醍醐天皇が好物にしていたという文献があります。

人気が途絶えず、長年にわたって愛されてきたということは、それなりの理由があるということでしょう。

味だけでなく、見た目にも涼やかなわらび餅は、夏の風物詩にもなっています。

地域によっては移動販売が行われ、夏休みを迎えて浮足立った子どもたちが、こぞってわらび餅を買い求めます。

俳句の世界では季語にも認定されていて、いかに歴史に造詣が深いのかが分かります。

納涼のイメージが強いことも、西洋のスイーツとは一線を画する点です。

洋食で冷たいものといえば、アイスクリームです。しかし、アイスは時間と共に溶けてしまいますし、そうなってしまうと美味しさが半減してしまいます。

しかし、わらび餅は多少の時間をおいても、涼やかさが劣化することはなく、ゆっくりと味わって食べることができます。

縁側から夏の景色を存分に楽しみながら、時間を気にせずに冷たいスイーツを堪能できるというのも、魅力的です。

昔ながらの、日本人の知恵が詰まった食べ物といえるでしょう。

簡単にできるわらび餅の作り方

どんなに美味しいものでも、簡単に作れなければ、おもてなしに採用をすることはできませんし、その味わいを日常的に楽しむことはできません。

レシピを説明しながら、家庭でもできる手軽な作り方を紹介します。

和のものは難しいというイメージがありますが、実は材料はいたってシンプルです。

デンプンと砂糖、それに加える水だけで、ひんやりとした食感の美味しいわらび餅ができます。

デンプンは、専用のわらび粉として売られているものもありますので、よりこだわりたい場合はそちらの購入をおすすめします。

まず、これらの材料を鍋に入れて溶かします。弱火と中火の間くらいの火加減で、しばらくかき混ぜると透明になってきます。

玉などが残っていないことが確認できたら、別の容器に流し込みます。粗熱が取れたらあとは、冷蔵庫で冷やすだけです。

柔らかいので、人数分のカットも楽にできます。後はお好みで、きなこや黒蜜をかければ、誰の口にも美味しいわらび餅の完成です。

弾力性を重視したい場合は、わらび粉に少量の片栗粉を混ぜると、食感の強いわらび餅が出来上がります。

飽きないアレンジレシピもたくさんあります

基本的なわらび餅の作り方をマスターしたら、次にオリジナリティを出したいところです。

わらび餅そのものは、それほど味の強いものではないので、たくさんのアレンジができるところが魅力的です。

わらび餅は、材料が比較的安価なのが嬉しいところで、ついついたくさん作ってしまいますが、どれも同じ味だとさすがに飽きられてしまいます。

簡単にできるアレンジレシピも、紹介しておきましょう。

アレンジは基本的に、出来上がったものに、かけるものを変えることでまったく違ったものが完成します。

通常は黒蜜やきなこですが、たとえばカラメルソースなどを使えば、和洋折衷のスイーツに仕上がります。

フルーツ豆乳などを浸しても、美味しく食べることができます。

色合いに変化を求めるのであれば、抹茶を水に加えて調理すれば、緑色のわらび餅が出来上がります。

粗熱を取る段階で、さくらんぼを一定の幅で沈ませれば、透明なわらび餅の中にさくらんぼが浮く、美しいこだわりスイーツの完成です。

あえて何もかけずに、柑橘類だけを上に盛り付ければ見た目もさっぱり、夏に嬉しい納涼感のあふれるわらび餅になります。

最後に

わらび餅の魅力を追求すればするほど、その奥深さに感嘆します。

何より、シンプルなところが素敵です。

誰にでも作れるのに、誰もが美味しいわらび餅、しかもリーズナブルにできますので、そのレシピを知っていて損はありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「お肉と煮る」

1日に必要と言われている野菜の量はかなりのもので、生野菜、サラダとして意識して摂取しようとすると、かなり大変なことになってしまいます。 生のままだと大量に感じられてしまいますし、途中で食べるのに飽きて …

特盛B級グルメに挑戦する!ただし自己責任で…

B級グルメと聞くと、ついつい脂っこいものを想像しませんか? 実はただのB級グルメではなく、特盛のB級グルメを出すお店が増えています。 では、そのお店とは一体どういうメニューなのか、そしてどういう特徴が …

栽培しやすいハーブの種類:ジャーマンカモミール

育てやすいハーブの1つにジャーマンカモミールがあります。 育て方や使い方について紹介します。

身体を温める野菜【にんじん】

温かい食事を取れば体は温まり、冷たい食事を取ると冷えます。 あまりにも当たり前のことで、生活をしてて感覚的にも分かっていることだと思います。 例えば、冬に温まったスープを飲むとぽかぽかしたり、夏の暑い …

毎日食べたい!かんたん冬の鍋レシピ

冬と言えば、やはりお鍋が浮かびますね。 最近はいろいろなものを入れて食べるので楽しみも増え、また、一人鍋用の出汁なども種類が豊富にあるので気軽に楽しめます。 寒い冬だからこそ食べたくなる冬レシピで心も …

楽天モーションウィジェット