地球環境を守る検定資格:eco検定

人々の地球環境意識の高まりを受けて行われている検定試験の1つがeco検定で、それに合格することでエコピープルになる資格を得ることができます。

2006年から試験が開催され、約41万人の方がその検定試験を受験し24万人を超えるエコピープルが誕生している資格の一つです。

スポンサーリンク

企業の従業員の社員教育の一環としてeco検定の活用

eco活動の取り組みは地球規模に広がりを見せている中で、企業も存続する上ではその環境保全の役割を担う取り組みが必要です。

それにはまずは従業員からecoに対する意識を植える必要があるため、社員の環境教育の一環としてeco検定が奨励されます。

それを奨励することで、自ずと社員の地球環境に対するマインドが向上し、そのまま自主的な環境に対する取り組みを実施することにも繋がります。

またISO14001といった企業自体が取得したいISOの認定には、その検定試験に合格してエコピープルになった従業員の数が客観的な判断基準になることも多いです。

他にも企業の取引先にもアピールすることで、環境意識も存在する企業なため安心して取引できる企業であるというイメージを付与することもできます。

さらに環境に密接する事業を行っている場合には、企業のCSRなどで対外的な報告書でもそれを明記することもでき、企業の環境への取り組みを投資家などにも報告することも可能です。

このように企業の環境への取り組みが行われていることの証明を与えるものとしての価値が存在します。

eco検定を取得することがおススメの方とは

eco検定は検定試験を行う流れとなりますので、その試験に向けて勉強を行っていく必要があります。

もちろん資格試験の一種であり、その検定試験に合格すればエコピープルの資格を得ることに繋がるため、対外的にも自信を持ってアピールすることも可能です。

おススメの方としては、学生など就職活動を展開している方でその資格を取得していれば、履歴書や面接などでもアピールすることで採用されやすくなります。

当然、大手の企業であれば、環境意識の高まりが見られるため、そういった従業員を確保できると良いので採用にも前向きです。

また地球の環境意識が高い企業の社員で、ISOの認定を受けたい企業の社員はその合格者数が認定の基準になるため、そういった企業に所属する社員です。

他にも環境に対して顧客に積極的に提案を行う企業の社員なども必要不可欠で、こうしたeco検定でエコピープルの資格を保有していると説得力を得ることにも繋がります。

生活者の視点で地球の環境のことを考える主婦の方なども、より知識を得るためにeco検定を受けることはおススメで、生活者目線でecoの取り組みを考えるきっかけに結び付くことも多いです。

出題範囲や合格基準、試験要項等について

eco検定は年に2回開催される検定試験で、出題範囲としては公式テキストが存在するため、それをマスターすることで対応することは可能です。

ただ最近の環境に関する時事問題も出題されることもあるため、毎日の新聞などで環境に関する取り組みなどの情報をチェックしておくことが受験対策としておススメになります。

出題形式はマークシート方式による選択問題で制限時間は2時間で解答を行い、100点満点中70点以上で正答すれば合格となる試験です。

受験資格は学歴・年齢・性別・国籍などの制限もなく誰でも受検することが可能で、受験票と筆記用具、身分証明書を持参することで受けることができます。

申込登録期間が存在するため、その間に申し込みを行い、払込締切日までに検定料を支払い、それが確認できたら受験票が送られてくる流れになります。

当日に試験を受験し、約1ヶ月後に成績票が発送されて来るので、それによって合否が解ります。

個人受験と団体受験の二つがあり、個人以外でも企業や大学などで団体で受験することもできます。

500名以上となると団体特別試験となり、平日に試験を行う場合もあります。

受験者のデータとその難易度は

業種別に見ると受験される方は、製造業23%と建設業20%と圧倒的に多く、短大・大学・専門学校の学生、小売業、卸売業などが続きます。

一年に受験される方は約2万人となっており、合格率も開催回によってばらつきがありますが、平均して65%前後となっています。

従って受験者数の半数以上の方が合格することとなりますので、難易度としてはそれほど難しくない検定試験であるということが可能です。

実際の学習時間の目安としても2ヶ月以内の割合が多く、1ヶ月以内でも合格される方もいます。

受験に対する申し込みを行ってから勉強を初めても合格しやすい試験となります。

なお勉強方法としては、公式のテキストを読破し、その後に問題集を行うという形での勉強方法がオーソドックスとなっています。

eco検定は受験して合格してそれでお終いという資格試験でなく、一度受験して合格した人でもさらに何度でも受験して複数回の合格を得ることが出来る点です。

それにより最新の地球環境のeco事情の把握に努めることもできます。

複数回の合格ではeco検SEEKERの称号を得ることができ、認定バッジと認定証が送られる魅力があります。

最後に

eco検定の魅力は老若男女を問わず誰でもが受験することができ、地球の環境問題に対する意識の向上を促す検定試験で注目されています。
就職や社員教育、企業のISO認定、CSRなどの面でも重要な役割を果たしてくれ、今後は地球環境問題に対する高まりの中で重宝され普及される可能性もあります。

eco検定(東京商工会議所)

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

就活で持っていたい資格「日経TEST」のアピールできるポイント

一時期に比べて、景気も良くはなってきているとはいうものの、まだまだ大変な就活。 企業にアピールできるポイントは、一つでも多く持っていたいものですよね。 特に資格は、客観的に今の自分の力を示すことができ …

美容やファッションに関わる資格:ネイルサロン衛生管理士

美容やファッションへの関心が高まる中、ネイルサロンの数も以前と比べて増えてきましたが、ネイルサロンでは衛生面での管理も非常に重要です。 器具を消毒するといった知識はもちろん、サロン全般の衛生管理の知識 …

認定心理士の資格を取得するには?

心理学関係の学問は幅広い層に人気があります。 本格的に学ぶことができる場所は大学にしかありませんが、教養として学ぶのであれば様々な環境で学ぶことができます。 スポンサーリンク 認定心理士の資格取得方法 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本実戦話力検定」

日本人なら、日本語を話せて当たり前と考える人もいるでしょう。 しかし、単純に言語として発音できるだけでは、役に立たない場面も多いです。家族や知人と話したり、買い物をしたりするなど、日常生活を送るだけで …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「樹木医」

日本の国土は、約7割を森林が占めています。この数字は世界的に見ても、トップレベルになっています。しかも南北に長くなっている日本列島は、気候的には、亜寒帯から亜熱帯までの広い範囲に属しています。 それだ …

楽天モーションウィジェット