「江戸川サイクリングロード」でサイクリングを楽しむ為のポイント!

江戸川サイクリングロードは、江戸川に整備されたサイクリングロードで、河口から利根川との分流点までの、約60kmをサイクリングできる道になっています。

スポンサーリンク

埼玉にある江戸川サイクリングロードの特徴は?

初心者でもサイクリングを楽しみやすく、道もわかりやすいことが特徴です。

上流から下流を見て右側が右岸、左側が左岸となります。右岸は、河口から利根川との分流点までほぼ舗装されているため、路面の状態は悪くないと言えますが、ただし、道幅は広くはなく、歩行者が多いため、しっかりと気をつけることが大切です。左岸は、市川橋から新葛飾橋までの約5kmを除いた区間は、しっかりと舗装されており、路面の状況も良いため、初心者の方がサイクリングを楽しむなら、左岸の方がおすすめと言えるでしょう。

江戸川サイクリングロードの周辺には観光施設も多いため、色々な観光地に立ち寄りながら、サイクリングを楽しむことができるという特徴があります。

のんびりと景色を楽しみながら、長距離を走りたい人におすすめできるコースと言えるでしょう。

江戸川サイクリングロードは、アップダウンも少なく、非常に快適にサイクリングを楽しむことができます。歩行者が多いコースであるため、スピードをあげすぎないように、注意する必要があります。 江戸川サイクリングロードは、河川敷に設置されたコースであるため、野球場やゴルフ場、陸上競技トラック、テニスコートなどの運動施設があるため、その施設を利用する人のためにトイレも設置されています。

休憩所としても利用することができ、自動販売機やコンビニエンスストアなども充実しているので、埼玉でのんびりとサイクリングを楽しみたいというサイクリストにぴったりのコースです。

江戸川サイクリングロードの魅力とは?

埼玉の江戸川を中心に整備されたロードを走ることができる江戸川サイクリングロードは、サイクリストに非常に人気の高いコースとなっています。その魅力は、まずは走っている間に立ち寄れる、観光名所が多いということでしょう。

茨城県、千葉県、埼玉県、東京都の1都3県を巡るコースとなるので、その分たくさんの魅力ある場所を見て回ることができます。その魅力の一部を紹介します。

江戸川サイクリングロードで是非立ち寄りたい場所と言えば、江戸川区にある葛西臨海公園です。日本最大級の観覧車があり、水族館・植物園・公園などが一緒になっています。休憩地点として、ここほどぴったりな場所はありません。

ほとんどのサイクリストの方が、ここを出発地とされていますので、色々なサイクリストたちとこの場所で出会えることも魅力です。

また、寅さんゆかりの地である、柴又帝釈天にも立ち寄ることができます。広くて走りやすい京成江戸川駅付近の土手を走り抜けると、「男はつらいよ」で有名な、寅さんゆかりのお寺である「柴又帝釈天」が見えてくることになります。江戸川サイクリングロードは、その帝釈天の裏を通ることになるので、必ずこの場所を見ることができるという魅力があります。

さらに、埼玉県から利根川の分岐点を抜けて行けば、千葉県野田市に到着します。この場所では、走行中に醤油メーカーとして有名なキッコーマンの、煉瓦蔵をみることができます。普段はなかなかみることができない醤油蔵を見学することもできるので、是非江戸川サイクリングロードを走る場合には、立ち寄りたい場所と言えます。

江戸川サイクリングロードの終点はどこ?

江戸川サイクリングロードの終着点は、関宿城です。この場所は、千葉県野田市に位置します。関宿城は、「関宿城博物館」として公開されているため、城内に入ることができます。自転車を駐輪できるスペースもあるので、サイクリストには嬉しい場所です。

これまで走ってきた利根川と江戸川の分岐点を見下ろすことができるなど、サイクリングの終点にぴったりの場所と言えるでしょう。

関宿城は、1547年に築城された城とされており、大変由緒正しい場所です。サイクリングの終点で観光でき、休憩場所としても最適です。 東京江戸川区にある「葛西臨海公園」をスタート地点として、千葉県野田市の「関宿城」まで走るのが、江戸川サイクリングロードの王道のコースです。

初心者でも走りやすく、なだらかでしっかりと舗装されているコースは、のんびり走るのに最適なコースと言えます。河川敷なので、いくつか車道と交錯する場所もありますが、基本的に車の通りは少なく、安全にサイクリングを楽しむことができる点も魅力です。

季節によっては、土手が菜の花で覆われている場所もあり、とんがり帽子の取水塔があるなど、河川敷の景色もおおいに楽しむことができます。土手沿いに休憩できる場所も多くあり、トイレなどに立ち寄るのに困ることも少ないコースです。余裕を持って、コース計画を立てることができます。

到着の場所となる関宿城博物館には、お土産物店、自販機、トイレ、サイクルラックが設置されており、サイクリスト向けのオープンカフェがある「道の駅さかい」も、利根川を渡ってすぐの場所にあります。気持ちよくのんびりとしたサイクリングを楽しめることが、江戸川サイクリングロードの魅力です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-, ,

関連記事

地元民おすすめ!北海道旅行の穴場スポット3選

北海道は観光地として知られていますが、旅行に行く場合は有名な場所だとかなり混んでしまう可能性があります。 そこで、北海道の中でも穴場の旅行スポットを知っておきましょう。 複数ある穴場スポットのうち3種 …

紅葉の名所「香嵐渓」の景色を満喫!

香嵐渓の紅葉と景色を楽しむために、ぜひ知っておかなくてはならないことがあります。 駐車場が、観光スポットのわりに少ないため、朝早くから来ないと大変込みます。また近くから埋まってしまうので、探すのも大変 …

福井県のおすすめ温泉地3選

福井県は、関西圏から鉄道または自動車でのアクセスに非常に便利な場所に位置しているため、あわら市は関西の奥座敷と呼ばれています。 福井県で日本海に面しているエリアは、新鮮な海の幸を味わうことができます。 …

「温泉と木崎湖コース」でサイクリングを楽しむ為のポイント!

長野県大町市にある木崎湖(きざきこ)は、標高764mの高原にある湖です。 JR大糸線沿いに連なる3つの湖、青木湖、中綱湖そしてこの木崎湖を総称して仁科三湖といいます。

仲間と冬のレジャーを満喫!関東から日帰りで行けるスキー場7選

冬を代表する娯楽であるスキーやスノーボード。 仲間と一緒にウィンタースポーツを満喫したいけれども、なかなか全員が都合のよい日が見つからず泊まりがけでは無理だったり、宿泊費のことを考えると費用が高くなっ …

楽天モーションウィジェット