夏の風物詩「江戸川区花火大会」を楽しむポイント

この数年、大型総合スーパーやアパレルショップでも、低価格で浴衣を購入することができるようになりました。

また着付けが出来なくても、すでに完成された帯をマジックテープで簡単に止めるといったものまで販売されています。

ヘアスタイルも、簡単であればお団子ヘアーに、和柄のかんざしを挿すだけで、浴衣に合う感じに仕上がります。

お祭りや花火大会を楽しむためには、雰囲気にあったファッションを楽しむのも良いでしょう。

スポンサーリンク

屋台を満喫しながらの花火を楽しむ

江戸川区花火大会を楽しむにあたっては、メインを屋台にするか花火にするかで、おすすめポイントが変わってきます。

花火はだいたい、19時あたりから始まりますので、それまでに屋台で何かしら購入して、絶景ポイントに向かう方も多いでしょう。屋台が出店する場所は、江戸川区と市川区に分かれます。

江戸川区では、小岩から江戸川河川敷に向かっての誘導路にむかって、多数あります。篠崎駅から、篠崎公園や会場付近に近づくにつれては、規制があって少なくなって」います。

市川側は、こちらは規制がなく、まるでお祭りのごとくズラーっと露店が立ち並び、一般観覧席あたりまで続いています。

ですので、屋台を満喫しながら花火を見る場合には、市川側に行くことをお勧めします。また、市川側には、駅周辺にも飲食店がたくさんありますから、早めに御飯を軽く食べておくこともできます。

屋台を楽しんでから、一般観覧席に行くのも比較的空いています。ただ、若干駅から遠いというのが、ネックかもしれません。

浴衣に草履で歩きにくいと思われる方は、サンダルなど替えの履物を準備しておいた方が、良いかもしれません。

江戸川区花火大会を純粋に楽しむ

江戸川区花火大会では、江戸川区は来場者がおよそ90万人、市川区では40万人ほどですので、なんと倍以上も来場者が多いのです。小岩駅からは徒歩で25分くらい、篠崎駅からは15分ほどで、観覧会場に着きます。

しかし、江戸川区花火大会の当日は、大変な混雑ですので、早めの行動をしておく必要があります。

花火の時間が近くなる5時、6時くらいになると、駅、駅付近のコンビニやスーパーは劇混みとなります。ですので、花火が見える絶景ポイントを逃したくない方は、3時、4時くらいに到着していれば、花火を楽しむことができるのではないでしょうか。

特に小さな子供を連れている保護者の方は、絶対に手を放すことなく、空いている時間に出かけることをお勧めします。

また、帰りももちろん劇混みが予想されます。ですので、混雑を避けるためにも、一時間ほど時間を潰して、駅に向かうと良いかもしれません。

市川側で満喫したい場合には、来場者も比較的少なめですので、5時、6時あたりに到着していれば、問題なく見ることができるでしょう。

また、花火は観たいけど、混雑は苦手という方に絶好の穴場スポットがあります。

それは、市川市大洲防災公園です。市川駅からは、徒歩15分ほどのところにあります。歩くのが辛い方は、本八幡駅からシャトルバスが出ているので、利用すると良いかもしれません。

打ち上げ会場からは少し離れていますが、十分に花火の迫力を感じることができるでしょう。

また、年配の方や子供がいる場合、困るのがトイレでしょう。篠崎公園は、ほぼ真上に打ち上げられますし、トイレもありますから、焦らず見ることができます。

江戸川区花火大会の花火歴史について

この花火大会は毎年、市川氏民納涼花火大会と共同で開催されています。花火業者は、何と1659年に創業されたと言われているようです。

1600年といえば、まさに江戸時代で日本では、お侍さんがいたころです。それを考えると、歴史の長さを改めて感じさせてくれるでしょう。鍵屋が担当する花火は、まさに芸術そのものです。

花火大会自体は、1976年から続いているそうですので、こちらも30年以上の歴史があります。観客動員数は、先ほども書きましたが、江戸川区で90万人、市川区で40万人、トータル140万人にも上りますから、日本一と言っても過言ではないでしょう。

そんな花火大会は、オープニングから140万人の観客を魅了します。というのも、初めの数秒間で、千発ほどの花火が打ち上げられるそうです。

その迫力たるやいなや、おなかに響き渡るドドーンという爆音とは裏腹に、それは華やかに大輪の花が咲いているような艶やかさです。

そして次はパステルカラーが見どころの、打ち上げです。

真っ暗な空に輝く星空のような瞬きは、思わず願い事をしてしまいそうになるでしょう。それから、まさに職人の腕のみせどころといったら良いでしょうか。

真っ赤な夕焼け空を連想させるような、それでいて情熱的な電光石火のような花火で、会場は歓声と一体感に包まれます。

そして最後には、優美としか伝えようのない花火が次々と打ち上げられるのです。

有料席は桟敷席1万8千円、パイプいすは6千円と、値段だけみると高額に感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかしこの迫力や高揚感は、年に一度、ここでしかかじることのできない風物だと思います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい栃木県のおすすめスポット3選

自然がいっぱいの栃木県は、夏休みの旅行で家族が楽しめるスポットがたくさんあります。 好奇心いっぱいの子供を飽きさせない場所や、幅広い世代が満足できる旅行先を選んで、家族の絆が深められる旅行プランを立て …

地元民おすすめ!岡山県旅行の穴場スポット3選

岡山県へ旅行するときには有名な観光スポットに行く、という人も多いですが、地元の人のおすすめの穴場スポットなどに行ってみるのもいいです。 旅行だからこそ行くことができるところもあるので、岡山県で思い出を …

バッファロー(アメリカ・ニューヨーク州)のおすすめ観光スポット

第二次世界大戦後、ニューヨーク州(ニューヨーク市)には、世界の金融・経済の中心地として多くの会社が支店を置いています。 北西部に位置するバッファロー市は、アメリカ合衆国有数の工業都市で、ナイアガラの滝 …

ミルウォーキー(アメリカ・ウィスコンシン州)のおすすめ観光スポット

ウィスコンシン州ミルウォーキーは、アメリカ五大湖の中では2番目の大きさを誇る湖のほとりに位置する街です。 美しいミシガン湖周辺には、多くの観光スポットがあります。

香港旅行のおすすめ観光スポット

香港と聞いて思い浮かべる観光スポットは人それぞれです。 香港島、九龍半島、新界、島嶼、全部合わせて東京23区の二倍、沖縄本島や札幌市と同程度の面積ですが、高台から摩天楼と呼ぶに相応しいビルを見下ろした …

楽天モーションウィジェット