高カカオチョコレートの知られざる効果!【抗酸化作用による美容効果】


抗酸化作用が、どのようなものであるのかの前に、まずは活性酸素を知る必要があります。

なぜなら活性酸素があっての、抗酸化作用であるからです。

スポンサーリンク

抗酸化作用と活性酸素の関係とは何か

活性酸素は美容の一つ、アンチエイジングという言葉が日常的に聞かれるようになったとほぼ同時に、耳にする機会も増えたものではないのでしょうか。

活性酸素が、具体的にどのようなものであるのか知らなくとも、なんだか良くないイメージがあるかもしれませんが、実際には人が生きる上で必要なものなのです。

人が生きる上で、必要な事は多々あれども、絶対的に必要かつ無意識に行っている事として呼吸があります。

人は、呼吸により酸素を体内に取り込み、血液に運ばれ、細胞の活動を促進し、エネルギーを得ることで生命活動を維持しているわけなのですが、この呼吸時に取り込んだ酸素のおよそ2パーセントから3パーセント程は、何もしなくとも、つまりは日常的に過ごしているだけでも、活性酸素に変化してしまうのです。

では何故生きる上で、活性酸素は必要でありながらも、美容やアンチエイジングと共に注目され、悪いイメージが出来上がってしまったのかというと、それはこの活性酸素はあまりに元気が良すぎるため、酸化力があまりに強く体内を錆びさせてしまうからなのです。

機械の部品が錆びて、動きが悪くなったり、切った果物の断面が茶褐色になるのと同じ状態と言えます。錆びる原因は、空気中の酸素の影響によるものです。

しかし本来的に活性酸素は身体を外敵、すなわちばい菌や細菌から守り、駆除する免疫力として重要な役割を担っているのですが、あまりにこの酸化力が強いために、当の人間の身体も錆びさせてしまう影響もあるのです。

抗酸化作用とチョコレートの関係

日常的に行っている呼吸や様々な行動、環境によって生じているしまう活性酸素ですが、実はこの発生を抑える方法があります。

それを抗酸化作用と呼ぶのですが、その作用を持つ食品は、日常の中にもいくつかあるのをご存知でしょうか。その一つがチョコレートです。

チョコと聞くと、甘くて太るお菓子という風に思われるかもしれませんが、これに含まれる原材料のカカオは、そもそも薬としても用いられた歴史があり、現代のように抗酸化作用が盛んに取り上げられるようになる以前から、健康増進、疲労回復効果等があるものとして重宝されていたものなのです。

では、このチョコレートのどこに抗酸化作用が認められるのか。

それは、中に含まれているポリフェノールであり、このポリフェノールの種類は、約300種におよび、赤ワイン等にも含まれている事で知られています。

ポリフェノールは、体内の身体を錆びさせる原因となる活性酸素等の有害物質から、無害な物質に変化させる効果があるのです。

ポリフェノールには、抗酸化作用が認められ、これを多く含む食品の方がそれだけ効果が高いという事になります。そこでテレビや新聞、ネット等も幅広く取り上げられ、一躍注目の的となったのが、チョコレートです。

これは、チョコの中に含まれるカカオポリフェノールが、特にその効果が高いためです。前述したように、赤ワインにも含まれているこのポリフェノールですが、カカオに含まれているそれは比較すると倍以上あるものなのです。

とは言え、いくら美容にも良いものとされていても、チョコレートの選び方次第ではその効果が思うように期待できなかったり、あるいは逆に悪影響を及ぼす可能性もあるため注意が必要です。

高カカオチョコレートの適切な選び方

今では多種多様で、いつでもどこでもすぐに手に入るチョコレート。

抗酸化作用を目的とした場合、チョコならばなんでも良いというわけではなく、できるだけたくさんポリフェノールが含まれている、言わば高カカオチョコレート選ぶ事が重要です。

耳にするのは、70パーセント程度という事ですが、実際の所何パーセント以上で高カカオという定義は、未だないのが現状のため、一つの目安として70パーセントを基準に考えても良いでしょう。

しかし、いくらカカオの含有率が高いものとは言え、割合が高ければ高い程、濃く苦みも増していきますので、せっかく買ってみたはいいいものの、食べられないという事にも繋がりかねません。

特に、始めて食べる場合には70パーセント程度から始めて、徐々に苦みに慣らしていく事は大切です。

いくら身体に良いといっても、一度に沢山取れば良いというものではありません。実は、このカカオポリフェノールですが、効果はずっと続くものではないため、定期的な摂取が必要です。

例えば、食後等に食べるなどでも良いでしょう。そもそも、カロリーが高いためチョコの食べ過ぎには、注意が必要です。

過剰摂取は肥満等、女性であれば美容にも影響が出ますし、加えて高カカオチョコレートは普通のものと比較しいても、更にカロリーが高いため、1日の中では25グラム程度を目安に食べると良いでしょう。

これは、1日に必要なポリフェノールの値を、他の食品から撮れる割合から差し引いた数値となっています。

日々のバランスの良い食事に加えて、すこしだけ高カカオチョコレートを継続的に食べる事により、美容にも良く、若々しく健康的な日々にへと繋がることが期待されます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【大腸がん予防】

人間にとって恐ろしい病気として、がんがあまりにも有名です。 以前までは、胃がんや肺がんが死亡原因として有名でしたが、時代の流れとともに、大腸がんが原因で死亡する人が増えてきています。 日頃から大腸がん …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:ふりかけ

チャーハンは手軽で美味しく、1品だけで満足感を得られてアレンジも効き、主婦にも嬉しい料理でもありますが、大人から子供までも大好きな料理として馴染み深いものです。

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「小麦粉」

毎年、スギをはじめとした花粉が悲惨する時期になると、花粉症に悩まされている人は少なくありません。 毎日のニュースや天気予報でも、花粉の飛散情報をこの時期になると伝えています。 花粉症になってしまったら …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「ふき」

ふきは、キク科フキ属の多年草の野菜です。「ふ」ゆに「き」いろい花が咲くために、「ふき」という名がついたという説があります。

ヨーグルトで菌活しよう!

ヨーグルトを毎日食べているという人は多いのではないでしょうか? 最近は「菌活」なんて言葉も耳にします。 発酵食品などで身体に良い菌をどんどん取り入れ健康を目指すのが菌活です。

楽天モーションウィジェット