仕事に役立つ英語の資格:実用英語技能検定(英検)


英検という言葉は一度はどこかで目にしたり、耳にしたりしたことのある言葉ではないでしょうか。

学校で進められて受験をした経験がある人も多いのではないでしょうか。

英検はそれだけ規模の大きい検定試験と言えます。

また、海外留学を考えるのならば、そのための語学力証明資格にも認定されているものす。

スポンサーリンク

実用英語技能検定(英検)について

英検とは聞く・話す・読む・書くの4つの技能を、筆記試験やリスニング試験、スピーキング試験(面接試験)により英語能力を測り、それぞれ級別に合否を判定する実用英語技能検定(英検の正式名称)のことです。

50年以上の歴史があり、述べ7400万人の受験実績があり、今では年間およそ250万人の受験者が受験している検定試験です。

英検の試験について

スピーキング試験は3級以上の受験者が受験するもので、面接試験のことを指します。

面接官とのコミュニケーションをすることで、英語で話すコミュニケーション能力が問われる試験です。

簡単にいうと英語でスピーチをします。

ボキャブラリーや文法、会話文、文章読解、ヒアリングやスピーキングなどの英語全般の知識を問う多岐に渡る出題内容ですが、学校の授業で身に付けた英語の能力や自分で学習して身に付けた能力、学習塾で身に付けた会話の能力などの日頃の学習の成果を発揮できる試験なのです。

英検には過去の問題集も級別にあるため、過去問で独自の出題傾向に慣れておくことも受験するにあたっては大切なことです。

また、英検対策のための学習塾やスクールなどもあります。

英検の級について

英検は第1回から第3回までの年に3回行われる試験で、級別にそれぞれ7つの級があります。

5級から1級までありますが、2級と1級にはそれぞれ準2級と準1級という級があります。

級によって受験料や合格率、難易度もそれぞれ異なります。

また受験者の年齢層も幅広いもので、小学生から社会人まで受験対象となっています。

7つの級から自分に合った級を選択して、目標を立てて勉強していくことができるのです。

英検を取得するメリット

進学(受験)や就職のために英検を取得し、次のステップに進んでいる受験者の方が多くいます。

英検を取得して活躍の場を広げる魅力のある資格なのです。

英検は英語をただ漠然と勉強することなく、それぞれの受験者が目標達成のために、身近にチャレンジしていく資格でもあるのです。

中学生や高校生が受験する受験校や社会人の就職先である一般企業など、社会においても幅広く認定されている質の高い資格です。

学生の方

これから大学入試センター試験を受験する中学生や高校生にとって、英検の準2級や2級の出題傾向に慣れることで、大学入試センター試験の英語の主題傾向を把握しやすくなり、大学受験の受験対策にもなります。

このように考えると、大学入試を目指している高校生にとっては、準2級や2級を取得していることが望ましいといえます。

英検2級というレベルは、中学校と高等学校で学習する6年間の英語の知識が確実に身に付いていると判断できるレベルですので、大学受験においても英検2級を取得している受験生は、学校によってアピールすることができるのです。

(英検を取得している受験生を優遇する学校が多くあります。)

就活生の方

就職活動をしている就活生にとっても1級や準1級などの級を取得しているのならば、大きな武器にもなります。

英検の受験者は学校の先生にすすめられて、受験する中学生や高校生が多いように感じられますが、学校を卒業した社会人も英語力の認定のために受験される方も多いのです。

もちろん、中学生や高校生の一般入試や推薦入試に役立てるためのものでもありますが、その後の就職先で役立てられる資格でもあるのです。

社会人の方

最近では英検の資格の取得を進めている企業もあり、取得後は必ずどこかで資格を役立てる機会も広がっているのです。

例えば、外資系の企業において、身に付けた英語の能力を活かして英語で仕事ができるようになるということもあります。

また、外資系の企業に限らずに一般企業においても英語の能力を活かして資料やデータの作成をおこなうこともあります。

また、身に付けた英語を武器に得意の英語で翻訳をする翻訳家の仕事も考えられます。

ほかでは非常に身近に英語の能力を活かせる仕事には、教員免許状を取得しているのであるのならば、それと英検の資格を武器に小学校や中学校、高等学校の教諭や大学の教授などの先生の仕事も考えられます。

教科指導や生徒指導の場において活かすことができます。

また、商社や貿易会社、旅行会社や空港など外国人の方と接する機会の多い就職先で仕事をする場合にももちろん英検の資格は必ず活かされるものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

雇用形態いろいろ。派遣社員として働くメリット・デメリット

雇用形態として、一番多いのは正社員です。次に多いのが、パート・アルバイトとなります。 近年では、契約社員や派遣社員として働く人の、割合が増えています。 ここでは、派遣社員として働くことのメリットと、デ …

簡単にとれる資格「ビジネス実務法務検定3級」

仕事をしていく中で役立つ資格は数多くありますが、特に法律知識を活かしたい場合に取得しておくと良いのが、ビジネス実務法務検定3級の資格です。 この資格は、企業がスムーズに業務をこなしていくために必要とな …

将来的に独立ができる国家資格「行政書士」

国家資格にもいろいろありますが、手っ取り早く独立したい、自分の力で仕事を成り立たせたい、と思う人には、行政書士が狙い目です。

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船内荷役作業主任者

船と聞くと人を乗せて運ぶものと言うイメージが強いですが、同時に数多くの貨物も運搬しています。 効率よく貨物を積み下ろしして運搬するために重要な役割を果たすのが、船内荷役作業主任者という仕事です。 どの …

趣味で取れる実用的な資格:編物技能検定

いろいろな資格がありますが、編み物にもあります。 編物技能検定です。 ずっと編み物を楽しんでいる人は、自分がどれくらいのレベルなのかを確かめるためにも受験してみるのも良いかもしれません。

楽天モーションウィジェット