健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:栄養士

健康や美容にとって、栄養は欠かせません。

そのための栄養の知識は、義務教育では詳しく教わらないことが多いです。

大切なことなのに国語や数学などに必要性が押されてしまう栄養の知識は、大人になってから必要に感じることも多いです。

スポンサーリンク

健康に役立つ資格なら栄養士

人間の体は食べたものでできています。
健康になりたければ、栄養について学んで何をどれだけ食べればいいのか理解しておくことが必要です。

そのための専門知識を持っているのが栄養士です。
最近では食育のプロフェッショナルとして活躍している人もいます。

栄養士として働くためには、栄養士の資格が必要です。

資格を取得するには、大学や短大、専門学校などの養成課程を修了して卒業する必要があります。
試験はなく、卒業さえできれば都道府県知事から免許証が交付されます。

養成課程は昼間のみで夜間や通信制はないので、昼間に通って勉強できる人というのが条件です。

高校卒業から養成施設に入学して最短でも2年間(短大の場合)は勉強する必要があるので、本格的に働き始めることができるのは一番早くて20歳からです。

4年制の大学の方はさらに上級の管理栄養士課程がある大学もあります。
こちらは卒業するだけではなく、国家試験を受験して合格しないと資格が取れません。

受験資格を得るためには管理栄養士養成課程のある大学に行く必要があるので、上を目指す場合は学校選びに注意した方がいいです。

食べ物に興味がある人に最適

栄養について勉強するので、食べることに興味がある人に向いています。

単に食べるだけではなく、どんな栄養があってどうやって作るのかなどを常に考えながら食べ物と向き合っている人ならば学校でも楽しみながら学ぶことができます。

アドバイスをする相手は赤ちゃんから高齢者までと対象が広いので、その人のことをよく考えられる優しさがあるかどうかも大切です。

その人に合わせた食事内容を提供することが求められるので、健康に関しての関心や調理技術、食材の把握なども必要です。

実際に自分が調理をすることもあるので、料理上手な人なら仕事にそのまま趣味を生かすことができます。
長時間立ちっぱなしで調理をすることが求められる職場もあるので、体力がある人だと働きやすいです。

栄養学は昔に比べて進歩しています。
ずっと同じことを教科書から学んでいればいいというわけではないので、常に新しい栄養についての勉強を自分から進んでやりたがる好奇心が求められます。
新しい時代のニーズをつかめるような人は楽しみながら仕事ができる可能性が高いです。

仕事をするために必要な知識

栄養士に求められるのは、まずは栄養の知識です。
最初に学ぶのは栄養学や食品学の基礎知識で、さらに食品衛生や公衆衛生などの幅広い食と健康の知識を蓄えていきます。

さらに栄養を消化・吸収する人体構造についての知識も必要です。
食べ物が関わることなら、なんでも広く知っておかないと実践には対処できないので体の機能や構造と食べ物の関わりも学びます。

現場で調理をすることもあるので、調理に関する勉強も必要です。
調理器具の種類、食材別の適した調理法などを学びながら技術力も高めていきます。

単に教科書の中の栄養の知識を知っていれば良いというわけではなく、衛生、人体、調理など幅広い知識を身につけていかないといけません。

ここまではあくまでも基礎であって、仕事をするためにはこれを活かす力が求められます。

親子に栄養指導をしたり、大勢の人の前でコンサルティングを行いたいなどの夢を持っている人であれば、なおさら応用力がないと仕事になりません。

普段から栄養というフィルターを通して食べ物や人を見ることができる応用力が大切です。

もっと上を目指すなら

さらに上級の資格を目指したいならば、管理栄養士の資格が上にあります。
国家試験に合格して、厚生労働大臣から認定される国家資格です。

基本的には仕事内容は同じですが、管理栄養士は給食管理や提供をするだけではなく、高度な専門知識を持って病気の人を管理する仕事も行います。

職場によって仕事内容が違いますが、より仕事の幅を広げたい人にはおすすめの資格です。

最近では高度な専門知識を持つ人材が求められる傾向にあるので、病気の方の栄養指導にも関わりたいという志を持っている人なら資格取得を目指してもいいかもしれません。

病院で他の医療スタッフと連携しながら臨床で活躍することができ、食の専門家としての意見を求められます。

病院で働くためには医学の知識も必要になるので勉強して身につけておくべき範囲は広くなり、高度な知識が求められます。

資格があれば、海外の食料不足で栄養失調で苦しんでいる国に栄養学の知識を伝えて、給食設備を整えてメニューを提供するボランティア活動をすることも可能です。

英語も得意な人であれば、もっと幅広いフィールドで活躍できるということです。

最後に

栄養士の資格を取得するためには、専門課程のある学校で卒業する必要があります。
食べ物に興味があり、食を通して人と関わりたい人や料理が好きな人に最適です。
もっと上を目指せば医療機関の仕事に携わることもできます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格

関連記事

主婦にオススメの資格「アロマテラピー検定」

何も資格を持っていないけれど、資格を取ってみたいという主婦の人にお勧めなのがアロマテラピー検定です。 女性の間では、アロマテラピーは特に人気になっているもので、アロマテラピー検定に受かればアロマテラピ …

センスを活かそう!生活に関する資格「インテリアデザイナー」

インテリアデザイナーが関わるのは、住宅だけではありません。オフィスや自動車の中など、様々なところのインテリアを設計してレイアウトします。 インテリアは広い意味で言えば、室内装飾だけではなく、建物の空間 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:整体師

加齢の影響だけではなく、事故やケガよって体がうまく動かなくなってしまうことがあります。 そういうときに活躍するのが整体師です。 医者や看護師などに比べると目立たない職種ですが、健康分野で活躍することが …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:内燃機関海技士

機関長や機関士のような機関部船舶職員が船舶に乗り組むために必要な国家資格として、海技士 (機関)があります。 海技士を所管しているのは国土交通省です。 内燃機関海技士は海技士 (機関)のうちの1つで、 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船内荷役作業主任者

船と聞くと人を乗せて運ぶものと言うイメージが強いですが、同時に数多くの貨物も運搬しています。 効率よく貨物を積み下ろしして運搬するために重要な役割を果たすのが、船内荷役作業主任者という仕事です。 どの …

楽天モーションウィジェット