エコ家電で電気代はどれくらい節約できる?


節約をしたいという時に見直すことが多いのが、食費や電気代です。

食費なら安い食材を買ったり、外食を控えることによって節約することができますが、電気代は意識をして行うことが多いと思います。

電気代を節約するのにオススメの方法が、エコ家電を利用することです。

スポンサーリンク

電気代をエコ家電で節約できる

家電を買い換えるとなると大きな出費になりますが、近年のエコ家電は省エネ性能が高くなっており、製品ごとに様々な省エネ技術が利用されています。

そのため、エコ家電にすることによって、電気代を節約することにつながります。

テレビ

テレビの省エネ技術としては、パネルの効率化がなされています。

液晶テレビはLEDバックライトなどが使われています。

液晶パネルの背面の光源としてライトが使われることで電力を使いますが、蛍光管ではなくLEDにすることで少ない電力で駆動することができ、点灯のオンオフを高速に行えることで映像シーンに応じた発光制御行いやすくなっています。

また、テレビを見る部屋の明るさをセンサーが察知することで画面の明るさを自動調整して、無駄に消費する電力を低減させる効果を期待することができます。

一定時間テレビを操作しないと電源が自動的に切れる、テレビ放送終了後に番組が映らない状態が続くと電源が自動的に切れる、タイマー指定することができたり、照明が消えるとテレビの電源が自動的に切れるものなどが販売されています。

シャープ 32V型 AQUOS ハイビジョン 液晶テレビ リッチカラ―テクノロジー搭載 外付HDD対応(裏番組録画) LC-32H40

冷蔵庫

冷蔵庫にも様々な省エネ技術があります。

冷蔵庫のインバーター制御は従来は一定でしたが、コンプレッサーの回転数を変化させることで、効率良く運転できるようになっています。

扉の開閉、庫内や周辺温度に適した状態に合わせて回転数を制御することができるため、冷え具合に応じて効率良く制御することができます。

夜や外出中など、長い時間扉の開閉がない場合や室内が暗くなった時などは自動に節約運転に切り替わり、通常運転と比較して消費電力を抑えることが可能です。

他にも、高性能な断熱材が使用されることで戸外からの熱の侵入を防ぐことができ、断熱効果を上昇させることによって省エネを期待することができます。

三菱 435L 6ドア冷蔵庫(フローラル)MITSUBISHI Rシリーズ MR-R44A-F

照明器具

毎日使う照明器具を替えるのも電気代の節約になります。

白熱電球からLED電球に替えることによって、ほぼ同じ明るさのものでも電気代は大きく節約されます。

また、電気代だけではなく、電球そのものの寿命が長いのもメリットです。

照明器具の中には、調光機能を持つ製品も販売されています。

外の明るさに合わせて調光することで節電に繋がります。

センサーを使った照明器具も便利です。

ガーデンライトや玄関灯、廊下の足元灯などをセンサー付きのものに替えることによって、必要な時に必要な明るさのみを得られるだけではなく、つけ忘れなどもなくなり便利です。

NEC LEDシーリングライト LIFELED’S 調光タイプ ~8畳 HLDZB0869

エアコン

エアコンも大きなポイントです。

一般的なエアコンなら、リモコンで省エネ設定することもできるようになっています。

センサーや気流制御を行うことによって、体感温度を維持することができたり、設定温度を調節したり、必要な場所にもみ冷暖房することが可能となっています。

インバーター運転は、すぐに冷房や暖房をつけたい時に運転時には最大の運転能力で、部屋が快適な温度になったら必要なだけの運転することで効率良く省エネ運転にすることです。

再熱除湿熱リサイクル方式は、部屋の除湿をすることと、再熱するために室外機から排熱される熱をしない側に取り入れる方式のことを言います。

電気ヒーターなどを利用しないため、省エネにつながります。

ヒートポンプは、室外の空気からエネルギーをとって、それを室内に移動させて暖房に利用する方法です。

灯油やガスを燃焼させる暖房と比較して、動力源に電気を使って待機の熱を移動させるだけですので、燃料消費もCO2の排出も少ない技術になります。

冷房は暖房とは反対のサイクルで効率的に行われます。

フィルターが汚れてしまうと運転効率が落ちてしまい、必要以上のエネルギーが使われます。

そのためエアコンの中にはフィルターを自動清掃してくれるものもあり、自分で掃除する手間もなく省エネにつながります。

冷暖房エアコン6畳用(2.2kw)除湿機能有り色:白コンパクトサイズ2016年度最新モデル

電気料金プランの見直しも

電気代を節約したい場合には、電気料金プランの見直しも大切です。

エコ家電だけではなく、総合的に見直すことによって、年間を通して電気代を節約できます。

最後に

エコ家電に買い替えることによって電気代を節約することにつながる可能性があります。
冷蔵庫などは10年前のものと比べて、消費電力は3分の1にまで減ってきていたり、LEDの照明は一年で電球代を十分に回収することができます。
家電を変えるだけでも大きく節約することができますが、それに加えて電力会社を切り替えてみるのも節約術の一つになります。
無料で利用できる電気料金プランのシミュレーションなどもあるため、それらを利用して電気代のプランを見直してみることも節約につながるためオススメです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

フリマアプリ「ブクマ!」の特徴や使い方

フリマアプリの中でも、「ブクマ!」は本を販売するのに特化しているという特徴があり、スマートフォンから出品することができます。 自分の売りたい価格で売ることができますので、専門業者の買取よりも、高い値段 …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(洗い方)

衣類は着用しているうちに、徐々に汚れが目立ってきます。 早めに洗濯してあげることで、綺麗な状態で長く使えるようになりますし、見た目も清潔感が漂いますので、不潔な印象を他人に与えません。 身だしなみとし …

子どものしつけは「怒る」のではなく「叱る」です

子どもを諭さなければならない時、親はついつい感情が出て、怒ってガミガミ言ってしまいがちです。 しかし、叱ると怒るは違い、親の接し方によって、相手の受け取り方が大きく変わります。 親が躾をする必要がある …

安くしたい!引っ越し費用の値下げ交渉術

引越しをするときの費用についてはいろいろな交渉術がありますよね。 値下げをしたい、なるべく安くしたいというのはもう当たり前のことで、値下げ交渉も様々な形で行われています。 この方法ですが、いろいろな交 …

部屋探しはいつから始めればいい?狙い目の時期はある?

新生活をスタートさせる生活環境の変わり目は大体3月から4月と言われ、その時期がピークと言われていますが、2月や3月から部屋探しをしても場所によっては間に合わないことがあります。 いつから部屋探しをする …

楽天モーションウィジェット