どれぐらい安くなる?電力自由化のメリットと電力会社の乗り換え方法

電力会社を乗り換えて節約

2016年4月に全国的に始まった「電力自由化」をご存知でしょうか。

これまでは家庭や事業所で使用する電気といえば、その地域で特定の会社としか契約することができませんでした。

しかし、電力自由化が始まったことで、誰でも自由に、どこの電力会社とでも契約することが可能になったんです。

それがどう自分の生活に関わってくるのか分かりにくいものですが、うまく契約すれば、今よりも電気料金を安く抑えられるようになるんです。

電力自由化によるメリットはどのようなものがあるのか、どのように電力会社を乗り換えれば良いのかを知って、お得に生活していきましょう。

スポンサーリンク

電力自由化のメリット

契約する電力会社を自分で選択できる

電力自由化で得られるメリットは様々ありますが、その中でも大きな魅力といえば、自分の好きな電力会社と契約できるという点です。

これまでは既存の電力会社が地域ごとに1社しか存在していなかったため、電力会社を選ぶということ自体想像したこともありませんでしたよね。

電気料金も最初から決められているものをただ支払うだけで、特に高いとか安いとか感じることもなかったのではないでしょうか。

しかし、電力自由化後はどんな電力会社とでも自由に契約できるようになるのです。

例えば、原子力発電を利用している電力会社を避けて、太陽光発電などの自然エネルギーを利用した会社を選び、地球環境へ貢献することもできるようになります。

電気料金だけではなく、こういった自分のポリシーやエコ活動なども考えた上で契約できるのは、新しい魅力といえるでしょう。

電気料金が安くなる

また、電気料金そのものが安くなるという点も外せません。

消費者が自由に電力会社を選べるようになると、必然的に電気料金が安い会社に人気が集まるようになります。

そのため、既存の電力会社や新規参入する会社は、顧客を確保するために同じように電気料金を引き下げたり、魅力的なサービスをどんどん出してくるようになります。

電力業界内でこういった競争が激しくなれば、電気料金も今までの水準よりかなり安くなることが期待されています。

どうやって電力会社を乗り換えるの?

このように電力自由化が始まると、新しい電力会社が次々に登場し、よりサービスや料金がお得な会社や契約プランを見つけられるようになります。

そうなると気になるのが、いざ契約したい会社が見つかった場合に、どのような方法で契約を乗り換えればいいのかという点です。

これを知っておかないと、乗り換えがスムーズにいかなかったり、後で予定と違うとトラブルになってしまうこともあるので注意しておきましょう。

契約する電力会社を決める

まずは契約したい新たな電力会社を決めましょう。

電力業界には専門の業者だけでなく、ガス、通信、小売業などあらゆる業種の企業が参入しています。

誰でも名前を知っているような超大手企業も電力事業を始めているところが多く、様々なプランが用意されています。

例えば、通信会社の場合、スマホと電気をセットで契約すると、それぞれ特別な割引料金で契約できるというプランがあります。

同じように、企業の業種と電気のセット割が取り扱われているので、自分の生活スタイルや都合なども考えて選ぶようにしましょう。

最近は新電力会社への乗り換えを勧めるために、各会社の特徴やプランなどを網羅した一括比較サイトも数多く開設されています。

現在の契約内容と比較していくら安くなるのか簡単な試算を行えるサイトや、世帯人数や生活スタイルなどを入力すると最適な電力会社のプランを提示してくれるサイトなどもあるので、積極的に使っていきましょう。

電力会社へ申し込む

契約する電力会社を決めたら、新しい電力会社へ連絡して申し込みを行います。

工事は会社側が行うので、消費者側が何かしなければならないということはありません。

乗り換えの際には現在契約している電力会社から配布される検針票を準備しておきましょう。

検針票にはお客様番号などが記載されているので、これがあるとスムーズに手続きを進められるようになります。

新電力会社を利用するためには、スマートメーターという専用の検針メーターが必要になります。

申し込みから設置完了までに2週間程かかることもあるので、余裕をもって申し込むようにしましょう。

スマートメーターは新電力会社へ乗り換えていない場合でも、日本全国で順次交換が行われていて、既に交換が済んでいれば数日で切り替えることができます。

最後に

電力自由化により、新規参入の電力会社が増えています。

しかし、新しい会社と聞くと、既存の会社と比べて経験やノウハウが少ないから安定供給できないのでは?と不安を感じる方も多いかもしれません。

ですが、電力は全ての電力会社が互いにバックアップしながら各契約者のもとへ送電しています。

万が一、どこかの電力会社が倒産しても、臨時で他の会社が電力を融通してくれるため、電気が弱くなったり停電になることもありません。

国も様々な法整備を進めているので、安心して新しい電気会社と契約して構わないのです。

乗り換え方法や最適な電力会社の探し方を知っておき、よりお得に電気を使えるように工夫して一歩リードしていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

100万円を貯金するために、財形貯蓄と財形給付金を知ろう

貯金で100万円貯めたいけど、なかなか貯められない方、それは貯金の仕方に問題があるかもしれないです。 お金を確実に貯める貯金方法として、財形貯蓄や財形給付金があります。 どのようなものなのか解説します …

不器用でも大丈夫!センスの光るラッピング術

お誕生日や、記念日などのプレゼントを選ぶ時ほど、わくわくすることはありません。プレゼントの箱を開けた相手の喜んだ顔を想像するだけで、幸せな気持ちになってしまいます。 デパートやギフトショップでは、ラッ …

冬場の暖房費を上手に節約するコツ

電気代や水道代などの光熱費をできるだけ安く抑えるために、日頃から節約を心がけている方は多いのではないでしょうか。 光熱費は毎月支払うものですから、ちょっとした節約であっても、年間で見ると意外と大きな金 …

フリマアプリ「ラクマ」の特徴や使い方

ラクマは、フリマアプリのひとつでユーザー数もトップクラスに多いです。 大手業者が運営するアプリでもあるため、信頼性や安心感も抜群と言えるでしょう。 そんなラクマについて、特徴をはじめ、使い方についても …

デビットカードとは?使い方や仕組みなど

デビットカードは、銀行の預金残高と連動しているタイプのカードです。 クレジットカードの国際ブランドを使って、口座から即時決済させる仕組みなので、クレジットカードと混同する人も多いでしょう。 使い方に工 …

楽天モーションウィジェット