結婚指輪と婚約指輪の違い

男性から女性へプロポーズをするときに欠かせないアイテムとして、婚約指輪があります。

映画やドラマなどのシーンで見かけたことがある人もいると思いますが、一粒のダイヤモンドがついた指輪というのが一般的な形です。

貴金属部分は、一番人気のプラチナの他にもゴールドが選ばれることもありますが、イエローゴールドよりは、ホワイトゴールドやピンクゴールドに人気があります。

スポンサーリンク

婚約指は結婚指輪の違い

プロポーズの際に必要なのが婚約指輪

婚約指輪というと、立て爪で一粒のダイヤモンドがついた形を思い浮かべる人も多いでしょう。いかにも婚約指輪という印象のデザインなので、サプライズでプロポーズをされた時にもらえば、一生の思い出にも残るような非常にうれしいものなのですが、今後のことを考えると、いつ身につけたらいいのかと迷うことが多いデザインにもなってしまいます。

婚約中であることをアピールするために、日常的に婚約指輪をしたくても、立て爪のダイヤモンドとなれば、ゴージャスな雰囲気なので普段の格好には合わないでしょう。

また、立て爪でダイヤモンドが飛び出している分だけ物にぶつかりやすく、洋服に引っ掛けて糸引きを起こしてしまうなどのトラブルもあります。

近年では、そのようなトラブルもないような使い勝手の良いシンプルなデザインも多く、貴金属の中に埋め込みの形でダイヤモンドが配置されることもあります。

ダイヤモンドは一粒に限らず、小さなダイヤをリング一周に渡って敷き詰めたエタニティと呼ばれるデザインも定番です。他にも、ダイヤモンド以外の宝石が利用されることもあり、彼女の誕生石に合わせて選ばれることもあります。

結婚式までに二人で揃える結婚指輪

婚約指輪は、男性から女性へ結婚の約束として贈られるものであり、女性からは半返し程度の予算で腕時計やスーツ、財布などが後から贈られることもあります。

一方、結婚指輪となると二人でお互いの指輪を購入するという点が、婚約指輪との違いになってきます。

結婚指輪は、二人が結婚を決めたタイミングで購入したり、入籍をしたタイミングをきっかけとして作ることもできます。

しかし、一生のうちに一組だけの自分たちの結婚指輪となると、気に入ったものを探そうとして、なかなか決まらないこともあります。しかし、結婚披露宴を行うという二人であれば、遅くとも挙式の当日までには用意しておかなければなりません。

教会でのチャペルウェディングであっても、神社での和装結婚式であっても、挙式では指輪の交換というプログラムがあります。

ここで使用することになるので、前もって選んで裏側に刻印を入れてもらう必要があります。

指輪の裏側に、結婚した年月日やお互いの名前をイニシャルで入れることができる刻印は、購入してその場で入れてもらうことができないケースもあるので、挙式日が迫っているのなら、仕上がり日のチェックは欠かせません。

結婚指輪探しは、ジュエリーショップのガラスケースに並べられている既製品から選んで購入することもできますが、自分のサイズがないという場合には、サイズ直しをしてもらうことができます。

デザインによっては、お直しができないものもまれにありますが、大半の結婚指輪は多少のサイズ修正であればできます。

しかし、職人によって指輪を溶かして加工されるため、出来上がりの時間がかかってしまいます。その分も見込んで、挙式に間に合うように準備をしましょう。

結婚指輪と婚約指輪を合わせた指輪

婚約指輪を渡して、プロポーズが成功し結婚しようということになったら、結婚指輪を二人で揃えることになります。

つまり、ブライダル関係の指輪には、結婚指輪と婚約指輪の二種類があります。女性は結婚指輪と婚約指輪の二つを手に入れることができるのですが、男性の場合には結婚指輪だけというのが違いになります。

しかし、結婚の形は人それぞれであるように、ブライダル関係の指輪においても、概念にとらわれずにその夫婦らしい形で用意されることもあります。

婚約指輪は、もらっても豪華すぎるので普段の服装にも合わず、しまったままになりがちなのでいらないという女性もいるものです。その分の予算で別の物が欲しいという人や、二人の思い出となるものにお金を掛けたいという人もいます。

そんな時には、婚約指輪を兼ねた結婚指輪として用意されることもあります。

結婚指輪は、男性用と女性用で同じ料金で設定されている店舗もありますが、価格に違いが生じることもあります。

一般的には、男性用の方が高い傾向にあるのです。男性の左手の薬指は女性よりも太いためにリングサイズも大きく、太い指に合うように女性用よりも指輪の幅を太くして、バランスを取っていることが多いものです。

つまり、プラチナや金などの使用している貴金属の量が多くなるので、指輪の料金が高いことになります。

結婚指輪はお互いの指輪を購入することになるので、女性の方が支払いが多くなりがちです。しかし、婚約指輪を兼ねて結婚指輪にダイヤモンドを入れてあげれば、金額的なバランスを取ることもできます。

ダイヤモンドは、表面に入れれば傷がつくという人であれば、リングの裏側に忍ばせるというデザインも人気があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-, ,

関連記事

500円玉貯金で100万円を貯めよう

貯金額の目標として、100万円を設定する人はたくさんいます。 しかし、達成できそうでなかなかできない金額でもあることから、どうすればいいか悩む人も多いです。 そこで活用できる方法として、500円玉貯金 …

ネット銀行活用術 : イオン銀行の特徴

イオン銀行は、スーパーやショッピングモールを運営する流通大手のイオングループの銀行です。イオンモールやイオン系列のスーパーを利用する方であれば、銀行ATMやカウンターを目にすることがあります。 イオン …

塵も積もれば山となる!少しでも貯金をするための節約術

給料日前になるとお金がピンチになる、いつも「お金がない」が口癖だ、という方は少なくありません。 お金がなかなか貯まらない悩みを持つ方は多いと思います。 節約を心がけているつもりなのに、全く貯まらない場 …

プレゼント選びに困ったら~40代女性が喜ぶプレゼント~

40代女性にプレゼントを選ぶ時、何をあげればいいか迷いませんか? 同じ性別年代の人であれば、自分の欲しいものを選ぶと大体無難ですが、年齢も性別も違う人が選ぶとなると何をプレゼントすればいいのか全く予想 …

洗い方をマスターする:こたつ掛け

こたつには、こたつ掛け布団とセットで使用することになりますが、こたつ掛け布団は、ドライクリーニングであることが大半です。 冬になると、こたつでは毎日家族が語らう場にもなり、飲食をすることもあるので、布 …

楽天モーションウィジェット