もう失敗しない!プチプラコーデの注意点5つ


プチプラアイテムは上手にコーディネートを整えれば、お財布にも優しくていいですね。

その一方で、すぐに安っぽいと見破られたり、なんだかイケてないファッションになってしまうこともあります。

そんなプチプラコーデをするときにありがちな失敗とはどういうものでしょうか?

スポンサーリンク

プチプラコーデの失敗例

コーデしたら何か変

代表的なものとしては、なんとなくテイストが合っていないというものです。

プチプラブランドは色々あるし、安いし可愛いのでついつい色々買ってしまいがちです。

ですが、価格が安いからと買いすぎて、いざコーディネートしてみようとなったときに、なんとなく合わない、ということも少なくありません。

特にシーズンを超えて使うようなアイテムやシンプルなアイテムなどは、少々くたびれ感が出ているものもあります。

トップスは流行そのものなのに、ボトムスはなんとなく使い古し感がある、というようなこともプチプラにはありがちです。

このため、コーデの鮮度やテイストはよくチェックしておきましょう。

シンプルすぎる

次に、あまりにシンプルになりすぎるというものです。

プチプラの中には、あまり主張しないシンプルなものをメインに取り扱っているところも少なくありませんね。

このため、ついついシンプルなブランドを多く買いすぎてしまい、いざ合わせようとすると全体的にシンプルすぎて寂しい、というようなこともあります。

もちろん、最初からシンプルがいいというのなら、それは問題ではありません。

むしろ失敗ではなく成功なのですが、シンプルになりすぎてなんだか寂しい、と感じるのならそれはあまり良くありませんよね。

プチプラの場合はシンプルすぎると寂しいことが多いので、どこかにファッションのワンポイントを必要とします。

この点は注意しておきましょう。

盛りすぎる

意外と多いのが、シンプルとは反対にアレもコレも盛るというものです。

プチプラブランドの中にはシンプルなところも多いですが、一方でメインとなるような主張のあるファッションアイテムを多く取り揃えているところもあります。

このようなブランドで全て買い、そして色々と着こなしてみると、なんだかごちゃごちゃしたりマッチしてない、というような場合があります。

これはプチプラブランドだけではなく、どのブランドでもあることです。

おしゃれに見せたくて、ついついあれもこれもとつけ過ぎたりしてしまうと、テイストが曖昧になったり、色々ありすぎて目に痛く盛りすぎ、というようなこともあるのです。

特に価格が安いプチプラブランドの場合は憧れブランドに似たアイテムも多く、あれもこれも着るとなると、かなり主張が激しくなってしまいます。

また、お互いの主張がマッチしないアイテムを合わせることもできてしまいますから、そこで失敗しやすくなるのです。

トータルコーディネートがマッチしていないのは問題ですね。

ごちゃごちゃしすぎるところはなるだけ早めに解消しましょう。

安っぽく見える

変に安っぽく見えてしまうのも問題ですね。

これは年齢が高めの人やある程度の品格を求められる場合に起こるのですが、プチプラブランドは布地のクオリティなどを下げてしまっています。

このため、ある程度の年齢以上の人が着ると、変に安っぽくなってしまう場合もあるのです。

特にプチプラブランドは若い人を対象にしていることが多いので、年齢の高い人が着ると変に若作りになってしまうこともあります。

また、身長の高い人、老け顔の人などもプチプラブランドを着ると変に安っぽくなってしまうことがあるのです。

これは年齢が若い間なら問題はありませんが、そのブランドが対象外とするような年齢でもあえて着る場合には注意してください。

また、これとよく似たものにTPOに反する場合があります。

ある程度の品格を求められるところにプチプラブランドのアイテムを着ていって安っぽいと見抜かれたり、コーデをプチプラだと知られて恥ずかしい思いをしたり、というパターンです。

とはいえ、このパターンはオシャレ着などといわれるアイテムをプチプラにせず、普段のファッションなどではよく着るというような使い回しや着こなし、工夫などを重視するとかなり簡単にできることです。

アイテムが被る

最後に、アイテムがかぶるという場合ですね。

これはプチプラブランドを愛用している世代やそういう友達が多い人には時々あることです。

実はプチプラブランドの場合は生産数も多く、人の手に渡りやすい傾向があります。

このため、アイテムがかぶりやすいのです。

とはいえ、シンプルなアイテムはまだ問題になりにくいのですが、主張しがちなトップスなどならかぶると問題になってしまいます。

双子コーデと言い張るのも方法ですが、友達グループがかぶったり、好きではない人とかぶったらその日一日のコーデが最悪なものになってしまいますよね。

この場合、そのアイテムを上手く隠したり、上からネックレスやピンブローチなどでごまかすのも方法です。

誰かとかぶらないようにするのは、運でしかありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-,

関連記事

今年は夏もサマーコーデュロイを着こなそう!

コーデュロイというのは、縦に“うね”が施された、ビロード生地素材でできたもので、保温性にとても富んでいるため、秋冬にうってつけの定番素材でもあります。 しかし、最近では薄手のものであったり、ショートパ …

秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:パープル

秋になると、落ち着いた大人な印象を演出したいものですが、かといって黒やグレーといったモノトーンばかりや、茶色などのありきたりのカラーでは、バリエーションも決まりきったものばかりで飽きてしまいます。 そ …

春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「ロングスカートと合わせる」

春になって、重たいコートからやっと解放されたものの、肌寒い日と汗ばむ日が交互に繰り返される春の季節は、アウター選びに迷う方も多いかもしれません。 そんな春の定番アウターといえば、やはりトレンチコート。 …

春もベレー帽が大活躍!パリっぽいコーディネートに大変身!

春の帽子といえばコットンや麻の素材を選び、おしゃれよりも紫外線カットの方に重点を置きがちですが、パリでは春にもベレー帽を取り入れています。 特にハンチングのレースアップのベレー帽は、モノトーンコーデな …

買った靴が大きすぎた時の対処法:ハイヒールの場合

買った靴のサイズが合わず、大きい場合には一体どんな対処法があるのでしょう。 スニーカーであれば、紐で調節したりもできますが今回はハイヒールです。紐で調節なんてことはできません。みなさんがはじめに思いつ …

楽天モーションウィジェット