ファッショントレンドはどうやって生み出される?

毎年、毎シーズンどんどん新しいものが生み出されるファッショントレンドですが、実際どこから生み出されているのでしょうか。

気がつくとアパレルショップでは同じようなトレンドアイテムが並んでおり、それらを人々が購入して着用しています。
雑誌やSNSなどでトレンドアイテムが発信されていますが、それらもどこからきているのか分かりません。

実は、このようなファッショントレンドは自然に発生したものではなくアパレル業界が生み出すものなのです。

スポンサーリンク

準備期間は2年間!?

お客さんがお店で実際に購入する時期を実売期といいますが、この約2年前からファッショントレンドの仕込みが行われています。
2年も前から仕込まれているというのは、知らないと本当にびっくりすることですね。
まずはファッショントレンド全体の方向性が考えられ、その後に非常にポイントとなる流行色の設定が行われます。

ファッショントレンドは、アイテムの流行ももちろんありますが、やはり流行色が重要です。
あまりファッションに興味がない人でも、なんとなくトレンドカラーというのは聞いたことがあるのではないでしょうか。

「トレンド」となるまでの流れ

例えば2016年はこれまで聞いたことのない、テラコッタカラーというレンガ色のような色が大流行しました。
こういった流行色は仕込んでいないと自然には出てきませんし、ネーミングも合わせてとても新鮮な流行と感じた人が多いでしょう。

しかし、実際は2014年頃からテラコッタカラーがトレンドとして仕込まれていたのです。
流行っていなければ、なかなかチャレンジしにくい色だったと思いますが学生から主婦までおしゃれな人はよく着ていました。

色が決まった後には、1年前ぐらいにトレンドを発信する会社が具体的な売り出し方を考えて生きます。
また同時にアパレルメーカーはトレンドをもとに素材や実際のアイテムなどに落とし込んで生きます。

2年前の段階では詳細なファッショントレンドまでは至っていませんので、だいたい決められた流行をそれぞれのブランドが表現していく、といったイメージです。

もちろんその流行を全く考慮せず、新しいトレンドを生み出すブランドも存在しています。
しかし、やはりブランドは万人に愛されなければならないのでトレンドをある程度考慮しているところのほうが多いです。
特にリーズナブルなブランドであればあるほど、トレンドを適度に取り入れた無難なアイテムを生産しがちです。

ファストファッショブランドはトレンドの宝庫

ユニクロ、ジーユーあたりは定番アイテムが多いイメージですが最近はかなりファッショントレンドに左右されたアイテム作りを行っています。
特にジーユーはトレンドど真ん中のアイテムが多く、非常にリーズナブルにトレンドものがそろえられます。
また、実売期の半年ぐらい前にはデザイナーのコレクションが発表されたり、各ブランドの展示会が開催されます。

この頃アパレル関係の人はばっちり次のファッショントレンドが把握できるようになります。
やはり大きな流行はあってもそのブランドや、デザイナーによっていろいろな特徴があるので、そういった部分に注目しています。
また、雑誌などの媒体でもトレンドが発信され始めます。

雑誌はトレンドの発信源のひとつ

ファッション雑誌にはほぼ毎号トレンドに関する特集がありますが、シーズン前には一番そういった特集が多いです。
コレクションやファッションショーの記事も多いですね。
その為、それらの媒体が自らトレンドを生み出すということは一切ありません。
それぞれのブランドの傾向をよく見て、消費者に分かりやすいように伝えるのがお仕事です。

雑誌などの媒体がトレンドを作り出していると思われがちですが、実際はそういった部分はありません。
そして、実売期を迎えます。

消費者は、いろいろなところからトレンドの情報を入手しているのでそれをめがけて店舗やインターネットでショッピングをしますし、店舗側もそういったお客が来ることを予測して売り場を展開します。
しかし、稀にトレンドが奇抜だったり、的外れで消費者に全く売れず売れ残ってしまうということもあります。

すべてが売れるわけではない

例えばデニムのクラッシュベストは2014年頃のメインのトレンドでしたがお笑い芸人杉ちゃんの出現で売れませんでしたし、2016年に流行った編み上げパンプスも始めは売れたもののかなり尻すぼみで各店売れ残っていました。
トレンドアイテムが売れ残っている光景は悲しいですね。

かなり前から準備されているものの、消費者にうけるかどうかはなかなか難しい課題ではあります。
このように、ファッショントレンドは2年ほど前から設定され、いろいろな会社が携わって世の中に発信されています。

最後に

いつも新しいものは素敵に見えますし、特に女性はトレンドの移り変わりがとても激しいです。
しかし、こうやってアパレル関連の会社がしかけていたという風に分かるとこれまでとはちょっと違ったみえ方になりますね。

全てのトレンドを追いかけるのではなく、自分で選りすぐりしてアイテムを身につけるのがおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ビューティ, ファッション
-, , ,

関連記事

健康的にダイエットする食事方法とポイント

ダイエットのための方法は様々ですが、いずれにしても食事方法については成否における重要なポイントとなります。 ただ体重を落とすことだけを考えるのではなく、正しい方法と知識を身に付けることで、健康的にダイ …

買った靴が大きすぎた時の対処法:ハイヒールの場合

買った靴のサイズが合わず、大きい場合には一体どんな対処法があるのでしょう。 スニーカーであれば、紐で調節したりもできますが今回はハイヒールです。紐で調節なんてことはできません。みなさんがはじめに思いつ …

あなたは大丈夫?汚いメイクポーチは女子力を下げる

女性は朝にメイクをしてから自宅を出ますが、会社のお昼休みや学校の休憩の合間にお化粧直しをする人が多いです。 その為、バッグの中にメイクポーチをいつも持ち歩いているという人が多いですよね。 雑誌などでは …

カジュアルなショートコートの冬コーデ

スポンサーリンク カジュアルに着こなすならショート丈がおすすめ 女性が着る冬のアウターは、膝上くらいのロング丈が多いですが、一方で腰上のショート丈のものもカジュアルで人気があります。 ショートコートと …

春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:崩れにくさNo1のフィッシュボーン

雨の日の湿気で髪がまとまらなかったり、うねってもう最悪なんていう時は、まとめ髪で可愛く過ごしたいですね。 でも可愛いヘアスタイルが上手くできない、簡単にステキに見せるにはどうすればいいの?という不器用 …

楽天モーションウィジェット