女性ホルモンを増やす食べ物:キャベツ

キャベツは低カロリーで食物繊維が豊富な食品で、ダイエット効果があり、サラダなどで毎日摂取している人達もたくさんいます。

また、ビタミンCも豊富なのでアンチエイジングや美容面での効果も期待できる食べ物です。

スポンサーリンク

キャベツと女性ホルモンについて

女性ホルモンの持つ効果について

女性ホルモンは女性らしい体を作り、女性の健康を維持する上で大きな働きを持ちます。

特に卵胞ホルモンであるエストロゲンは、血中のコレステロール値を正常化し、動脈硬化などの病気を予防したり、カルシウムの吸収をサポートして骨を丈夫にしたり、血管を拡張して血行を良くするなどの効果を持っています。

さらに、このホルモンには自律神経を整えて、精神的な安定感を与えるという働きもあります。

また、エストロゲンは女性の体を妊娠しやすい状態にするため、妊娠を望む場合にも重要なホルモンと言えます。

さらにこの女性ホルモンは、美肌ホルモンと呼ばれるほど、肌の健康を維持するのに必要なホルモンで、肌の潤いを引き出して肌荒れを防ぎ、成人にも多いニキビの予防にも役立つとされています。

このようにエストロゲンは心身の健康にとっても、美容の面にとっても重要な働きをする大切な女性ホルモンですが、これは加齢と共に減少すると言われています。

そして、40代になるとこれが急減することになり、その結果、ほてりやめまいなどの症状が出る更年期障害が起こりやすくなります。

そのため、エストロゲンは外から補充する必要がありますが、これは食べ物で摂取することもできます。

エストロゲンを増やす食べ物としては、豆腐や納豆などの大豆食品、女性ホルモンの代謝を促すビタミンB6が含まれている、マグロやカツオなどの魚類、女性ホルモンを増やすアルギニンがたくさん入っているマカなどがありますが、ビタミンが豊富で健康に良いとされているキャベツもこのような食品の中の1つです。

キャベツを摂ることのメリットについて

最近ではキャベツがエストロゲンを活性化させる働きがあると言われています。

キャベツにはボロンというミネラルの一種がふくまれていますが、これはエストロゲンの血中濃度を上げて、その働きをサポートします。

また、ボロンは女性ホルモンのバランスを整えるだけでなく、丈夫な骨を作るのに必要な成分でもあり、骨粗しょう症予防にも効果的と言われています。

なお、ボロンを摂取する場合、1日の目安量は400μgと言われていますが、これをキャベツで摂るにはキャベツ1個程度の量を食べなくてはならないので、他の食べ物と組み合わせるようにすると良いでしょう。

キャベツ以外でボロンを含む食べ物としては、リンゴや桃などの果実の他、アーモンド、ナッツ、はちみつなど、いろいろなものがあるので、上手に利用することが大切です。

さらにボロンで気をつけなくてはならないのは、この成分は熱に弱く、酸化しやすいということです。

ですから、キャベツの場合も、ただ美味しく食べるためではなく、エストロゲンを増やす効果を上げたくて摂取するのならば、新鮮なものを生で食べるようにすると良いでしょう。

また、キャベツには食物繊維が豊富に含まれているので、腸内の善玉菌が増えて腸内環境が整えられ、便秘が解消されるというメリットも期待されます。

そして、腸の健康は多くの器官に影響を及ぼすものなので、キャベツによって腸の健康が維持される場合には、女性ホルモンのバランスにとってもプラスになると考えられます。

女性ホルモンを増やすために注意すること

女性ホルモンを増やすには、キャベツのようにエストロゲンを活性化する食べ物を摂ることも大切ですが、加齢以外でこのホルモンを減らす原因になっていることを避けるようにすることも必要です。

そのような原因になるものとして、まず挙げられるのは過度のダイエットとインスタント食品の摂取です。

過度のダイエットを行った場合は、体にとって重要な栄養素が十分に摂れないため、女性ホルモンの分泌や調整に必要な成分が不足し、女性ホルモンの量が減ってしまう可能性が大きくなります。

また、インスタント食品の場合も、生成に必要なミネラルを減らしてしまうので、これをたくさん食べると、女性ホルモンの分泌にはマイナスになると考えられます。

そして、このような場合にはせっかくキャベツなど、エストロゲンを増やす食べ物を摂っても、その効果が上がりにくくなるので注意が必要です。

さらに女性ホルモンは自律神経と関係があるので、自律神経に悪い影響を及ぼすようなストレスや睡眠不足、不規則な食生活などの生活習慣の影響が出やすいと言えます。

そのため、女性ホルモンをバランス良く分泌し、効果的な作用を可能にするためには、栄養的にプラスになるような食べ物を摂ると同時に生活習慣の改善も行うようにする必要があります。

女性ホルモンは思春期の頃から更年期に至るまで、女性の健康に関わる非常に大事なものなので、食べ物と生活習慣の両方で、これを増やす方法をしっかりと考えてみることは大切と言えます。

さらに、これらのやり方で女性ホルモンを増やすことが可能であれば、副作用を心配したり、高い費用をかける必要がないはずなので、その点に関しても有益な方法だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-

関連記事

和歌山県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

2015年に、和歌山県内を走る高速道路が白浜まで延長しました。 これにより非常に便利になり、様々なところに行きやすくなった和歌山県。 地元でも人気の名物料理や、おいしいお土産などと、ぜひとも食べておき …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:ふりかけ

チャーハンは手軽で美味しく、1品だけで満足感を得られてアレンジも効き、主婦にも嬉しい料理でもありますが、大人から子供までも大好きな料理として馴染み深いものです。

神奈川県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

神奈川県には、横浜という大都市があるので、仕事でそこを訪れる人も多いでしょうし、また中華街や箱根などの人気の観光地がいくつもあるので、観光客もたくさん来る県となっています。 そんな神奈川県には、訪れた …

炊飯器でできるスイーツの時短レシピ

スイーツは自分で作ると難しかったり時間がかかってしまうもの。 炊飯器を使うとおいしく時短で作れます。

ハーブのある生活をはじめよう!栽培や食用におすすめの種類

ハーブといってもその種類は非常に多く、園芸店に行けば多数の苗や種が販売されています。 それぞれ香りや効能、使用方法も異なりますので、目的に応じて適切なものを購入するようにしましょう。

楽天モーションウィジェット