女性ホルモンを増やす食べ物:お肉


女性ホルモンを補える食品にお肉があります。

糖質ダイエットを考えている方にもおすすめです。

スポンサーリンク

女性ホルモンを増やすには肉がおすすめ

女性ホルモンと言う言葉、よく聞きますが、実際にはエストロゲン・プロゲステロンという2種類あります。

その分泌量が増えたり減ったりすることで月経が起こったり妊娠したり。
月経前のイライラにも関係しています。

最近は、社会進出する女性が増えました。
仕事に育児に家事にと忙しく、食生活が不規則で・睡眠時間も十分取れておらず・ストレスも溜めて。

そんな中、2つの女性ホルモンのバランスが崩れて不調を訴える方も増えています。

年齢を重ねる中でその分泌量は減っていくものですが、生活の見直しをすることである程度は減少を抑えることはできます。

いつまでも健康で若々しく元気に過ごせるよう、暴飲暴食を避ける・入浴や運動などのストレス解消法を見つけ出すということが大切です。

適度な運動やゆっくりと湯船に浸かることは良い眠りにもつながります。

食事の内容もまた、ホルモン量の調整には大きく役に立つものです。

美容への関心が高まる中、ダイエットしている方も多いでしょう。
そういった方々の多くはお野菜であったり、こんにゃくや海藻などのローカロリーの食材を好みます。

ただ、女性ホルモンを増やすという点でいくと、おすすめなのはお肉なのです。

太りたくないからとお肉の量を減らす女性が多いことも、また女性ホルモンの減少に大いに関係します。

しっかりお肉を取って女性らしさを取り戻しましょう。

安心してください。「お肉を食べたら、太る」という考え方。
それも実は間違っています。

豚肉ダイエットという言葉もあります。
お肉を食べたからといって太りません。

実はダイエット中でも食べていい

糖尿病患者も増えていますし、痩せるためにという理由からも、糖質制限ダイエットというのを行なっている方も多いでしょう。

ご飯やパンなど炭水化物に多く含まれている糖質を減らすのです。

糖質はエネルギーとして使われることから人間にとって大切な栄養分です。
とはいえ、多く取りすぎると、余分な分は身体に脂肪として蓄積されてしまうのです。

糖質を制限することで体脂肪の量が減ると代謝を高めることができます。
脂肪燃焼しやすくなり、普通に日常生活を送るだけでも痩せやすい体作りができるのです。

肉は糖質が少ない食べ物です。
炭水化物を食べる代わりに置き換えることで糖質制限ダイエットとなるというわけです。

ご飯やパンの代わりとして肉を食べるだけでなく、できれば食事の全体の量を減らすようにしていれば更に効果があがります。

よいからといって肉の量をどんどん増やしていったり、脂身の多い部位を多く食べていては逆効果です。
あくまで、常識の範囲内での食事を心がけましょう。

糖質も人間の身体にとって欠かせない栄養素である以上、極端に減らしてしまうと不調が起こります。

ご飯を食べる代わりにお肉を、という程度で続けることで、理想の体型に近づくことができますし、女性ホルモンの量を増やすことにも成功するというわけです。
正しい知識を持って行なうようにしてください。

女性ホルモンの増加におすすめな食べ物は他にもあります。
どういったものを食べればよい効果が得られるのか、見ていくようにしましょう。

大切なのは、一日でそれらを食べきるのではなく、続けることです。

女性ホルモンを増やすその他の食べ物

女性ホルモンを増やす食べ物は他にもあります。

有名なのは大豆食品でしょう。
エストロゲンと似た働きを持つのです。

納豆や豆腐・味噌など和食には必ずというほど含まれている食材ですが、最近は食の欧米化が進み摂取できていない方が増えてきているのです。

毎朝納豆や味噌汁を飲む習慣をつけるだけでも違います。
やりやすい方法を見つけ出してください。

朝食に、卵もおすすめです。
卵には食物繊維とビタミンC以外すべての栄養素が入っているのです。
その良質なコレストロールはエストロゲンの材料となります。

ゴマに含まれるポリフェノールの一種・ゴマリグナンや、キャベツに含まれるボロンという成分・アボカドやかぼちゃ・ナッツ類に含まれるビタミンEもあります。

プルーンを食べればボロンとエストロゲンの両方が摂取できます。

いずれの食材も安価で手近にある材料ばかりです。

卵にしても豆腐にしてもいろいろなメニューに使うことができますし、サラダとしてキャベツを添えたり、食べ物にゴマを振ったりするのも手軽です。

糖質や脂質が多くて、着色料など添加物もいっぱい入ったお菓子を食べるよりも、ドライフルーツにしたプルーンやナッツを食べるほうがよっぽど健康的です。

これらの食材は薬ではないのですぐに効果が出てくるわけではありません。

ただ、毎日の食事に無理のない範囲で取り入れ、続けることで少しずつ体質が改善されていくのです。

毎日和食の栄養たっぷりの献立を朝昼晩作ろうというのは無理です。
ストレスがたまってしまいます。

ストレスは健康やダイエットの敵です。

それに、お肉を絶つ生活を続けているといつかリバウンドが来て暴飲暴食してしまいます。

大切なのは、無理しないことなのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-

関連記事

炊飯器で作れる時短レシピ「おかゆ」

おかゆは、風邪をひいたら食べるものというのは、一昔前の話です。 病人だけでなく、健康や美容にもいいおかゆのことを、もう少し詳しく知っておくといいでしょう。 さらに、炊飯器で作る簡単レシピも、美味しくて …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「生のトマト」

基本は1年を通して発症するリスクがあるのですが、特に3月から4月にかけて注意したいのが、スギやヒノキが受粉をするために放出する花粉を吸いこむことによる花粉症です。 花粉症を発症すると、目の充血や涙、そ …

グルテンフリーダイエット:フォーのアレンジレシピ

グルテンフリーダイエットでは、ベトナム食材のフォーをレシピに取り入れることは特におすすめです。 素材としてはタンパクな風味になっていますが、逆の意味では他の素材の旨味を吸収しやすい性質になりますから、 …

お米を美味しく炊く裏技:にがりを加える

お米を炊く時ににがりを加えること、このシンプルな方法で白米をおいしくできます。

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「チーズ」

花粉症の時期が来ると、マスクや処方してもらった薬で、何とか頑張って乗り切っている人も少なくありませんが、日常生活の食事の中で食べている食材も、症状を悪化させる事があります。 いろんな食材があるのですが …

楽天モーションウィジェット