女性ホルモンを増やす食べ物:かぼちゃ

いつまでも美と健康を保てるようにするためにも、生活習慣を見直すと共に、老化で減っていく女性ホルモンを補ってやる努力が必要です。

そこでおすすめな食べ物、それがかぼちゃです。

スポンサーリンク

かぼちゃと女性ホルモンについて

女性ホルモンの持つ大切な役割とは

女性ホルモンは月経周期であったり妊娠をコントロールするという大切な役割を持ちます。

それだけではありません。

卵胞ホルモン・エストロゲンが女性らしい体作りを行ないますし、黄体ホルモン・プロゲステロンは妊娠に備えて母乳を出す準備をする他、イライラや眠気・食欲増進を促す役割を持っているのです。

決して嬉しい働きばかりとは限りませんが、どちらも女性にとって必要なホルモンです。

これらは、脳内の視床下部と下垂体が指令して出されるのですが、加齢はもちろん生活習慣によってその分泌量が減少してしまったりバランスが崩れてしまいます。

睡眠時間が十分でなかったら脳機能の回復が十分にされない状態となります。

ストレスにより脳が強い緊張状態に陥り、その働きが低下してしまうということもあります。

社会進出を果たす女性も多くなり、女性ホルモンのバランスの崩れている方も多いです。

それにより、さまざまな弊害も起こります。

神経伝達物質が減るので認知機能が低下します。

コラーゲンや潤いが減るので髪やお肌に衰えが見えてきます。

代謝が落ちるので太りやすくなります。

虫歯にもなりやすくなります。

骨祖しょう症や心筋梗塞・脳梗塞などの血管系の病気のリスクも高まりますし、自律神経失調症やアルツハイマー病なども起こりやすくなります。

肩こりや腰痛も激しくなるでしょう。

かぼちゃと女性ホルモンとの関係

女性ホルモンを増やす食べ物というと、一番に思い浮かべるのが大豆ではないでしょうか。

大豆にはポリフェノールの一種である大豆イソフラボンが大量に含まれているのですが、それが女性ホルモンと似た働きを持つと言われているのです。

大豆を加工した納豆や豆腐・味噌などにも含まれていることから、昔の日本人は十分取れていた食材ですが、食の欧米化が進む中で不足しがちになっています。

毎日の生活に積極的に取り入れるようにしましょう。

意外なところで、かぼちゃもまた女性ホルモンを増やすのに最適な食べ物なのです。

かぼちゃにはビタミンEが大量に含まれています。

この成分が脳下垂体や卵巣に影響を及ぼし、ホルモン分泌をコントロールする役割を持つのです。

ビタミンEの役割はそれだけではありません。

抗酸化作用を持つため、老化やお肌トラブルのもととなる活性酵素を減らすことができるのです。

比較的安価なお野菜ですし、煮物にしたりベーコンと一緒に焼いたり、天ぷらにしたりスープに入れたり、さまざまな調理法が可能で使いやすいお野菜といえるでしょう。

ビタミンE豊富なのはそのほかにもモロヘイヤ、アボカド、アーモンド、大根の葉っぱ、煎茶などあります。

これらも使用することで体内にビタミンEをたっぷり増やし、活性酵素を減らしホルモンバランスを良く保つことができるようにしましょう。

女性ホルモンを増やす食べ物は大豆製品・かぼちゃやモロヘイヤなどのビタミンEを含むもの、以外にも実はまだまだあります。

どういったものがあるか見ていきましょう。

特別に用意する必要はありません。

いずれも手軽に手に入るものばかりです。

女性ホルモンを増やす食生活を

たとえば食べ物は良質なコレステロールが含まれており、これが女性ホルモンの材料となるため欠かせない食材です。

ビタミンCと食物繊維以外すべての栄養素を含む完全食です。

安価で調理方法がさまざまあるので取り入れやすいでしょう。

青魚に含まれるDHAやナッツ類のオメガ3系脂肪酸・キャベツに含まれるボロンなどの成分もおすすめです。

市販のサプリメントで補うよりも、健康的に改善したいというのであれば食べ物からの摂取がおすすめです。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンが増減リズムを保ちながら交互に女性の身体にさまざまな影響を及ぼします。

単に量を増やすだけでは逆にそのリズムが乱れてしまうことになり副作用のリスクが出てくるのです。

できるかぎりサプリメントには頼らない生活をしたいものです。

逆に女性ホルモン分泌に悪影響を及ぼすのが、冷凍食品であったりコンビニ弁当であったりといったものです。

極端なパン食中心の生活もあまりよくはありません。

朝をパンではなく納豆ご飯と味噌汁に変えるだけ、夕食にかぼちゃの煮つけや卵料理を添えるだけでもいいです。

ストレスもまたホルモンバランスを乱す原因となるため無理のない範囲で行なうようにしましょう。

体質を改善するためには毎日続けることが大切です。

完璧な和食献立を目指して途中で挫折するよりも、毎日納豆を取り入れるという簡単なものをコツコツと続けていく方がおすすめなのです。

女性らしい体作りに女性ホルモンは欠かせません。ある程度の年齢を過ぎたらどんどん減少していく一方です。

毎日の生活できちんと補ってやりましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-

関連記事

超美味!納豆に「山椒」をちょい足し!

納豆の薬味には、いろいろありますが、山椒をちょい足しするのもおすすめです。山椒の風味と納豆の風味が絶妙にマッチして、たいへん美味です。 納豆が苦手で、健康のために食べようとする場合も、山椒の風味によっ …

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:パスタのレシピ

工夫をすれば安価なパスタでもおもてなし料理を作ることができるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ヘルシーなバター「ギー」の健康効果!【消化機能を高める】

ヘルシーなバターとして注目を集めているギーは、インド生まれの食材です。

栽培しやすいハーブの種類:ジャーマンカモミール

育てやすいハーブの1つにジャーマンカモミールがあります。 育て方や使い方について紹介します。

東京で全国各地のご当地B級グルメを食べる方法

ご当地B級グルメを食べたいと思ったらその土地に行って食べてみるのが良いですが、時間や交通費を考えると、そのためだけに出向く人は少ないのではないでしょうか。 東京にいながらにして、ご当地B級グルメを満喫 …

楽天モーションウィジェット