オタクに人気!5つのフィギュアブランド

ウォーキング・デッドのフィギュア
世の中にはフィギュアを集めている人たちが大勢います。
キャラクター、ヒーロー、動物など生き物、ドラマや映画のキャラクターなど、様々なジャンルのフィギュアが発売されています。

その中でも、こだわりのフィギュアブランドがあります。
個人の好みや用途によりますが、特にフィギュアオタクの人たちに人気の5つのブランドを紹介します。

スポンサーリンク

人気のフィギュアブランド

figma

figmaはマックスファクトリーとグッドスマイルカンパニーから販売されているブランドです。
サイズは約6インチ(全高約13~15cm)がメインです。

figmaは商品ラインナップが豊富なことで知られています。
アニメやゲームのキャラクター、それに実写で登場するキャラクターに至るまで多様です。

figmaの特徴としては、サイズの割に作りが精巧である点です。
塗装はとても綺麗で、商品ごとの当たり外れもなく、顔のプリントも綺麗です。

そして、特筆すべきはフィギュア本体の可動範囲です。
とても広い可動範囲を誇りますので、どのようなポーズも決めることが出来ます。

ここはフィギュアオタクとしては最重要ポイントです。

いくら塗装が綺麗で質感が良くても、可動範囲が狭ければ遊べる範囲が限られてきます。
アクションフィギュアを謳っているのであれば、可動範囲はしっかりと確保されていることが必要条件です。

その点において、figmaは質感とアクション性を両立されたブランドと言えるでしょう。
人気の理由も頷けます。

figmaオフィシャルサイト (http://www.figma.jp)

S.H.フィギュアーツ

S.H.フィギュアーツは、バンダイから販売されているブランドです。
サイズは約6インチです。

S.H.フィギュアーツもfigmaと同様に、幅広いラインナップが用意されています。
アニメキャラクターから実写のキャラクターまで、個性豊かなラインナップが用意されています。

S.H.フィギュアーツの特徴は、塗装の丁寧さもさることながら、顔のプリントや塗装がキャラクターに非常に似ていて完成度が高い点です。

また、可動範囲の広さもこのブランドの特徴と言えるでしょう。
肩や股関節は引き出し式になっており、ポージングを無理なく決めることが出来るように配慮されています。
この引き出し式の関節は画期的なアイデアと言えます。

トータルバランスが非常に高いフィギュアです。
フィギュアオタクの人なら必ず通る道です。

魂ウェブ (http://tamashii.jp)

MAFEX

マフェックスはメディコム・トイから販売されているブランドです。
サイズは約6インチです。

主なラインナップは、実写映画のキャラクターです。
それも特に洋画のキャラクターに力を入れているようです。

塗装等の質感は高く、何よりも素材に拘ってフィギュアが作られています。

マントに布を用いたり、可動の妨げになりそうなスカート等は軟質素材を使用するなどして、随所に素材への拘りを感じることが出来るフィギュアです。

可動範囲も広く、ポージングも問題無く決めることが出来ます。

価格も比較的手頃ですので、コレクションするには最適のブランドと言えるでしょう。

メディコム・トイオフィシャルサイト (http://www.medicomtoy.co.jp)

ワン12コレクティブ

ワン12コレクティブはメズコから販売されている、最近大いに注目を集めているブランドです。
サイズは1/12スケールに統一されています。

主なラインナップは、アメコミキャラクターです。
コミック・実写問わず、様々なキャラクターが商品化されています。

ワン12コレクティブの大きな特徴は、同じスケールの他ブランドを圧倒する質感の高さです。

塗装がとにかく綺麗で、ボディに布が使われていたり、マントにレザーが使われていたりします。
ボディを布で覆うことで、肘や膝などの関節が隠れますので、高級感が格段に増します。

また、質感が高いだけではなく、自立安定性も抜群です。
フィギュアを飾る際に重要となるのが、自立できるかどうかという点です。

ブランドによっては自立が若干不安定なフィギュアもあったりしますが、このワン12コレクティブに限ってはどのキャラクターフィギュアも安定しています。

それに、ポーズを決めた時の安定性も抜群です。
可動に関しては一般的な可動範囲ですが、この安定性は大いに魅力的と言えるでしょう。

上質で安定感のあるブランドとしてオタクの人たちから熱い視線を浴びています。
まさに旬なブランドです。

Mezco Toyz オフィシャルサイト (http://www.mezcotoyz.com)

ムービー・マスターピース

ムービー・マスターピースはホットトイズから販売されているブランドです。
サイズは1/6スケールです。

ラインナップは豊富で、主に実写映画のキャラクターを商品化しています。

1/6というだけあって質感は抜群です。
顔などは本人かと見間違えるほどに似ています。

そして、衣類もちゃんと布やレザー、軟質素材を使い分けて作られていますので、本物さながらの臨場感と迫力を漂わせています。

アクションフィギュアですが、とてつもなく質感が高いので、スタチューとして飾っておくだけでも満足が出来る商品です。

ホットトイズジャパンオフィシャルサイト (http://hottoys.jp)

まとめ

どのブランドも共通して言えるのは、高い質感とアクション性を両立させているという点です。
ポーズを決めるも良し、スタチュー的に置き物として飾るも良しの万能フィギュアなのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

育成要素が豊富なRPG「サマナーズウォー」の基本的な遊び方

最近は暇つぶしにスマホゲームを遊ぶ人が増えています。 スマホの画面に壮大な世界が広がり、美しいグラフィックや高い操作性を楽しめるゲームが人気です。 その一つであるサマナーズウォーは2014年にリリース …

30~40代女性が懐かしの食玩!セボンスターの魅力

セボンスターはカバヤから発売されているペンダントのおまけのついた食玩です。 30年以上も前から販売されているロングセラー商品で、セボンスターという名前は知らなくても、六角柱のパッケージを見てみれば、ス …

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「文京フォトスタジオ 旧会場」

日本の文化が世界中に広がっていて、その中にはアニメや漫画、ゲームといったサブカルチャーも含まれています。 人気が出て、皆から受け入れられている現代では、子どもだけではなく大人の楽しみにもなり、作品を消 …

ボードゲーム「宝石の煌き」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク 宝石の煌きはどんなゲーム? 宝石の煌き(Splendor)は、宝石商のギルドの長として鉱山から得られる原石を元手に資産を増やしていき、名声を獲得していくという内容です。

楽天モーションウィジェット