フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|アクセル

フィギュアスケートは、日本で人気の高いスポーツの一つですから、テレビの中継を楽しみにしている方は多いでしょう。
フィギュアスケートの醍醐味と言えば、何と言ってもジャンプです。

男子女子を問わず、ダイナミックなジャンプが魅力的で、スピンやステップなどのエレメンツと比べて、高い得点源となっています。

スポンサーリンク

フィギュアスケートのジャンプの種類 | アクセル

ジャンプの種類と見分け方を知ろう

フィギュアスケートのジャンプは、全部で6つの種類があります。

トウループをはじめ、サルコウ、ループ、フリップ、ルッツ、アクセルの6つで、同じ回転数でも基礎点が変わってきます。
このうちトゥループは一番飛びやすいジャンプで、左足のトゥを踏み切って飛ぶので、トゥループという名前が覚えやすいでしょう。

サルコウも比較的飛びやすいジャンプに分類されており、左足で滑りながら、右足を振り上げながらジャンプに入ることが特徴的です。

ループは、トゥを使わない形で飛び、右足の外側のエッジで滑ります。

ループの場合は、腰の動きに特徴があり、他のジャンプと違って座るように腰を下げるような動作をすれば、ループと判断できるでしょう。

フリップは、ルッツと動きが似ているので、余程フィギュアスケートに詳しい方でないと見分けが付きにくいとされています。

アクセルは、6種類の中でも一番難しいジャンプです。他のジャンプは後ろ向きで踏み切りますが、アクセルだけは前向きで踏み切らなくてはなりません。

前を向いたまま踏み切るので、ジャンプに入るタイミングが見ていて分かりやすく、フィギュアスケートに詳しくない方でも、アクセルであることが判断しやすいでしょう。

着氷が後ろ向きのため、回転数が半分加わります。

アクセルジャンプの凄さと競技の楽しみ方

フィギュアスケートのジャンプの中でも、一番難易度が高いのがアクセルです。

アクセルを入れることによって、2回転なら2回転半になりますし、3回転なら3回転半にすることができます。最近では、男子で4回転半にチャレンジする選手も出てきていますが、フィギュアスケートの試合で見ることは難しいでしょう。

このジャンプを成功させるためには、踏切と空中の軸、着氷と全てのバランスが整っていることが絶対条件となります。
ただ飛んでしまえば、空中の軸がつくりやすいので、男子の選手なら3回転半、女子の選手なら2回転半のアクセルが比較的良く見られます。

女子の試合では、3回転半のアクセルジャンプにチャレンジする選手はいますが、成功する確率は他のジャンプと比べて低いことは、フィギュアスケートファンならずとも知っている方が多いでしょう。

ただ成功すれば高得点につながるので、技術力が高く、メダルを狙える選手ならチャレンジしてくる可能性は決して低くはありません。

フィギュアスケートは、技術点だけでなく出来栄え点の両方で採点されるため、単にジャンプを成功させるだけでは、良い得点を期待することはできません。

自然な流れの中で、美しいジャンプを見せなければ出来栄え点がプラスされないので、3回転半を飛べる技術があっても、見栄えが良くないと高得点が期待できないのです。

つまり失敗するリスクも背負ったままチャレンジしなければなりませんから、余程自信を持った選手でなければ、公式の試合で披露することはないでしょう。
3回転半のアクセルジャンプを見たいときは、男子の試合をチェックしてみましょう。

フィギュアスケートのエレメンツ

フィギュアスケートの試合は、男子も女性もショートプログラムと、フリースケーティングの2回の合計点で競います。
ショートプログラムは、7つのエレメンツで構成されたプログラムを滑り、フリースケーティングでは、自由に演技を構成します。

実力の高い選手であれば、フリースケーティングに多くのエレメンツを盛り込んで、高得点を狙います。

高い得点源となるのはジャンプですが、他にもスピンやステップといったエレメンツがあり、フライングスピンやキャメルスピン、シットスピンなどいくつかの種類の中から選べます。

男子のフリースケーティングでは、スピンの演技を3回まで入れることができ、コンビネーションの場合は、少なくとも10回は回転しなければなりません。

ステップは、男子の試合でも女子の試合でも盛り上がる場面の一つで、曲調に合わせてリンクを広く使い、自由に表現することで会場との一体感を生みだします。

女子の試合では、特にスピンの美しさが目を引きますが、種類は豊富でシットスピンからキャメルスピン、レイバックスピン、ビールマンスピン、ドーナツスピンに分かれています。

シットスピンとは、その名の通り座った姿勢で回転するスピンのことで、腰の部分が低くなっていないとシットスピンとは認められません。

キャメルスピンは、片足を真っすぐ伸ばしてT字型で回転することがポイントです。一見すると簡単なスピンに見えますが、伸ばした足が真っすぐになっていないと、美しく見せることはできません。

ドーナツスピンは、片足を丸めて頭の部分につけるスタイルが特徴的です。文字通りドーナツの形に見えるので、分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

初心者におすすめのクロスバイクの選び方

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの、中間的な存在で、とっつきやすいものでもあります。 しかし、どのような目的で購入するのかによって、選び方も変わってくるので、初心者の方は覚えておくことが …

地元愛が熱くする!?サンフレッチェ広島を応援してます!

サンフレッチェ広島FCは、広島県広島市をホームタウンとするプロサッカークラブです。愛称はサンフレです。

ボルダリング上達への道:必要な筋力をつけるトレーニング方法

ボルダリングは用意する物も少なく、実際にボルダリングを行えるジムも都心だけでなく地方にも多く存在しています。 また、山々に囲まれているような場所であれば、ジムとは違った大自然の中でのボルダリングを楽し …

大注目!大相撲の行司さん

スポーツの審判にあたる大相撲の行司は、注目してみると大相撲が一段と楽しくなります。 力士には下から序の口、序二段、三段目、幕下、十両、前頭、小結、関脇、大関、そして最上位の横綱という階級があり、力士の …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「グリーン上でマークをしないでボールを拾う」

ゴルフにおいて、グリーン上というのは非常に繊細な場所です。 それまでパワーを主としてプレーしてきた人であっても、グリーン上では慎重にならざるを得ませんし、それだけ精神を研ぎ澄ますことが必要になります。 …

楽天モーションウィジェット